2011年05月08日

■小田イズム

昨日,長野のビッグハットにて,
小田さんの全国ツアー初日に行ってきました。

主人が必死になりチケットを入手してくれて,
当初は2人で行くはずだったのですが,
お姑さんが体調を崩し,断念しておりました。
でも,「おかあさん行ってきなよ」とひと言。
主人が家に残り,そっと行かせてくれました。

2時からコンサートグッズが販売なので,早めに現地に到着。
立ち見席だったはずですが,入場の順番待ちで早々並んでいたら,
A席のキャンセルチケットがあるとのこと。
ラッキーにもゲットすることができました。
ビッグハットは小さめな会場なので
小田さんがとっても近くで歌ってくれました。
しかもオンステージ席の真後ろの席。
後ろ姿のスタッフさんや,小田さんの背中をじーーっと見つめ
感動しまくりました。

感動そして感謝♡
「涙で全国ツアー開始」
スポニチアネックス 5月8日(日)7時3分配信
 小田和正(63)が7日、長野市のビッグハットで、約2年5カ月ぶりの全国ツアーをスタートさせた。。。。。
 いつになく重い幕開けだった。冒頭のMCで震災に触れ、このツアーについて「精神的にも物理的にも無理だと思った」と振り返った。
 ツアーは3月26日に静岡でスタートする予定だったが、同11日に震災が発生。予定していた宮城、岩手などの4会場7公演を中止せざるを得なくなった。一時は、震災の犠牲者の中に公演を見に来てくれる予定だった人がいる可能性もあるとの思いからツアー自体の中止も考えたという。
 小田は東北大学工学部出身で、仙台は思い出深い場所。09年7月には岩手県大船渡市の知人の招きを受け、同市民文化会館リアスホールで公演も行っている。今回の震災で、知人らは無事だったものの、各地の深刻な被害に心を痛めた。
 しかし、最終的に「みんなの街へ行き、思い切りの笑顔で手を振ろう」と決断。MCでは被災者の心情に配慮しながら「今は難しくても、いつか歌うことが役に立つときが来る。被災地を含めたみんなに喜んでもらえるように走り抜けていくことを決めた。ここに集まってくれたみんなと、その一歩を思いっきり明るく踏み出したい」と思いを明かした。
 ツアーは10月26日の横浜アリーナが最後だが、今後、被災地の状況などに配慮しながら宮城、岩手での公演も検討していくという。
 約6000人の観客を前に3時間、35曲を披露する熱演。全長計220メートルに及ぶ花道形ステージを走り回り、ヒット曲「ラブ・ストーリーは突然に」では客席に下りて、ファンとともに歌った。終盤の「hello hello」では感極まって涙ぐみ、歌えなくなる場面も。最後のMCでは「僕は日本が復興する日を見たい。長生きして、そんな日本が見たい」と切々と語っていた。

スタッフだいありー

posted by とし at 17:10| 栃木 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったね。ご主人がチケットとってくれたのね。やさしいね。でも、当日、一緒に行けなくて残念・・。

私は、前に 夫とアリスのコンサート、ドームだったかな。行ったんだけど、ホントに好きな人と来ればよかったな。って後悔しました。

私は、おもにオフコース時代の歌しかわからないんだけど、ソロになってから少しCDも買ったんだけど・・・。どの歌も私にとって青春です。

小田さんの歌声、疲れている心身に元気を与えてくれそうだね。

Posted by みーやママ at 2011年05月09日 21:39
あ〜、誘ってくれたら・・・行けなかったけどさっ(ちぇっ)。

震災があって、ツアーの中止も考えたなどと報道されていましたが、
やはり小田さんには歌で日本を元気づけてもらいたいです。

それにしても・・・としさん、どうして誘ってくれなかったの〜(爆)。
Posted by ゆべし at 2011年05月12日 20:57
■みーやママ
こんにちは。
なんかね,とっても静かなパワーをもらったよ。
私も「ババア」の一人だけど(笑)
コンサートの参加の仕方にはいろんな在り方があって,
ノリノリだったり,雰囲気にひたってたり,
どうすればいいって無いと思うけど,
「なんで,立って大声で歌わないの?」とか
「こうしなくちゃ雰囲気壊れちゃうじゃないの・・」とか
一種のライブツアー常連の方たちの
宗教がかった信念があって困りました(笑)
歌っている最中にもかかわらず,
たくさんのうんちくを,お連れさんに語ってらっしゃったりね。
でも,しばらくはぼ〜〜っと小田熱に浮かされていました(笑)
コンサートグッズも買っちゃった(*'v'*)エヘヘ

■ゆべしさん
う〜んそうそう,さそって差し上げたかったけど,
逼迫した状況で,長野に住んでる義姉にも,
私の妹にも言えない状況でして・・
あまっていたチケットは,その場でどうしても入りたいって
熱烈なファンの方にお譲りしました。

もう,小田イズム満開の私でした〜。
Posted by とし at 2011年05月15日 11:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。