2006年08月18日

■Take[IT]Easy

 以前にもご紹介したが,私がチェックしているコラムに「Take IT Easy」がある。編集部の方達の,気張らず・気取らず,情報エッセンスを発信して下さるそのシンプルさが素敵だし,閲覧頁に余計なモーションがなく,1998年よりかわらず,HTML言語・テキスト中心の作りになっているところが,かえって魅力的である。おかしな話だが,手作りのぬくさを感じるのだ。勿論,内容は最先端のIT絡みであるにもかかわらず。親サイトは「三菱総研」。多分に,webデザイナーの方の手がはいったスマートなサイト。HP>コラム>「Take IT Easy」・・
同じ「コラム」の中でもデザインがトータルされていたり,MRI-securityのようにRSS仕様になっていたりする中,手作り情報技術トレンドコラムは,私を余計に惹きつける。ある意味,これまた懐古的と言えるだろう(笑)
◇◇◇◇
太陽系惑星、定義改定で3個増え12個に・天文学連合が提案国際天文学連合(本部パリ)が,太陽系の惑星を9個から12個に増やす新しい定義案を発表したが,その是非は,チェコのプラハで開催中の同連合総会で検討し,24日の会員投票で決まるという。承認されたら,76年ぶりに新たな惑星が加わり,水/金/地/火/木・・の惑星暗唱語呂合わせもかわっちゃう(笑)
(1)太陽(恒星)を周回する
(2)自己重力を持ち球体に近い形を保っている
が惑星の条件。冥王星の衛星と考えられていた「カロン」,火星と木星の間にある「セレス」,太陽から最も離れた軌道を回る天体「2003UB313」が新たに惑星となる。
というソースをあたっていたのだが,その脇のITニュースランクのソニー製電池発火問題、パソコン各社に波紋の話題にそそられた。電池の製造元:ソニー子会社のソニーエナジー・デバイスも大変だろうな・・。ソニー製リチウムイオン電池の安全性は?・・ノートパソコンのみならず,携帯電話やデジタルカメラにも広く搭載されてるしな・・。などと,ひいては遠くSSTAをおもんばかる私である。っていっても,実は私はNEC贔屓の和製PC-98スタート世代。Win系の98じゃないよ。。(いや,ほ,ほんとはキーパンチャー世代でした,ごめんなさい。)
一時SonyのVAIOになったが,どうも相性が宜しくなく,再びLaVieLL850のノートに里帰り(笑)NECでは4機目である。


◇◇◇◇

さてと,さらに日経ネットのニュースリンクを辿っていったら,NECのIT戦略の頁に出くわした。thinclient:シンクライアント
シンクライアント市場が急拡大している理由として,2つの理由が挙げられていた。
第1:
05年4月に施行された個人情報保護法の影響。
もし個人情報が流出した場合、企業はその事実を発表しなければならない。社会的な信用にもかかわるだけに、企業は真剣に対策を考えている。
第2:
PCの管理コスト。1999年から2004年の間に、企業が使っているPCの数は1.5倍に増(IDC調査)。このコスト削減を図るため、シンクライアントが注目。
   ↓↓
◇ローカルディスクにデータを持たないため,漏えいリスクを軽減
◇マシンやデータを集中管理することにより運用管理コストが削減
◇アプリケーション,データ,個人別環境情報を集中化するため,
 どこからでも自分の環境を呼び出すことができる
NEC「クライアント統合ソリューション」の3タイプ
■ 仮想PC型
サーバ上にクライアント仮想マシンを搭載。仮想マシン上でアプリケーションを実行し端末に画面情報を転送するタイプ。集約された仮想マシンの運用管理機能、動的なリソース再配分機能を標準実装し,TCO削減効果が高い。
■ ネットブート型(Ardence)
サーバ上にクライアントのディスクイメージを集約。ネットワークブートで端末を起動し,実行時も集約されたディスクを使用するタイプ。利用APや体感速度はビジネスPCに匹敵。
■ 画面転送型(MetaFrame/Sun Ray)
サーバ上にアプリケーションを搭載。サーバ上でアプリケーションを実行し端末に画面情報を転送するタイプ。市場導入実績が豊富で,モバイル利用にも最適。
※Solaris、Linux環境にはSun Rayを適用

http://www.sw.nec.co.jp/library/jirei/raku/
http://www.express.nec.co.jp/products/thinclient.html
http://www.sw.nec.co.jp/products/soft/client.html
◇◇◇◇

のーりっじ(ナレッジ)マネジメントシステム
一人ひとりが持つ優れた提案書・資料・ノウハウ等を"ナレッジ"として組織全体で共有・活用し,企業のパフォーマンスを高めることが重要
  ↓↓
数多くのナレッジが登録
・必要なものがすばやく探し出せない。
・本当に必要としているものなのかすぐに分からない。

さまざまな課題が発生
  ↓↓
・部門にとどまらず,組織横断的なナレッジの活用へ
・優れたナレッジのすばやい検索により,タイムリーな活用へ
・一人ひとりのパフォーマンスが向上し,企業競争力の向上へ

全社横断型
● 顧客ニーズや製品/技術情報の共有により,製品開発力・顧客サポート力をアップ
● ベストプラクティスの共有により,組織全体のパフォーマンスを向上
システム開発部門
● 技術ノウハウの共有により,開発効率を向上
● 顧客情報の共有により,お客様満足度の高いお問い合わせ対応を実現
研究開発部門
● 個別研究成果の共有により,製品化アイディアの創生を促進
● 成功体験,失敗体験の共有により,開発のスピードアップと品質向上を実現
営業部門
● 提案書/顧客情報の共有により,提案活動のスピードアップを実現
● ナレッジ登録→活用→フィードバックのサイクルにより,質の高い提案ノウハウを蓄積


・・・と企業への導入効果が謳われている。ある側面に置いては,大変魅力的な教育への効果も臨まれる。しかし,システムを教育現場に即反映・・というわけにはいくまい。
私がまだ若かりし学生時代,情報工学から,フローチャートを導入した指導案流行りだった。教育工学・スモールステップでオープンエンド。フィードバック・フィードフォワード。いくつもの工学用語が適用された。成功した側面。形骸化してしまった本質。その明暗・光陰は必ずあるはずだから。

当然のことだが,時代の流れとともに,Take[IT]Easy・・ITにより距離や時間や効率化・合理化は図られていくのかも知れない。しかしその反面,リスクを考慮したり,効率を求めること以上に本質を見失わないでいることは真に難儀なことだ。生きるってそういうことかもしれないな…。
posted by とし at 22:20| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | ■kiso-paso-IT | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生きる事まで到達されましたか? お疲れ様ですのぉ。

我が社でもサーバーにのみデータは存在させるようになって8年になりますな。
かつては、オフコンに落としてましたが、効率の悪さは定評がありました。
今は小さなサバさんが6台。(メイン?)
クライエントに保存するヤツは、直ぐさまに遠島の刑でござる(笑)

NECですか? 私は始めて間もなくIBM。
ま、ワープロのみは一太郎(笑)
そして携帯もNECかな。変換辞書が結構好きだったり。

惑星の話では教科書の切り替えが大変ですねぇ。
しかし、これも発見なんでしょうかね?ヽ(。_゜)ノ?
Posted by G3 at 2006年08月20日 00:39
おはよう・・というか,何とも言えない時間。。
昨日,記事をアップし,夕飯の支度をし終えた途端,
太めで華奢で儚い(?)私は,寝込んでしまったのでした。ま,単なる暑気あたりかと。。ふふ。

教育現場です。
勿論,クライアント機は検索機でもあり,
ネットに出ていくので,
子供達の創ったデータもサーバー(子供用ホルダ)
しかも前任校では,いくつかパーティションを切り,3ヶ月たつとそのデーターを消去していく設定でした。
職員のものも,外付けのものに落とすか
プロテクト堅いサーバー機のホルダ。
子どもたちのクライアント機からは
もちろん入れませんし見られない。
階層も辿れないようにしてあります。

ところが,今回エントリしたのは『シンクライアント』
実際のクライアント機ではなく
サーバ上のクライアント「仮想マシン」「ネットブート」あるいは「メタフレーム」ってところがすごいのです。

楽天でも仮想PC導入
えいちてぃてぃぴー://www.sw.nec.co.jp/library/jirei/raku/
(URL頭部表示が禁止なんでこんな表記(笑))
ワントップでクライアントを一元的に管理できるし
逆にクライアントも「仮想」といいながら,自分専用のPC活用環境がただちに起動できるというし。
教育現場でも子どもたちの環境にはもってこいって感じです。
2009年までには市場は3倍って(NEC自身が言ってるのですが(笑))

でも,トップ仮想サーバーがやられちゃったら,仮想クライアント全滅ってことか・・大変かも。
Posted by かー3(とし) at 2006年08月21日 02:25
実はメタフレ、会計システムで導入させられましたが...
ひじょーーーーーーーに使えん!
扱うボリュームによりますな(苦笑)
(最初から反対してたの私だけ?)
Posted by G3 at 2006年08月23日 00:26
■G3さん
そうでしたか・・・。
どうも「仮想」っていうのが
素人の私にも不気味な響きです(笑)
実態がなくなっちゃうかも。

でも,小学校程度のクライアントなら
かえっていいのか・・と思ってみたり。
ただ,本市は情報教育に関しての環境は
かなり低いです。。
・・・ウーーン逆に,
それがかえっていいのかもしれません(笑)
Posted by とし at 2006年08月23日 08:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22507509
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 情報工学情報工学(じょうほうこうがく、)は計算機とその応用について考える学問である。数学、論理学、工学にその起源を持つ。1970年代から学問の分野として成立し、手法や用語が確立された。歴史的な背景を鑑..
Weblog: パソコン図書館
Tracked: 2007-09-29 17:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。