2008年03月30日

■ブランク

久しぶりに,about me・・・
about meC より滞っていましたね(笑)
昨年の7月以来です。そして「とし」のHNに戻ってちょうど2年目。新生「とし」は2006年3月からスタートしたのでした。

「Lhaca」という名前で語りはじめ
+で少しバージョンアップし「+Lhaca」
いつの間にやら昔の名前「とし」
さて,2006年より伸ばしていた髪 本日切って参ります。
お世話になっている美容院のマスターに
久しぶりにお会いしてきます。

onep-01



昨日も異動の片付けに行ってきた
おきっぱなしだったフルート
誰もいない校舎の中で吹いてきたよ
どれくらい間が空いただろう
第一音 ぼろぼろ・・・
息切れが激しく 指使いも覚束なく
タンギングすると音がすかすか
バッハのソナタもよろよろ(笑)

とりあえずロングトーン
ドビッシーの亜麻色・・と バロックの何曲か
とりあえず 指は動いた
でも 音がなかなか抜けない
靄がかかったまんまだった
ブランクの大きさを思い知る
心のゆとり なかったこと思い知る


あばうとなabout me D
・・あらら〜また異動の片づけ覚束なしの私
これでも いろんな思い出振り切ってるのよ(笑)
posted by とし at 09:10| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

■年輪

記念日の機を逃してしまいましたが,当blogもアップして2年が経過致しました。「なちゅらるず」の「ものろーぐ」みたいな形になってしまってますが,とりあえずねそんなこんなの今日この頃。

「Lhaca」という名前で語りはじめ
+で少しバージョンアップし「+Lhaca」
いつの間にやら昔の名前で出ています・・「とし」
onep-01


↑4回目のエントリの捩りです(笑)

2004年6月より,自己啓発の名目で雑雑と綴り続けてきたGUIぱそですが・・本日このエントリをもちまして・・なんて,そんな宣言をする勇気もありません。いつのまにやら進歩するでもなく,後退する出もなく,書き続けてきました。

いろんな方たちにお会いできました。
人生日々是勉学・・勤しめよ自分・・・
って,いえいえ,とっても楽しかったです。
それぞれの出会いに感謝(*- -)(*_ _)ペコリ

年輪というよりは,皮下脂肪のごとく書き溜まってしまったログたちですが,自分にとってはなかなか愛でるに値するものたちです(笑)
飢餓がやってきたら,皮下脂肪は生きていく糧と信じてますので。
その時その時の,いい加減なログたちにヽ(*^∇゜)oC□☆□Do(゜∇^*)ノ カンパーイ♪

あばうとなabout me C
年輪っていえばバームクーヘン・・私,素朴に好きです。

そ,そうだ,お菓子繋がり・・
elderったら自分でクッキーを焼いたんだって (バ゜凵K)ノびっくり!!
posted by とし at 16:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

■Aroma Therapy

aromaなんて,そんな大げさじゃないんですけれど
いつも,朝は香をたきます。ふふっ♪お線香。
弟が土産にくれた,どこぞの国の香。
そうだね,父のところにも行こう・・。




aromaそして,同僚からいただいた,ローズの香りのろうそく。・・工夫して,今度は科学クラブでもOKかな。

そして,保護者の方からいただいた,ラベンダーのポプリ。そっとバッグの中に入れてます。

香りは,心のエッセンス?
私のほっとする瞬間。
嗅覚ってそんなものなのかな・・
そればかりに頼ってるわけじゃないですけど(笑)

でね,結構辛口かも,自分をあぞびで見てみるのもどう?



あばうとなabout me B
えっと,私また髪を伸ばしてます。
なんとも,脈絡もないログでした(笑)

さ,父の日・・父さんに感謝の日。
どんな形にしよう・・こころ。

posted by とし at 13:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

■ばーすでー

昨日,誕生日だった。
あ,あのね,私じゃなくってね「なちゅらるず」
2000年4月22日アップ。

6才なんだ。。ネットのお友達のねこちゃんが,
BBSに書き込んでくれて,あらためて実感。。
6年間っていうのは,入学した1年生が巣立っていく年月。
そう,確かに緑の表紙の「なちゅらるず」をアップしたとき
受け持っていた1年生達,この3月に小学校を卒業して
そして中学生に巣立っていったね。。。

かわいかった君たちの小学校生活と同じ時間,
めげたり,がんばり直したりしながらここまで来た(笑)
我が子も同じ・・・6年の間にいろんなことがあった。
嬉しくってアップしてた,家族旅行などの「ファミリー」のページも
そっとリンクから外したし,今ではいろんなリンクを外して
あっさり・さっぱりの和食系サイトになってしまい,
理科のページの更新もしなくなっちゃった。。。

ご訪問カウントも2005のリニューアルからのカウント。
でも,あたたかいお仲間が,その時その時あたたかい言葉を
残していって下さる。。ずっと書き込みに行かなくても
また,そっと足跡を残しに来て下さる。
そんなこんなの6年間だった・・・。

もういちど,もういちど・・そうしてここまで細々と続けてきた。
いろんなHPがそっと消えたり,blogオンリーになったり。
IT世界のめまぐるしい環境変化は刻一刻。。。

でも,私はきっとそのまんま。いつもの口癖,わたしはわたしなので。
ずっとなちゅらるずの番地URLを変えないでしょうね。
いろんなフリースペースを借りて,いろんなサイトを作ったし
いろんなフリーblogをかりて,いろんなモノローグしてきたけど
でも,きっとね,「なちゅらるず」だけはずっと・・
私自身の陰・影を含めた,私自身の映し身だし,
プロバさんがダウンするまで,私と一緒に歩み続けるかな。。
「ほーむぺーじ」アットホームな私の居場所ですから・・
自然に・・ありのままに
そう,こんな6年前のコンセプト通りです。。。
自然にいこうよ 自然に生きよう
自然に学んで 自然を科学し
自然をいっぱい 楽しもう
人間なんて ちいさいけれど  
でっかい地球を 愛そうよ
生命てくことを 愛そうよ
 ・・ね そうでしょう?

posted by とし at 20:29| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

■新生・・

こんにちは,今日から「とし」になりました。
ん?年寄りの「とし」になったって? もう!! ちがうよ。
もとのHNに回帰しちゃうんだ〜。よろしくね。

あばうとなabout me A
えへへ,おっちょこちょいな「とし」だよ。

3月弥生の朔日・・新生・・回帰の「とし」でした。
いろいろ心機一転(^^)

posted by とし at 06:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

■春を迎えし

f01.jpg
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


朝早く長男が,高校の親友たちと初詣に出かけていきました。
せっかくの家族の団らん・・と思っていましたが・・。
ちょっと離れてるし,寒いし,大事なときだし,
喜んで送り迎えを引き受けようとしましたが・・それも断られました。
自分たちで行くんですって。

こんな風に,少しずつ子どもって親離れしていくんですね。
昨夜,あ。正確に言うと今朝方,紅白の後のNHKで,
さださん(さだまさし)が司会をつとめる番組を
ぼーっと見ていました。「案山子」。何だかちょっぴり感涙。
最近さださんの曲には消化不良をおこしていて
聴く気持ちがもてなかったのですが,
飛び梅や,まほろばやそんな曲を聴いた頃の
自分に戻ってしまいました(笑)

♪手紙が無理なら電話でもいい,「金頼む」の一言でも言い・・
  ・・お袋にきかせてやってくれ・・
私が「お袋」と呼ばれる立場になっていた

がんばって 進んで
 懸命に歩んで 止まってもいいから
自分で 納得のいくまで がんばって
 そして 疲れたら
  そっと 戻っておいで
  でね また 自分を捜しにいくんだよ・・
byお袋(笑)

あばうとなabout meシリーズが昨年の7月でとぎれていました(笑)今回]Yになりました。

£其の柔碌 ・・・今年は柔らかく平らかに そんな風にありたいな          祈念・・ 皆様も素敵な一年でありますように・・・
posted by とし at 15:59| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

■戦力外通告

■・・巨人すでに戦力外通告
という記事。巨人も,色々動いている。
ばりばりのファンではない。
けれど,こういう話は,やっぱりさびしい気持ちになる。

■・・+Lhacaすでに戦力外通告
という本日のPTA奉仕作業番外編。
ばりばりの仕事人ではない。
こういう話は,やっぱり笑いと涙なくして語れない。

午前中,PTAのお父さんお母さん達との奉仕作業。中学年ブロックは,生け垣の剪定や除草。
朝から結構強い太陽光線に志気を挫かれていたが,案の定,汗だくの数時間だった。初めは,何となく世間話にも花が咲いていたが,次第に無口。黙々と作業を進めてしまった・・(笑)蟹の殻をとるのに必死になっている無口さではない。話題を考える気力さえ失せてしまった無口さであった(笑)

ところが,高学年の体育館外壁のペンキ塗りが終わらない。当然だろう。かなりの面積になるもの。11時終了のはずが,マスキングテープを貼っていくだけでも大層な手間になる。一端,保護者の方には帰って頂き,職員作業に移行。家庭の事情など鑑み,高学年部隊と男らしい??職員が残ることになった。
lhacape2.jpg「剪定ばさみのおばさん」から一転,怪しいオールマスキングになった+Lhacaだった。いつもは白衣着装の私だが,保護者の方達の前では堅いイメージになっちゃうので,幼稚園の先生風スモッグ割烹着。ねこちゃんイラストで,可愛く決めたはずではあった(笑)
でも,この格好じゃね,怪しさ以外の何物でもありません。しかも,背伸びしても,出っ張りの屋根の下,天井が塗れない。ときたら,迷惑者以外の何物でもない。
L:「あの〜高いところ,届かないんだけど。」
北:「大丈夫です,+Lhaca先生。北門倶楽部がやりますって。」
同僚の男組様達が,すかさずフォロー。

『北門倶楽部』っていうのは,
校内で喫煙が一切禁止になってしまったため,休憩時間,北門周辺で,ささやかに憩いの時間を過ごされる健気なる男組集団である。・・彼らはすばらしい団結力と行動力と そしてナンセンスユーモアに支えられている。。。(笑)休憩時間は「ちょっと我々,北門警備に行って参ります!!」というわけである。

・・・話がそれた。
ローラーを使ってのペイントである。今までになく綺麗な仕上がりに満足していたのだが,上を見ながらの作業,顔にはペンキが落ちてくる。眼鏡の下は汗で目が開けない。よろっと脚立の上でこけそうになった。だって,ぐらぐらするのである。(体重過多?うーん黙秘権)
北:「+Lhaca先生,やる気とがんばりは十分分かりました。
 でも,もう大丈夫です。脚立から降りて下さい。」
L:「え?へーきよ,まだやれるって。」
北:「お願いですから,ペンキをまき散らすのくらいは我慢致しますが,
  北門倶楽部一同,お怪我の世話までは・・・です。
  下の方で,ささやかーにお願いします。」
L:「( ̄− ̄)フーン,どうも あ・り・が・と・う!」
というわけで,紛れもない戦力外通告だった。

しかし,北門倶楽部のメンバー様,
最後まで職人芸のご披露ありがとうございました。
すばらしいです。タオル姿もばりばりの職人風でございました。
体育館の外壁,見事に生き返りました!!

osukaru.jpg■・・お絵かきも戦力外(笑)

もう少し,物書きと絵描きのセンスが洗練されていたら,今頃漫画家になっていたかも知れない。(笑)
posted by とし at 16:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

■適材適所:?

「開口一発」・・あ。うそうそ「開口一番」・・
中高年の慣用句の誤用がニュースになっている。
確かに,お恥ずかしい話だが,同居人も「青田刈り」と称し,
地域のジュニア(小学生)に,地域のボランティア助っ人として
夜間や休日バドを教えに行っていた。
今年は,その第一期生達が中学生大会でそれなりの成績を収め,心から喜んでいたのだが・・「青田刈り」っていっちゃったらこうなってしまう(笑)
お恥ずかしい話,私も
「また『青田刈り』なのぉ? うちの子たちの相手も・・」
などと,夫婦「和気藹々」(笑)間違っていた。
  ・・おっと,『わきあいあい』ATOKだとこう変換されたが,
    gooの辞書だと「和気▼靄▼靄」こうだ・・・
「青田買い」と,ちゃんと使いましょう。


■□■

あばうとなabout me]X

「適材適所」の話。・・のもひとつは次回エントリーにて・・

お仕事柄,所見を書いていると誤用が露見,
いつも仕事ポ−チに,ミニ辞書を格納している私である。
しかし,漢字をはじめとし,何カ所かの誤用が・・
自分の文章を改めて読むと赤面・・
平気で検閲していただいていたことにも赤面。
(管理者より厳しい←(・_・┐)))チェック(((を入れていただき,ありがたく思っている。)
そして,毎回改めて自分の無知さ加減を知らされる。
「定物定所」という言葉,webの辞書だと出てこないのだが,
こんな言葉ってないのだろうか?遣ってはいけないのだろうか・・・

そうだった・・自分のblog上にもかなりの誤用があるはずだ。
十分に校正もせず,平然と発信していること自体,
自分で見直しても,間違いだと気づかないこと自体,
そんな自分を疑問視さえしないこと自体,問題。

あーもう,言葉って難しくってだめです。
 「適材適所」
「所見書き」は私には向いておりません。
評定記号のスタンプを押すという「事務」が向いています。
それだけなら,皆さんのお仕事引き受けます。
代わりに,所見を書いて下さる方いませんか〜(笑)

そもそも,根本的に「人を人が評価する」なんて,
そんな大切な作業も,私には大それたこと。
評定を出すまでの,普段の見取りからチェックカード等,
評価の根拠となる見取りのデータを集め,子どもたちを評価する・・
しかしその妥当性は如何ばかりなものでしょう。

あ,ちょっと悲観的なlogになってしまいましたね。
・・それでも,評価しました。
教員になってこの方,常に自身の評価に疑問視の私です。
(本音:青息吐息な自分,ちょっと弱気)
£其の充吾 私って不適格教員かも
・・( ̄△ ̄;)エッ・・?それならお仕事やめたらって?
う,でも,その,あの,子ども好きだし,子どもたちと活動するのは好きだし・・
えっと,その・・あ,あの・…
    …煮え切らない自分でした(笑)

ま,できる限り,子どもたちのそのまんまの姿を表現できるよう
がんばらないとですね。職務職責遂行!任務遂行!
教員としての自己評価を厳しくってことだけは忘れないようにしよう・・・
そして,何よりも子どもたちに還っていく評価に。
「そっか,ここをもっとがんばろうかな」
「この問題,がんばって練習してよかったな」
「こんないいところがあったんかぁ」なんてね。

でもって,またこうして懲りもせず,
誤用に満ちた駄文を平気でエントリーしてしまう私ですし
ほんと,困ったものです(照れ笑い)
posted by とし at 13:13| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

■自分は

自分が弱ってしまうと,
「だいじょうぶ?たいへんだね。。。」
と声をかけてもらいたくなる。
 こんなに大変な状況なんだから・・
  とさり気なくアピールしてみて
そんなふうに「大切にされている自分」になりたいと
そう思うものだ。

自分の誕生日,何人の人が
「おめでとう」
といってくれるか心配になって
 私は自分の誕生日を
  ちゃんとプロフに入れてしまった(笑)
大切な人に,
あるいは,
それなりに気にかけてくれる友たちに
置いてきぼりにされそうになるのが怖かったからだ。

自分のときは,そう思うでしょう。

でも,本当に大切な相手なら
そんな誇示などしなくても
そっと声をかけてくれるもの。

本当に大切にされているなら
自然に声をかけていただけたはず・・・
自分はどうだったろうか・・・

・・さびしくなる(笑)
自分はなんてワガママなんだろう・・・って
posted by とし at 07:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

■(*^^*)

image/lhaca-2005-05-04T17:12:05-1.jpg同居人がこっそり
ドライブにさそってくれた・・・田舎道ほんの小一時間。
いつも強引なんだから。

だから仕事は後回し(笑)
だけど本当はうれしかったよ・・

ありがとう
posted by とし at 16:59| ウィーン ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

■気分転換

あばうとなabout me]W

土曜日,なんだかんだとお仕事。
職場に出向いてお菓子の差し入れ,
 括弧:+Lhacaの趣味のものに限定(笑)
殺伐としている時って,おいしい笑顔で緩和することができます。
で,おいしい事って,みんなで共有するに限りますもの,ね!
毎度〜甘味工房+Lhacaでした。
 ・・え?,またか〜なんて言わないように。
 ・・食べてばっかりーなんて言わないように。
 ・・けらけらわらったり,他愛ない冗談がうるさい・・とも言わないように。
>オフィスの皆様(笑)
&家庭人として,ヤンガー・エルダーの新学期準備,最終のツメ。
保護者としてすべき事項,リストアップしたもの終了(笑)

忙しくなってくると,自分の容姿へのこだわりもなく・・
いや,普段からもあんまりこだわらない人であるが(笑)
女性らしさもなく,ジーンズにラフなカットソーとシャツ。
ほ〜んと,男の子と同じである。
しかも,ヤンガー・エルダーの着られなくなったものを
お下がり,いや,お上がりで着ている(笑)

で,髪型・・・
日曜日,久々に美容院へ行った。
土曜日行ったけれどいっぱいだったため,次ぐ日の午後に予約してきたのだ。

以前は,某宗教団体の女たちと同じストレートロングの髪の毛を
無造作に束ねただけの髪型だったので,
髪の毛の管理って年に数回ですんでいた。
前髪を,自分でカールするくらい。

しかし,ある日突然ショート宣言をされて(某同居人に(笑))短くした。
当初,ひどく落ち込んでいた+Lhacaだったが,
「若くなった,可愛くなった」と無理矢理洗脳され
結構ショートも私に合っているらしいと確信してる次第である。
そして・・短いって頭も軽快で気分的にもかるいしね。
頭の中身もかるいって?・・ん?ちょっとぉあのね

しかし,途端,まめなケアが必要だと言うことがわかった。
で,「美容院」と言うところに以前にも増して通うことになった。
忙しいとちょっとご無沙汰になってしまうのだが,
その髪の毛をカットしていただいてる時間と空間って
結構ストレス解消にもなることもわかった。
ぼーーーっと座っているだけで,
美しい自分に近づけてくれるのである(笑)
しかも,お店のスタッフの方との会話も心地よい。
ヘアスタイルの技術もさながら,
こうした接客をしている方たちは,
様々な気配りや,心遣いをされてる。
私の行き始めたお店のスタッフの方たち,
とってもファミリーで素敵。。

パーマをかけて,なじませる時間になると,
すーっとおいしいコーヒーが出てくる。
ファッション誌や,おいしいものの雑誌を
 括弧:+Lhacaの年相応のもの(笑)
差し出してくれる。
テレビのリモコンをさりげなくおいてくれる。
 OH,至福のひととき・・(笑)
自分にとって,ストレスがないように,快い時間を過ごせるように,
細心の注意を払ってくれているんだなぁ・・
・・もちろん,その間他のお客さんも出入りしていて,
何人もの客層に合わせ,その心遣いをこなしていく。
スマートに人に相対せることって,ひとつの能力である。
・・・私の職業にもある面,大切な要素かも知れないな。。と思うほど。

で,日曜の午後の会話の中で「犬」のお話になった。
あ,私はそんなにくわしくはないのだが・・
そのネット上のサークルのことなどオーナーさんと話していたら,
HPの話題や,blogやMIXYの話題になった。
で,ちょっとフリーのblogのご紹介も・・・
また,blog仲間が増えそうである。。^^)

£其の柔詩 +Lhaca 髪を切りました〜♪。
posted by とし at 07:49| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

■自己紹介True(笑)

(前略)
さて,自己紹介のコラムでは別名「とし」という昔の名前でています。(笑)いや,現在進行形。こちらが本家本元の職業人であります。母であり,教員である自分です。そう,どちらかといえば「+Lhaca」なんて粋がったHNを使い始めたには,それなりの理由があります。+Lhaca系,少しだけIT系・科学系のパーソナリティー色をもたせたかったという(笑)もちろん,一人の人物なので性格をカテゴリー化できるものではないのですが,少しだけその分野のウエイトを高くしたかった理由もありました。
(中略)…って略したら理由にならないか(笑)

lhacalavie.jpg

で,『そういえば,+Lhaca自体の自己紹介って,きちんとしてなかったな。』などと,新しいLaVieを目の前にして,ふと呟いた+Lhaca姫は,「自己紹介True」と題してこんなエントリーを起こしました。

■好きな場所(出没場所):少し湿度の高めな照度の低い理科準備室。
   そこで小田さんナンバーを口ずさんでいることが多い。
   プレ実験に失敗し「わぉ・・」と悲鳴を上げることも屡々。
■趣味:ガラス細工(けっして工芸美術品ではない)ガラス器具洗浄
・・っておい。
■ヒトおよび生物コンタクトスキル:
休息時間・男児クライエントにおいては母。
女児クライエントにおいてはライバル&友人(笑)
…あ,男の子って子供っぽいってこと。
女子ってどうしてこう気が利くのかしら。私の負け。
爬虫類,両生類,甲殻類,etcすべて生あるものに自然の畏怖の念は抱いても,恐怖心は抱かない
toshi.gif…あ,単にどんな生き物も平気恐いものなしってこと。「きゃー,クモさんこわいわ・・助けて」という女らしい悲鳴がどうしても口にできない(笑)可愛らしさがないということ。解剖も淡々と続行,パラフィン包埋。ミクロトーム薄切法で切片作成。

■比較的部門外得意技:
一般的な陽イオン分析実験,無機定性分析・・色・比重・結晶形・融点・沸点・硬度・溶解度など物理的性質・炎色反応などで検出や確認できるのが楽しい。。。錯イオン安定度を利用するのも面白かった。ホルマリン漬けの生体サンプルとの他愛なく限りなく危険でユーモラスな対話(自問自答に近い)

■致命的決定的不得意技:
 中和滴定における終点と当量点(科学量論点滴中和点)を求めること。
…あ,ビュレットなど器機操作が上手できない粗忽者ってことね。
   容量分析における誤差認知
…あ,系統誤差というより偶然誤差,条件統一や個人的な操作上の不一定が多い
…あ,やっぱり粗忽者ってことね。
 ってことで,結果的に定性分析もへたくそでしたので得意技はありません(笑)まだまだカガクに関わる係なのに,とんでも無く無知だらけ。特に岩石鉱物の同定。鳥類の同定。天体。こちらは本当に致命的。困ったものです。

■力業:理科備品移動並びに理科展覧会用パネル(結構重たい)3セットを軽々と運搬
■悲しい性/さが:職責遂行の際,力業もあるし,怖いもの知らずなのでだれも女性として見てくれない。(家庭でも同様)そのため女としてのいたわりに鈍い。いろいろ感知・察知できない。(笑)
…あ,研究授業等の際,T.Tを組む若いチャーミングな女性同僚は「授業準備大丈夫?運んであげようか?」と声をかけられているのに隣の私には何の音沙汰もない。…あ,別にいいけど,ひがんでるって訳じゃないし,どうってことないし,いつものことだし・・ぶつぶつ・・(笑)
…あ,しかも「+LhacaさんとのT.T大変だね。到達度,完成度厳しくハードル高いしがんばれよ。。つ,辛いだろうけど,至難の苦行も明日の未来への修行だと思って・・」とはこれ如何に。これってどういうこと!?(笑)

そして,自分の年齢を個人基準の精神年齢でしか測定できない。
今私は確か30歳くらいだったかな・・かと(笑)
おまけ
posted by とし at 22:11| ウィーン ☁| Comment(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

■オーガン

あばうとなabout me]V

なんだかんだいいながら,自己紹介コーナーが13回目になる。
結構,自分のことを語りたがる目立ちたがり屋なのかもしれない(笑)
そもそも,自分のサイトを持ち,私的・プライベートまでウェッブ公開する。その時点から,『私,消極的で純情可憐で,下のエントリーのごとく純正品純真&ピュアなんです』などと自分のイメージ作りに掛かり,それ自体「自己顕示欲」の固まりに他ならない(笑)。しかもXML構文フォーム,検索にかかりやすいblogに移行したということは,もう「高年アイドル一直線」を前提にしていると誤解,いや確信されてもやむを得ない。

いずれにせよ,こんな風に勝手に語っているのが好きなのだから仕方がない。しかもリーダーさん(今お読みになっている貴方のことです(笑))を意識するから「書き手」と「読み手」,「表現者」と「鑑賞者」的な立場が成立し,『相手意識』があるため,私も懸命に「格好良く書いちゃおう」なんて思うわけであり,ここに立ち寄られる方たちにもその責任の一端が・・・あ,あるはずないです。自分の意志と責任で表現・発信活動をしているのですから。(笑)逆に,こんな内容のない駄文にお付き合いくださって感謝です。

クライエントたちに表現活動をさせるポイントの一つに,
上記の「相手意識」の重要を説いている。
ということは,私自身その率先垂範,実践者でもある。。
ということは,流石,まさにその教師の鏡である(笑)
 しかし…実はこれを正しい日本語で「自画自賛」といい「自己陶酔」ともいうらしい。

先週,ALTのC先生が来校し,我がルームでも楽しい英語教室を2時間ほど持っていただいた。自己紹介ゲーム,似顔絵ゲーム,爆弾ゲーム。。意図的ゲームづくしの中,効率的に会話を体得していくことができた。なかなかの指導力。
  このC先生,アフロディティに愛でられたような,西洋『源氏の君』のごとき麗しい青年で,ブロンドのみぐし,エメラルドの瞳のいかにもの白人さんで,PC工学ご専門で,源氏物語とお茶をこよなく愛する,日本語検定では+Lhacaを遥かにしのぐごときの・・。
  と以前のご紹介の中でも,これでもかと幾重にも褒め言葉が重複するすてきなALTさんであったことを述べた。もう「すてきな人である」を超越し,近寄りがたき空気が漂うのである。いと芳し・・。

で,今回も新たなるショックを被った。彼はピアノにおいても達人であったのだ。
C:「オーガン(Organ)イイデスカ?」
L:「あ,どーぞ,プリーズです,私弾きましょうか?」
C:「ダイジョブ デス」 ♪♪ぽろろろろろぉーーーん♪
L:「・・・・」(笑)
ショパンのポロネーズ,ベートーベンのソナタ,
バッハのフーガあたりを,爆弾ゲームのBGMに使うのである。
先ほどの逆で,「自暴自棄」「自己嫌悪」の固まりになってしまった瞬間である(笑)
せめて,私がぽろろろろろぉーんとやって,
C:「OH!グレイト!」
などといって貰おうか,なんて密かに思ったのが間違いであった。
…神は人に何物も与え賜うたのだ。それって罪じゃないのぉ。である。

で,その昼休み。
実は保護者の方からエレクトーンの寄贈があって,お引き初めの時間を持つことになった。○十年前この職に就いたばかりのとき,私も少しばかりエレクトーンを嗜んだので,弾かせていただく羽目になった。もうかれこれ職業歴ほどのブランクであるため,給食の時間から,慌てて練習練習である。仕方なく,グレードを落とした簡単なコードの曲,しかもリズム楽器やカスタムABCやなんかでごまかせる曲にした。私が習っていた頃よりもさらに古い機種。音作りもレバーで作っていき,レジストリのメモリもできない。ま,いっか,

C:「OH!コレモ オーガンネ」
あ,そんな,また劣等感。こちらも華々しく演奏召されるのだろうか。
なかなかな腕前。でも,機能そのものが初めての方には複雑。足が使えてない。
「あ〜んよかった。だって,一応お弾き初めの役なんですもの。」
などと,ちょっといじましい不当な安堵感(笑)

一応演奏終了。え?何を弾いたのって?
ビートルズナンバーとね,ロッキーのテーマとね,遥かなる影。
ちょっと,いい気分になれた瞬間でした。久しぶり,お客様の前で演奏したから。『相手意識』って,やっぱり大切かもしれません。…シンクロのリズムスタートや,コンビネーションを入れたりストップさせたりするタイミングなんかよろけちゃったけどね(笑)
「ふむー+Lhacaくん,なかなかかっこいいですぞ・・」
なんてお世辞にも褒めていただけて,えっへん。(笑)
C先生も「OH〜〜ジョーズ」
え?ジョーズって鮫?(笑)

£其の柔燦 +Lhacaエレクトーンに再燃。
また弾きたいな。皆様の結婚式にはオルガニストになって差し上げますよ(笑)

そうそう,今のエレクトーンのレジストレーション,DLできるのね!
私のには搭載できませんが・・(笑&悲)
PCだけでなく,新しい機種が・・ほ,ほしいな〜。。
posted by とし at 02:00| ウィーン ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

■うれしかったな・・

kago1.jpg
2月10日,旅立つ頃の羽田は雨雲を抱え,その雲海は,ずっしりと重くたなびいていた・・




kago3.jpg
帰途についたとき,あまりに美しい夕陽の途が開けた。小さな窓に二日間のいろんな思いは収束された。。



kago2.jpg
鹿児島中央駅には,
こんなアミューズスポット。
屋上にこんなロマンティックな観覧車。




kago4.jpg
そしてその河岸には,
数え切れぬ歴史の遺物。
(大久保利通公)
新しいものと古なものとうまく混在する街・・





kagoj2.jpg

研究チーム,若い薩摩藩士の度量のある提案授業。シャープな切り口芋焼酎・・・かなりの蒸留酒




kagoj3.jpg彼の学級のクライエントたちは,なかなかの切れ者,そしてまっすぐで素直な子どもたちである。学級マネージメントの根底にあたたかな人づくりあり。





kana1.jpg薩摩空港まで,わざわざ見送りにきてくれたお友達ファミリー。空港までの道すがら,桜島コースを巡回してくれた。
・・その,大事なお姫様。+Lhacaを「お姉ちゃん大しゅき揺れるハート」と抱きしめてくれる。柔らかくあたたかい家族の賜。(あくまでもさりげなく強調するが,嘘のつけないいたいけな子どもがお姉ちゃんとよんでくれたのである)




**番外編**
bit.jpg
吾輩はチョコbitである(笑)・・よほどどこぞの同居人よりも愛らしい・・ふふ。






bit2.jpgそして,先ほど教え子たちが何を誤ったか,自宅近くまで来て女性の私に,手作りチョコをプレゼントしてくれた!!びっくり・・・でも,とってもうれしかったよ。


そして,驚いたことに,出張に行った担任の留守をねらって,なんだかイベントの企画を練ってたそうな・・もうすぐ+Lhacaは年輪が一つ増える。そのイベントとか・・・(出張のおり補教に出てくださった同僚より)ちょっぴりときめいてしまった。ちょっぴりうるうるしてしまった。。

£其の重弐 +Lhacaはとっても重ねて幸せ者。
posted by とし at 18:44| ウィーン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

■クリスマス・・

小田さんの,スペシャル

同居人は酒宴でおとまり
アナログな同居人から
うっかり+Lhacaが寝過ごさぬようにと
「番組が始まりますよ・・」
などと,本当に万に一つのメール(笑)
私は一人珈琲を入れて そっと見ている

エルダーもヤンガーも
「一人になりたいだろう・・」とかなんとか
「いや,小田氏と二人になりたいんだろう」と
母親に気を遣う年齢になった(笑)
今年,初めて我が家にサンタが来なくなった
いろんな意味で 進んでいく歳月

私が君たちと同じくらいの年齢から
ずっと好きだった人だよ

£其の壱壱 これからも小田氏のずっとファン

かわっていく 私のまわり
でも,かわらないもの
私が好きな人たち
私の大切な人たち

 君が思うよりきっと
  ぼくは君が好きで
そんな yes yes♪
「珍しく肯定的な」そんな楽曲が流れている・・
posted by とし at 01:07| ウィーン | Comment(4) | TrackBack(2) | ■about me | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

■vol.1::shirakawa塾::(こうさぎ)

lhacaで、公園に+した?


*このエントリは、こうさぎの「bit」が書きました。
posted by とし at 10:31| ウィーン ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

■vol.2を書きかけたんだけど

私は,下野の国の住人。
とても地味な県にすんでいて,多分地名をお話ししても
イバラギ,グンマと混同されるか,東北圏と思われるかである(笑)
唯一,「あ〜ぁ,あの日光ね。国立公園の。知ってる。そこのどの辺?」
遠い昔,学生の頃「日光」あるいは「那須」などの
ネームバリューにずいぶん救われたものである。

 最近は,イチゴの産地としてご存じのかたもいらっしゃるでしょうか?
 そして県庁所在地は,餃子の街として
 ギョーザモニュメントも建っているのですが(笑)

ただ,私は自分の住処の地味なところ,実はとても気に入っている。
大好きな海に面しているわけではない。
大きくそびえ立つ連峰を抱えているわけでもない。
生まれながらにして,住んでいる平坦な街並みも,(結婚しても同じ街(笑))
それなりの広さの田畑の田舎の風景も,
開発のターゲットとなって,がらりと様相を変えてしまったところもないし,
大きな区画整理もない。
公園付近に駄菓子屋のおばちゃんがいるし
ちっちゃな城下町のごちゃごちゃした細い路地のまんまだし。
そのまんまの街並みを利用して「蔵の街」なんて広報しているが(笑)
そんな,何の変哲もないちっちゃな街である。
でも,とても気に入っている。地味でマイナーな私にとても合ってる。
 強いていうなら「大好きな海がない。」というところがちょっと寂しいけど。

日光や尾瀬も近い。
少しだけ足をのばせば,有名な湿地や湿原の類もある。
今まで,多くの写真集や書になっているところに行きたいと思っていた。
ところが,見る人がみれば「宝庫」がすぐ近くにあった。
母の実家への通過点。難なく気にもとめず走り去っていたところである。
子供が小さな時には,河川敷や,そのノッパラでよく遊ばせたものである。
葦や荻が生い茂る,未踏の場所も多い。そんな足下の素敵な湿地をご紹介。。。
…と「■vol.2::足下に::」を書きかけたんだけど,前置きで終わっちゃいました。
もう,時間がないのでね(笑)カテゴリもaboutなあばうとmeになってしまった
そう,ふるさとを語って£其の重 私ってとっても地味なの
で〆です(笑)

時間を改めて,本編に続く・・・・^^;;
posted by とし at 07:16| ウィーン ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

■重い

無事生還の+Lhacaである。
松山空港から,羽田へのJALにエンジントラブル・・等というニュースが流れ
所属長(Boss)はじめ,同僚からの安否のп父=[ルがはいるなど,
方向音痴及び,旅慣れぬ+Lhacaへの,多大なるご心配多数承り恐縮至極。
デブネ+Lhacaの乗った便は,ANAだったので大丈夫だったのよ・・

う〜ん,どうも今ひとつ,私は信用のできない部下であり,同僚であるらしい。
「ちゃーーんと飛行機に乗れてるのか?」
「不穏な挙動で検問ひっかからなかったぁ?」
「お土産はおいしいタルトとか,坊っちゃん団子とか,伊予かんグッズとか
 地ビールもあるって言うし,我が儘はいわないわねぇ・・お任せよ・・」
(なんか,出張者以上に土産物に関する情報収集がなされている)
とても大きなお世話である。ε=(=`・´=) プン

至って健康で健全で且つ,研修熱心の+Lhacaのことである。
「漱石と松山・道後」に関する文献をいくつかあたり,
城址等の史跡も,年齢的限界及び自己の疲労の度合いも顧みず取材しまくり,
道後温泉本館及び周囲の湯治場にて,温泉にのほーーーっとつかり,
漱石と子規と虚子に関するレポートをまとめようとしている次第である・・
bitの「吾輩は・・」も漱石文学を脈々と受け継ぐ,
類い希なアカデミックカテゴリーでもあるし。・・あ,うそうそ(笑)
あくまでも環境学習に関するフェアである。・・そんなこと百も承知である。
ちゃんと,研修時の講話から触発されて,帰りの空港で3冊書を求めた。
・Noと言うためのジャパニーズスタンダード/責任のとりかたに見る文化の異相
 =「グローバルスタンダードと日本の『ものさし』
・温室効果ガスの言及もされてたので・・原子力の九つの呪縛
 =「原子力神話からの解放
う〜んおもしろい視点だったよ。が,しかし・・
実は,もう一冊が本命の書であった。
 東京って,どうもお上りさんには複雑な処である。
 はじめていく松山市内よりもである。
 行きの道すがらとはとは別ルート,終電にも乗らなくてはならない。
 帰途での電車の乗り継ぎがとぉーーっても心配で・・
何を隠そう,3冊の内の1冊は
 =「東京toshi図あ,ちがった都市図」である。
文庫版であり,各主要地点でのアクセスガイド,終電案内,乗り換え案内
など,コンパクトにまとまっている。とっても,とっても助かりましたm(_ _m)ペコリ
ケータイでもバーコード読み込みも可・・って私の機種は対応してませんが(笑)

え?題名?何で「重い」のかですって?
重量オーバーで機体が危険だったのではないかって?
あのね,タイトル「■重い」ってそっちの重いではなくて
PCの処理速度のこと・・そうであった,題名に返らねば(笑)
続きを読む
posted by とし at 07:44| ウィーン ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

■おださん

小田和正初のTVレギュラー番組がスタート!

http://www.fareastcafe.co.jp/
TBS『月曜組曲』10月4日(月) 深夜24:30〜 スタート
<タイトル> 『風のようにうたが流れていた』
<出  演> 小田和正 他

小田和正初のTVレギュラー番組がスタートします。
構成は、小田和正が半世紀余りの人生の中で触れてきた数多の「音楽」や「アーティスト」について語り、演奏する「私的音楽史番組」です。
ネット局(未定)


posted by とし at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

■happy birthday

あばうとなabout me [
といいながらも
ずっと変わらずにファンであり続ける小田さんのことから・・・
でもね,そんな理詰めで語りたくはなくて,
感謝の気持ちを込めてです
For Kazumasa Oda・・・from Lhaca



そうなのです。今日は,小田さんの誕生日です。。
早速,昨日の占いタグから小田さんのものを・・張っちゃいました(笑)小田さん,ごめんなさい。
決してふざけているわけではございません。真剣なのよ。

実直派ピンクモンキー(夢を叶える現実派)
 ゆったりしたムードと飾らない言動が素朴さを感じさせる誠実な人物です。短気な面がありますが、少々のことでは動じない腰の据わった落ち着きがあり、五年、十年スパンで物事を捉える長期的展望を持っています。あくまでも自分のペースを崩さずに、物事にじっくりと取り組んでいく堅実派であり、のんびりしすぎるきらいはありますが、長期戦になればペース配分のうまさで抜群の強さを見せます。自分のこととなると神経質でたいへん警戒心が強く、プライバシーに土足で踏み込まれたり、傷つけられる事を嫌い、臆病なくらいに自分を守ろうします。気心の知れた相手には、本来の短気で感情的になりがちな面を見せたりするようです。

 何かと直感に頼った判断と行動が目立ち、緻密な計画性や客観性には乏しそう。感覚的かと思うと案外理屈っぽいところもあり、何事も自分の目で確かめないと気がすまない性分。巷に流れている情報を鵜呑みにはせず、本当のところはどうなのかと、自分自身の目で確認しながら裏を取っていき真実の情報を追究します。収集した情報を整理して取りまとめていくのもうまく、その姿勢が堅実さにつながり、周囲からの信用を得ているのですが、一方で人が言ったことも事実を確かめるまでは信用しきれない慎重な面があり、常に緊張の糸を張り詰めていそうです。

 保守的な反面、人生において夢を追い続け、現状を打破しながらそれを実現させていく事に情熱を燃やします。自分が決めた最終のゴールでヒーローになりたいという願望があり、そのためには、たとえ今がダメでも堅実節約でコツコツ地道に頑張る努力家。金銭面においての生真面目さが社会での信用にもつながっていて、お金の使いどころとタイミングの取り方も大変うまい。あっさりとしていて嫌味がなく、話のわかる人物であり、人としてどう生きるべきか、自ら理想を追求しながら教え導いていくロマンティストです。
 
あなたは海水浴タイプです

うーんぴったり。やっぱり素敵な小田さんです。(はぁと)



因みに私は・・・

続きを読む
posted by とし at 09:20| Comment(3) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。