2008年08月23日

■(*^^*)

五輪の話題もしかりだけど,
刻々といろんな情報が入ってくるけど
プライベートに嬉しいインフォを(笑)

大切なネットのお仲間に会える
この夏とても嬉しいこと
最高にかな・・。

少し前,ネットのお師匠や古くからのお仲間と
あえる寸前で残念なことになってしまったのだけど
そのうちまたの機会に。

そのかわりに・・・
夏休みの〆の私へのご褒美かな(*^^*)
posted by とし at 18:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

■ああ

おめでとう・・
上野さんはじめソフトボールJAPANの皆さん
本当にお疲れ様 よかったね

夕方 職場を出ようとしたら
校庭を囲むようにほんわり虹が出ていた

ああ なんかすてきな日だったな
とってもすてきな日だったな



posted by とし at 21:56| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

■つながり

夏休みアクセス数が一気に増える検索ワード。それは,理科研究のネタ関係です。あとは新学習指導要領関係などなのですが,ああ,ごめんなさい。最近そんな関係のエントリがめっきり減ってしまいましたね。う,なんか申し訳ないな。そのうちまたね。

本日,お盆様なので,お母様を亡くされたにも関わらず,不義理をしてしまった恩師の所にご挨拶を。そのあと,実家に行ってきたのですが,どうも妹夫婦と行き違ってしまいました。結局電話でお話。妹の嫁ぎ先の実家が古いお寺様なので,この時期とっても忙しいから・・。

音楽大好きな姪が,この春中学に進学したのですが,なんとブラバンでフルートを始めたんだそうで。今回も「としおばちゃんに吹いてもらうんだ〜」ってなことで,楽器持参で帰省してたんだとか。う〜ん残念!ともちゃん,ごめんね,今度おばちゃんも楽器を持っていくから,デュエットしようよね〜。バッハかなんか出来るようになるのはいつかなぁ(o^-^o) ふふ♪でもとっても楽しみ。

主人の姉から一通の寿の手紙。甥がこの秋結婚することになったから。甥はある企業の研究職に就いたのですが,実はこれまた究極のバドミントン派…誰に似ちゃったんだか(笑)きっと愛らしいお嫁さんなんでしょうね。羽球プレーヤの奥さんは,キュートな人と決まっているからです。・・ほらほら,ここにいるでしょうσ(・・*)わ・た・し(笑)

不思議なもので,息子たちはバドを始めたのも遅いし,音楽も私とは亜種だし,直接つながって無くて,寂しい気もしてたのですが,こんな風に不思議なつながりってあるんですね。

さりげなく,そっと,つながっていく・・。不思議なえにしを感じた盂蘭盆の会です。
posted by とし at 18:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

■羽球

ご無沙汰しました。SSTA東日本ブロック研修会(IN福島)に参加し,各県の小中理科担当代表の方や,文科省調査官日置先生等新学習指導要領改訂の核となった先生方のご指導をいただき,とっても有意義で不眠不休(笑)の日々を送ることが出来ました。
「ピーチ通信」の名に表される,桃も目下旬を迎え,とってもおいしくいただきました。また,帰りは仙台経由長男を拾ってくる旅路。法外な東北自動車道距離を爆走して参りました…長男がいたので不眠不休も凌げました(笑)13日記

北島選手の200M平の金メダル他,いろんな話題にわく北京五輪ですが,やっぱりここは同居人にあやかり,やっとこさメジャーに脚光を浴び始めたバドミントンの話題を(笑)
北京五輪 バドミントン女子複 末綱・前田組日本初4強
【北京五輪取材班】11日、行われた北京五輪バドミントン女子ダブルス準々決勝で末綱聡子(27)、前田美順(みゆき)(22)組(NEC・SKY)がアテネ大会金メダルで世界ランキング1位の楊維、張潔●組(中国)を破る、大金星。中国の大手ニュースサイト「新浪網」が「北京五輪で最大の番狂わせ」と伝えるなど、世界を驚かせた。

女子複の末綱・前田組、3位決定戦へ
北京五輪第6日の13日、バドミントン女子ダブルスの末綱聡子、前田美順組(NEC−SKY)は、準決勝で第4シードの李孝貞、李敬元組(韓国)に20−22、15−21でストレート負けを喫した。15日の3位決定戦で、日本勢初となるメダル獲得を目指す。
 男子ダブルスの舛田圭太、大束忠司組(トナミ運輸)も、準々決勝で李在珍、黄智万組(韓国)に12−21、21−18、9−21で敗れた。

羽球学部(笑)の主人です。1ゲームのビデオを早速観ながら,前田と末綱のラリ−数を数えていました。「107ストロークか。勝たせてやりたかったな・・。」と主人。すかさず大学の先輩に電話をし,一言二言会話。彼の先輩は高校教諭を経て,企業の監督となり全日本バドにもかかわり,前五輪では日本ナショナルチーム・ヘッドコーチ。今回もスタッフとして北京の地に。オグシオ,スエマエの試合を臥薪嘗胆…そんな心持ちだったのでしょう。

彼の生きてきたほとんどの時と活動とは,この羽球につながっています。仲間にしてもいろんな学部の仲間が日本や世界に散らばって,一般企業に従事しながらもやっぱりこの羽球を愛してやまないんです。

ふと,真夜中にしか放映されなかった世界試合や,競技の話題にすら挙げられなかった前回までの五輪を思いました。真夜中,ひとりナイッショー〜〜!!と雄叫びを挙げる主人でしたから(笑)だからね,こうして一応白昼堂々top記事としても扱ってもらえたこと,不思議な感動を覚えている私です。ね,よかったね。。バドってかっこいい競技だよ。(o^-^o) ふふ♪

posted by とし at 13:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

■こんな

久しぶりに,青春ドラマに見入ってた。
ROOKIES。ゴクセンも,何となく子どもたちの話題にと見ていた。でも,同じ脚色学園ものでも「ルーキーズ」のなんて言うかな・・,川藤先生の天真爛漫さに,子供らを信じる姿に,思わず感動しちゃって,いつも熱くなって見ていたのだ(笑)現実離れしている・・といわれればそうなのかもしれない。だけどね,いつも,あんな風に子どもみたいに,生徒らをまっすぐ見つめてるそんな教師像に,教員としての原型とあこがれみたいな,そんなものを感じた。

屈託なく,ぶきっちょで,でも,いつもまっすぐで。そんなキャラが大好き。最終回,TVサイドもいろんなキャンペーン等で盛り上げているみたいだけど,シンプルに青春いっぱいの,くささのあるドラマで,そのまんま,それでいいのになって思う。

勧善懲悪,水戸黄門の「これが目に入らぬかぁぁっ」と同じよう。どこか,現実の中で乾ききってしまっていた,そんなツボに,こんな,教師像がどーんとはまってしまってもいいのかも知れないね。

川藤先生の「がはは・・」とでっかい口で笑う,あの笑顔に,私も救われたよ。。そう,太陽みたいな,そんな資質って教員には大切なんだなって。まっすぐで強いよね,笑顔って。
posted by とし at 17:14| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

■近況(笑)

ほんと,ご無沙汰です。
7月初旬に,共同訪問とやらがあって目下佳境。
市教委の教育長さん,地区の教育事務所の指導主事さん,などの
指導訪問です。。うーーん,細かい管理面チェックでたーいへんなの。

理科室の薬品庫の大掃除,劇物・毒物などの管理で,
細かいところまでやりなおしててね(笑)
で,台帳整備,理科室安全管理の見直し。
室内の環境があまり良好ではなかったので,実験台から掲示物に至る
すべての環境を整えるところからはじめているところだし,
備品・消耗品もなーんにもなくて,
少ない財政からちょびちょび買い足してて(笑)
でも,逆に言えば,ふるーい理科室の,ふるーい備品の整備よりも
ずっと気が楽。新しい分,捨てるものがほとんどないからです。

で,学校課題のほうも係なので,ずーーーっと構想を練ってて
やっと学校課題の概要,第一次案がOKになって,
共同訪問の冊子の印刷に間に合いました。
今までは,教務主任さんがおやりになってたお仕事。
本年度から,私なんかが研修案をやらせていただいてるんですが・・
なかなか難しい。前年度の方向性の修正って,新参者が手を入れるの
勇気がいるから・・。

で,総合的な学習の時間の研究授業もあって,
新任校の年系が…の状態だったので,
能力態度面の構築からやってたら,
しっちゃかめっちゃかになってて(笑)
で,本日,地元のボランティアTさんのお話(おばあちゃま)
をうかがって,3年生たちの「課題づくり」の本時に向けての準備。

で,ゴーヤープロジェクトも,各県から届いた
ステキなお写真・お手紙をもとに,3年生なりに発信の準備。

で,こんな時間だけど,評価補助簿の観点見直しを
よなよな続けているってそんな状況です。

で,お仕事に飽きちゃったので,ぼやきえんとり〜
・・・(笑)

では,またお仕事に戻りますぅ。
posted by とし at 03:39| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

■ちょっと

チョウの飛翔暴走に歯止めを(笑)
なんか,新任校 新しいもの総てがうれしくて
今までやってきたことを 子どもたちのために
必死に提供してきた

ちょう今まで十分にやれなかったこと
積極的な個への対応や 問題解決学習
フィールドワーク 子どもたちとの供遊
日記指導 教室の環境づくり(かわいくしちゃったり(笑))
理科室づくり  あれもこれも
色々できちゃうこともうれしくて
子どもたちが育ててきたチョウが飛び立った
そんなことだってすごく幸せ

ある程度の経験年数を積んできて
おばさん教員としても 学習指導係としても
そんな自身を支えるプライドもあったりして(笑)
学習体制づくりの 理科学習の進め方の
環境学習の あんなことこんなことも
ほかの若い先生たちへのメッセージみたいに
「色々教えてください」なんていわれちゃうことも
すこしうれしかったり
逆に若い息吹を受け取ることも
とてもうれしかったりして
けらけら笑顔が増えたことが
一番うれしいんだけど

共同訪問(教育事務所・市教委単位の指導訪問)が近く
総合的な学習の時間の授業を展開しなくちゃならず
プランを作成であれもこれも 前任校でやってきたこと
自然いっぱいのこの学校区で試してみたくて
・・郷土の自然のプラン・・ってことで
こっちもめいっぱい張り切ってたり(笑)
先日のソニーのお仲間も訪問メンバーのお一人で
そんなことも張り切る原因にあるかな 邪念?(笑)

でもね,ちょっと息切れしそうだね
すこーしだけ スピードをセーブしようかな

たんけん木曜日 探検に行ってきた
自分たちの街なのに
「はっけんだよ はっけん!」なんて
はしゃいでるこどもたち
無理につっぱしって 息切れしちゃって
探検が楽しくなくなってしまったら
本末転倒だものね

ほら,主人が「ゆっくり」・・って肩をたたいてくれたし

posted by とし at 17:24| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

■ぼちぼち・・

大好きな写真のサイトがある。
ネットのお友達のサイト。
そのとき,その折々にじっと佇んでしまうサイト。
私は,結構画像の好き嫌いが激しくて,
HPやこのブログの背景は,自分で撮った写真か,
気に入った素材屋さんのものしか使わない。
それぞれ個人の写真を掲載するサイトは星の数ほどあるけど,
彼女の撮す北の大地の,瞬のその一こまは,
私の感性を共振させる。心を揺さぶる。
さりげなく,やさしく,しかも鋭い。

大好き・・というより,大切なサイト。
写真のサイトというより,心象をセンシティブに映す詩が,
私にはとうてい紡ぎ出すことができない言葉たち。
彼女のその心象に何度も何度も救われた。

今はお休み中だけど,そのうちきっとまた。

ぼちぼちいこう・・。
そんな サイトの歩み。

ぼちぼち行くよ。わたしも。ね,むっちゃん。
posted by とし at 12:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

■カーネーション

母の日に
一束のカーネーション

香の一焚きとともに

ありがとう
母さん
posted by とし at 18:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

■よかった

昨日,ちょっぴり主人とデート(笑)
隣町の,おすすめのラーメン屋さんへ。
豚骨味の堅麺。とってもおいしかった。
ラーメン屋さんなんて,久しぶり。

帰り道の交差点。信号待ち。
ちょっと茶髪の青年が,自転車ですすっと近寄ってきた。
「○○センセー。」
車の窓越しに話しかけてきた。
「おぅ,□□か。どうした。ちゃんと学校行っているか?」
「やめたよ。」
「そうか・・,その後どうしてるんだ?」
「心配すんなって。ちゃんと働いてるんだぜ,俺。」
「そうか,がんばれよ。」
「センセー。ありがとな。」
「ん?なんだ。」
「先生の社会の授業楽しかったよ。じゃな!」
それだけの会話。信号が青に変わってそれぞれの道へ。

なぜか,込み上げてきた。
たった一人だって,こんな風に覚えていてくれる
しかも,けっして優等生ではない生徒。
そんな授業を,この人はしているんだ。
地味な,羽球おじさんだけど
でも,しっかり教員。

私も,そんな教員になりたい。
・・そう思った。
posted by とし at 10:08| ☁| ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

■ゆるやかに

昨日は新任校での授業参観・PTA総会・PTA歓送迎会だった。
 授業参観では,国語「すいせんのラッパ」の単元で,3匹の蛙君キャラクターの心情や様子を読みとるという本時を設定。7人の子どもたち,拡大本文の要点にサイドラインを引き,しっかり発表。反対したり付け足したりの意見交換をフルに行い,付箋による意見の類型化も取り入れ,滞ることなく活発に楽しい授業が成立。

 動作化を多用し,エクスクラメーションマークやダッシュなどに含まれる心の動きにも着目させ,2年生から3年生への過渡期の授業となったかも。7人で話し合いが成立するんだろうか?・・なんて,当初の不安は払拭された。一人一人の密度が濃く,十分に本音をぶつけることができる授業が組み立て可能。でも,はずかりがりやさんの子どもたち。初めのうちは,母さんたちの視線を気にして普段通りの動作化ができない(笑)・・地域の実態なんでしょうね。ふふ,やっとほぐれてのびのびしてきたけど。

 大きな集団の授業では,一人一人がこんなに反映されることはない。・・多分に埋もれてしまう子どもがきっと何人かいる。どんなに一人一人を生かそうと苦心して策を練っても,「人数」の極限はTTなどに頼るしかないかもしれない。
 本当は,10人くらいが最高かもしれない。十人十色・・このことわざの数的根拠は定かじゃないけど,小さな集団でのやりとりの可能性,最近ひしひしと感じている私だった。

 いろんなものを吹っ切るように,振り切るようにスタートした新年度。今,心はとても軽やかでゆるやかだ。この間ね,裏山の神社でお祭りがあって全校で登ってきたんだよ。一口ずつお赤飯も振る舞われて,参道の階段を登りながら,草花の採取もしたりして,なんだかとってもタイムスリップ。こんな,自然の中のびのびと育みの活動ができる私は,とても幸せだ。こんな感じで,いろんなところへ探検にいっぱいいけそうだ。子どもたちも,数時間だけオリエンテーションした,総合や理科の授業が大好きになったようだ(笑)
 「3年∞組」・・クラスのテーマを子どもたちが決めていた。指で無限大ポーズもとったりして,とてもかわいい。太陽みたいな「SAN・3・燦」のクラスをまた目指そう・・そう思った。

 ずっと疎遠にしてしまっていた教員のMLに,また交えてもらった。yamaさん,いろいろありがとう。全国の先生方のあたたかなつながり。ゴーヤプロジェクトも高学年の先生も含め,いや全校で参加できたらいいな・・と思っている。小さな学校のフットワークの軽さ。一人一人の存在感を,こうした機会に生かせるはずだもの。ゆるやかに進めていきたいと思った。

 そして,「風の街」もゆるやかにスタート。風と海と空と・・そんな時空が戻ってきたよ。ぴぃさん,おかえりなさい。
posted by とし at 11:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

■まっ白

ここ,数年間の自分。
必死になって研究や児童指導や家族のことや・・
すり切れるみたいに走り続けてきた。

誰でもいい,いたわりの言葉が欲しくて
でも「辛い・・」そんなこと,口にしてしまったら崩れそうで
夜中に主人に泣きつきたくて
でも,主人もいっぱいいっぱいだったり
家の中を支えているのがやっとで
いつのまにか,ぼろぼろになっていた(笑)

春休みと休日に前任校に夜な夜な通った。
5年間の環境学習のまとめやら,先年度の研究集録やら
ずさんにも抜け落ちていた残務に,パッチをあてるように
異動の荷物の整理とともに,必死になって冊子を編集してきた。
責任 果たすことができ 元管理者にも
よく此処まで・・と一応ねぎらいの言葉をいただけた。
うーん,明日のジョーの一歩手前くらいに,
灰色の灰になった感じだった(笑)

でも,節目を,区切りを,セットアップを
すべてをまっ白にして スタートを切ることができた。

14の瞳。
新しく担任するのは7名の3年生だ。
全員ぎゅっと両腕に抱きしめられる気がした。
  よろしくね
ひとりひとりに毎日握手。笑顔でいられる日々。

教育の原点・・そうだったはずだ
私は こんな風に子ども達を受け止めながら
必死に生きていこうと この職を選んだはずだ

まっ白な気持ちで ノートPCをセットアップ
古いPC 今までのデータも精選し
余計なものすべてを削除した
音源等大切なものだけを残して

・・今のノートPC,酷使したからね。
実は,かなり摩耗してマザーも危なくなってきている。
そっと バックアップをとっておくんだ。
主人と私と,長男・次男もPCユーザー。
それぞれのお気に入りの環境に それぞれの思い入れがある。
何台かのPCは それぞれの役割をしっかり果たしてくれている。
感謝・・
posted by とし at 12:15| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

■はじまり

新しい学校に着任しました。
築16年ほど,校舎は新しく小さなお城みたいです。
でも,100年以上の歴史を持つ学校です。
地域の方達の協力もあたたかい所とのこと。

また,こちらで学習指導と学校課題研究の係を
させていただくことになりました。
複式学級が1クラス。
はじめて複式のシステムを知りました。
分からないことだらけです。
驚いたのは,若い先生方,一人一人有能な方ばかり。
着々と,事務をこなされる。
細かい所まで,気配りのできる素敵な職員。
・・ほっと,胸をなで下ろした私です。

校長先生は,昔2校目でご一緒にお仕事させていただいた
 実は…尊敬し,ちょっと憧れだった先輩です(*^^*)
大規模校,その頃私も若かったのですが,
たくさんの出会いがありました。
理科の先輩にも巡り会うことができ
理科のお仕事を教えて頂いたり,
人権教育の研究もさせていただけました。

当時の校長先生は物静かで,
でも「ここぞ」と言うときはバシッと英断。
どんな大変なお仕事でも,すんなりこなされる方でした。
そんな,リーダーさんのもと,仕事ができるのも幸せなことです。

昨日,同じ地区内の小学校と中学校と役場へ
新任の挨拶に行ってきました。
緊張したけど,気持ちを新たに,
過去を吹っ切ることができました。

自宅周辺の桜はもう満開なのですが
校庭のソメイヨシノは7分咲きくらい。
1〜2℃程度気温が違うらしいです。

でも,堅くつぼみを閉ざしている個体がありました。
とし「・・?あれは,桜ですよね?」
校長先生「そうだよ,里桜さ。」
とし「ああすごいな。だから開花時期がずれるんですね。」
校長先生「挿し木したものが自宅にもあるけど,
   しっかり根付いているよ。」
とし「それは素敵なことですね。」
校長先生「自然があふれるほどのところさ。
   その中に子供らとどんどん出て行くといい(笑)
   やりたいこと,いろんなことできるぞ。」
とし「(^-^)フフ楽しみです。子ども達の出会いも。」
校長先生「素朴な子ばっかりだよ。気張らずにやった方がいい。」
とし「ありがとうございます。がんばります。」
校長先生「いや,頑張らなくてもいい。自然に進んでいい。」

・・ほっと,また胸をなで下ろした私です。
しずかに,自然に進みます。
posted by とし at 05:09| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

■君を待つだけ

異動が決まって,何かと気ぜわしい日々です。
様々なデータや書籍,一気に整理整頓中。

・・うーん
繊細で緻密なはず(笑)のA型なんだけど
どうも身辺整理が苦手
紙メディア 山積したいろんなもの
左右に移動はするけど 思い切って捨てられなくて・・
 でも,今回随分善処して 私らしくなくスリム化しました。

PCの中のワープロ・テキスト・表計算データ等も
整理整頓 時に画像類 おもたい

やること たくさんあるのに
優先順位が間違ってるから
手際よく進まないのでしょうね。

そんな中,主人は学年の打ち上げで韓国に逃亡中
・・本日夜中に帰国予定
  早く帰ってこないかなぁ・・
posted by とし at 06:05| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

■伴走

じょぐ本日,主人の朝ジョグにおつき合いした。と,いってももちろん,私は走れなくて自転車にて伴走。
朝起きたら,主人が子ども達をジョグに勧誘してたのだけど,二人とも「眠いし,花粉飛んでるから・・」と完全拒否。「おーちゃん,私一緒に行ってあげようか?」の一言で,6時頃,近くのたんぼ道をジョグにおつき合いと相成った。なかなかのハイペース。私の自転車のこぎ方では,追いつくのがやっとだ。

我が家のスイセン柔らかな朝日の中,畦道には,ヒメオドリコソウやホトケノザなどのパープルな草が密に並んでる。民家近くには,ナノハナやレンギョウやスイセンの黄色。ああ,こんな所にも春なんだなぁ…と私らしくもなく,はんなり(笑)

呆気なく,10KMくらいだろうか?(注:実際は6Kmでした)のジョグが終わり,家の門のところで腹筋・背筋・腕立て伏せを数十回。え?あ,もちろん私はやりません。つかれちゃうので(笑)

ハスとせろり〜主人は究極の花粉症だったのだが,最近「ハス効果」でマスクも着用せず,お医者のお薬も服用しなくてもOKになった。こんなに走っても大丈夫。これ,これです。「ハス」(愛しきセロリも一緒(笑)。(長男なんか,前回誘われて,マスク着用,瀕死の表情でジョグしていたけど(笑))

ウサギとマグウサギの小さなカップに一杯程度,生のレンコンを摺り下ろして絞ってハスジュース。もちろん美味しいものではないけど,「薬」だと思って飲めば続けられるようで,昨年から花粉の季節の1ヶ月くらい前よりスタンバって飲んでいる。・・しかし,胃腸の弱い長男は,1度服用したら・・お腹の調子が悪くなり続けられなかった。あ,そうそう,そのウサギのカップの隣の赤いスクリューキャップ付きの保温マグがね,早朝出かけていく主人のみそ汁入れです(笑)

これいっぱい のめるものなら・・のんでみろ!(笑)って,話ついでに,こんなマグカップもある。「これ一杯飲めるもんなら飲んでみろ!」カップである。ゆうに1g入る。夏のビールで挑戦している主人て,ただのAHOですねん(笑)

てぃーまたまた,話ついでだけど,今日の朝はレタスチャーハンとホッケ。いつものようにイチゴとセロリの野菜ものと,WEDGWOOD Wild Strawberryの「ウィークエンドモーニング」のお茶。このティーポット,カンサイさんデザインの愛用ものですよ。私がお茶好きって事で,お茶もポットも親友がさり気なくくれたんだよ。感謝。

あいてむさらについでに,ほらほら,ウサギカップとおそろいでクマカップがあるが,イメージは我々夫婦である(笑)木箱入りのアジアンなお茶,なかなかスパイシーな香でいいよ。最近ふらっと仕事してきた弟の土産。あと,ハスが飲めない長男は,「アレルスムース」ってポリフェノールヨーグルト飲料なんかを気休めで飲んでいる。

・・・伴走
なんとなく 日常
なんとなく 側にあって
なんとなく 無理せず走ったり 止まったり
そんな日々が
 ささやかな幸せだったりするのかも
  な〜んて思ったりした朝でした(笑)

posted by とし at 15:48| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

■啓蟄

二十四節気にのって ふわり…と春があゆむ

立春(りっしゅん)2月4日ごろ
太陽黄経が315度を含む1日で 春の初め
 東風解凍:東風が厚い氷を解かし始める

雨水(うすい)2月19日ごろ
空から降るものが雪から雨に変わり 雪が溶け始めるころ
 草木萠動:草木が芽吹き始める

啓蟄(けいちつ)3月6日ごろ
大地が暖まり 冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ
 蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく):冬蘢りの虫が出て来る
 菜虫化蝶(なむし ちょうと けす):青虫が羽化して紋白蝶になる

お寝坊していた虫たちも
 頭をもたげ 額に春光を浴び
  もぞもぞ むくむく 動き出す 
すでに 空気は
 あふれるほど 春を讃え
  静かに 旅立ちの日を包む

せろり〜

■セロリスト
ずっと 究極の嗜好品 1日も欠かせない
あまりに 愛おしくて 水栽培
芯のセロリを育てちゃってる私です(笑)
posted by とし at 09:02| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

■桃の花が・・

慰霊祭Februariaの主神の月:february・衣を更に重ねた衣更着の月:如月から
軍神Mamersの月:march・木草弥や生ひ月:弥生へ。

不思議ですね。
和名:弥生,陽のひかりが和らぎ「桃の節句」を象徴とする3月は
ユリウス歴では,ローマ神話が基調になっていて「マルス」の月。
やっぱり私は「和」の風土の情緒に惹かれるけど
それが,丸い地球上での捉え方,歴史のちがいなんでしょうね。

おひなさま我が家には女の子がいなくて
嫁いでこの方ひな壇を飾ったことがありません。
みーやママのお宅には愛らしいお雛様
そんなエントリにほっこり心が和みます。
ああ,ねこちゃんのとこの姫ちゃんもお節句だね。

女の子はいないけど
いつもながら 小さなスペースに お雛様
小さく飾って 桃の節句(笑)
女の子の厄除けと 健康祈願のお祝い「桃の節句」

健やかに 愛らしく
そんな願いを込めて・・

ほっと 春が顔をのぞかせ
春のぬくみに 弥生三月・・

posted by とし at 10:33| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

■えらいって思う

手前味噌エントリだけど,主人のえらいところ〜(惚気入り?:笑)
主人,必ず早朝ジョグを欠かさない。
羽球学部歴史学専攻?の彼だが,生徒達ともムキになって走るらしい…
学生時代,稲毛海岸縁を仲間達と走り抜いてきた名残らしい。
ある種,率先垂範。昔ながらのこだわり。古い人間だ(笑)
「やってみせ 言ってきかせて させてみて
 誉めてやらねば人は動かじ。」
山本五十六の言葉を,さり気なく座の横に置いている。
古くさいくせに,結構科学的に情報分析もする
しかも,おかしいくらい緻密に(笑)

その仲間達は一般企業に進んだ方が多く,
羽球専門の道に進んだ方もいる。
お医者になった方もいて,次男がお世話になった。
色とりどりの人生に進んでいる。
でも,彼は教職を選択した。
同じく稀少に教職に就いた彼の親友は,他県の高校物理屋さん。
子どもも同級生で同じ道を進んでいる。不思議なえにし。

進路関係の書類と,学年事務を執りながらぶつくさ呟きながら
昨晩も結局ずっと仕事をしていた。
けれど,6時少し前にこっそり門を開け
自分のその日の体調に合った,いくつかのオリジナルコースの中
本日のご推薦コースを淡々と走ってくるのだ。
雪の日も,何だかんだ言って畑の畦道コースに出て行った(笑)
その後,過酷な筋トレやストレッチ,
自分の筋肉の老化に,俄然対抗している呈だ。

私には,どうしてそこまでできるのか分からない。
体育会系になったことがないからね。
だから,毎朝の一杯のみそ汁が,彼のご馳走になる。
え?他のメニューが作れないんだろうって?
あはは,ご明察。
具だくさんなんだよ,我が家のみそ汁はいっつも(笑)

私が健康を害してから,夜中よく会話をするようになった。
でも,いつも途中で眠っちゃうんだよ,主人たら。
むにゃむにゃいいながらね。ま,いっか。
でもね,こっそり感謝。我が儘な私のお相手こそ
ご苦労さんなんだもの(笑)
posted by とし at 12:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

■可能性:つながり

私の愚妹には二人の子ども(兄妹)がいる。そのうち姪の名前には「巴」が含まれている。ちょうど,妹夫婦が仕事の都合で仏に数年滞在中に生を受けたため,という短絡的な命名理由から(笑)ピアノ好きな,天然ぼーっと系の小6,12才。ちょうど彼女は,日本の阪神・淡路大震災(ウィキペディア)に関わる時代に生まれた。

義弟が震災のニュースを知ったのは,はじめて滞在先にてインターネットをつないだその瞬間だったという。妹は,その時「電信」の偉大さに驚いたらしい。距離を隔していながら,刻々と報じられる災害の現地の様子をきちんと得ていたのだ。私は,早朝のTVニュース画面を,何事?の意味も理解できず,寝床から起き抜け眺めていたのを覚えている。そして我が次男,ベルリンの壁崩壊他世界が激震した激動の時代,丁度「平成」に変わる局面に生まれたが,私は産室でぼぉっと電波に乗った激動の瞬間を眺めていた。

・・何年か滞在したにもかかわらず,愚妹はまるっきり仏語に対してコンプレックスを持っている。他国語アレルギーに関して,全くそっくりな我々姉妹である(笑)

◇◇◇
TVラジオの電波にのった情報や,こうしたパソコン通信ネットワークの偉大さは,今更語るところではないだろう。けれど,ネットワーク通信網が様々な可能性を切り開き,逆に距離を縮める代わりに,心やモラルなど問題を提起し,今この時代に意識せずとも浸透していることは間違いない。

狭い小さなこの日本の中でさえ,「とちぎ」という片田舎と,様々な地域との繋がりを持つことができたことは,本当にうれしい驚きだった。実をいうと,ここ数年ネット活動に消極的だった私だが,再びその「可能性」を信じてみようかな…とポジティブになれた。真剣に,育みや科学のことを語り合えるMLのメンバー,このブログをはじめる以前からアップしている(更新の止まってしまった)HPの仲間。そしてまた,ブログを通じてさらに拡がったつながり。躊躇することなく,でも,無理をしないよう交流できたらいいなと思っている。

最近お知り合いになれたhirarinさんのブログから,フィンランドにお住まいのSommoroさんのブログへつながることができた。私にしてみれば,ちょっと,いや,とても大きなうれしさだった。こうしてログを公開している以上,ひろくおおくの方達との交流が可能なはず。だからこそ,発信者と受信者との双方向性の思い遣りや配慮のあるつながりって大切・・。そんな気持ちを,忘れちゃいけないと思った。「WWW」世界の中への発信端末,島国の中の私には自覚のなかった領域だったのだけど。
posted by とし at 01:25| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

■かおる

退勤時の校舎の犬走り,またこの季節になったんだなぁ・・と思う。
まっ暗くなった夕刻,硬質の空気が運んでくるのは,静かな香。校舎前,図工室と保健室の間にある花壇の低木。ドウダンやコノテガシワなどとともに,さり気なく植えられているロウバイの香。朝も同じ校舎前を突っ切っているのに,子供らの「おはようございます!」の元気な挨拶や,気ぜわしさで素通りしてしまう香だ。

暗闇の中,子ども達のひとけを失ったコンクリートの校舎は,全く無機的に突っ立っているだけだ。視覚や聴覚・・暗闇がそういった私の五感の中で,いつもTOPにくるはずの判断情報を覆ってしまう。そして,いきなり前へ押し出されような,嗅覚だけが犬のように鋭くなっているのかも知れない(笑)ほっとするような甘い薫・香。

しばし立ち止まって,香の方に目を遣ると合間に細く削られたような月。そして冬の星座達。うつむきがちの蝋のように透けた花弁から,「今だけかほるよ・・」と,そっと自己の存在を嗅覚に訴えかけてくる。まるで,寂しい子ぶりっこをしてみる私のようだ(笑)

ここの所,数日連続して長男から「ちょっとかけただけ・・」のсRール。ただ今試験の真っ最中。杜の街,山の上のキャンパスまでの通学は,ちょっと辛そう。シラバスをくぐり抜け,進級すべき単位を獲得しなくてはならない,2年目になる彼の授業内容。そして,昨今の教育の見直し,授業評価は小中高に留まらず,学部でもこんな風に公開されていた。
「かあさん,11時に大学に行って,ずっと図書館,夜12時に帰宅って日が続いてさ。キャンパスに近い友達の所に泊めてもらおうと思うんだ。」とか「かあさん,徹夜続きで試験に起きられそうにないから,『おきなさい!コール』して。2回かけてよ。」とか・・。「全く,受験勉強の比じゃないよははは。」と笑う長男。ま,研究ばかりではなく,楽しそうにキャンパスライフは送っているようだけれど。・・はたして,私はどうだったろう。4年時に卒研での日々をのぞいては,のんびり仲間達と過ごしていたような,そんなキオクがあるのだが(笑)
ふと思い出す,私のキャンパスでの香のキオクは「さくら」。本当はサクラって強くは香らない。梅の香はたなびく如くだけれどね。サクラが満開の歩道を,大切な仲間と談笑しながら歩いた,そんな春の命の芽吹く香。夜遅くの実験のあと,自転車の荷台に二人乗り違反をして駅まで送ってもらったこととか・・そんな風景が,サクラが纏う香とともにいつも甦ってくる。うーん,青春かな(笑)わが子達,どんな香をキオクに留めるんだろう・・。
posted by とし at 12:43| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。