2008年04月25日

■小田さん…


君との思い出
by KAZUMASA Oda

こんなに会いたいと 思うのはきっと
多分 このまま二人 もう会えないから
どこか別の場所で
今もこの同じ空の下 いきてるんだね
誤解も 小さな嘘もわがままも
すべて想う気持ちが二人にさせたこと
わかっていても 何もできずに
ただもどかしく愛はこぼれてた

涙の訳も 僕の間違いも今ならわかる
あの精一杯の笑顔が 僕にくれた もう戻らない日々

誰もいない冬の海を歩く二人が好き
あんなふうに会えた あの夏の日が好き
I was wrong I was wrong

鮮やかになるばかり 悲しいあの雨も
最後に待ち合わせたあの昼下がりも
同じ場所にいて 同じ風に吹かれて
心 揺れた日々を忘れない

自信なくさないで 涙隠さないで あのころのまま
確かに 君は この人生の中で特別な人だった


追いかけた夢が好き 突然の手紙が好き
その愛のために流れた すべての愛が好き

僕の間違いは 君と離れたこと
もしも今 君がここにいたら 二人何を想うだろう
そのときと同じ場所で 何を見つめているだろう

誰もいない冬の海を歩く二人が好き
あんなふうに会えた あの夏の日が好き
その愛のために流れた すべての時が好き

誰もいない海を歩く二人が好き
あんなふうに君に会えた あの夏の日が好き
追いかけた夢が好き 突然の手紙が好き
その愛のために流れた すべての時が好き


・・・ふと 年甲斐もなく切なくなるとき(笑)
♪風の街
posted by とし at 04:33| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年甲斐なく・・・なんて!。
それより休日の早朝4時33分に、なに切なくなってるの?(笑う)。

今日はまたバスケットの審判でした。
あ〜、しんどい(笑う)。
Posted by せんせい at 2008年04月26日 20:43
■せんせい
審判お疲れ様でした〜。

私,もともとお仕事は朝方なんです(笑)
でも,ここ数年間体内時計が狂っていて
なかなか寝むれない日々。
しかも,仕事なんて1/10程度しか進められなかった。

やっと,昔のペースが取り戻せた今日この頃。
小田さんの曲を聴きながらの
校内研修プラン構成だったのでした(笑)

この曲を聴くとね,学生の頃の思い出で
いっぱいになってしまうんですよ。。
ふふ,プライベートなお話ですけど。
・・で,朝方からせつな〜いムードに
年甲斐もなく満ちていたって訳で(笑)
えへへ。
Posted by とし at 2008年04月27日 13:51
今日も審判でした。
今日も2試合、汗だくです。
連休はほぼ毎日審判、次の週末は暑くなりそうですってね?。
体、もちませ〜ん(笑う)。

朝に強い人、うらやましいです。
僕はダメ、前夜何時に寝ても、朝は9時10時まで寝ていたいタイプですから(笑う)。
さて明日もまた仕事。
生徒たち、休まず来ているかなぁ〜(笑う)。
Posted by せんせい at 2008年04月29日 23:18
■せんせい
おはようさんです。
またまたこんな時間ですけど・・(笑)

毎日の審判業お疲れ様。
・・う〜ん。
でもある意味主人の羽打ち同様
楽しみなのでしょうね。

さて,またお仕事にもどります(笑)
Posted by とし at 2008年05月02日 04:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。