2011年05月04日

■皐月

いろんな出来事に驚愕の日々ですね。
姑が体調を崩し,ここ数日入院しておりますが,
ブログ更新はまばらになりましたが,本人至極元気です(笑)
晴れやかに初夏の快晴。サクラの背景から緑の背景へ代えました。

本年度は,4・5年生の複式学級担任となりました。
元気な15名の子どもたちと共に,朗らかな毎日を送っています。
本市も合併に伴って広範囲となりました。
市長さんも教育長さんも変わり,
小中一貫・・との,前年度までの方針が一転
勤務校の行き先も定かではありません。
また,東日本大震災により,
きっと,近隣の小学校との統合による校舎新築も
予算的に難しくなっているのではないかな・・とも考えられます。
今,この現状をしっかり受け止め,できる限りのことをするしか有りませんし,
こうして,教育活動を執り行えること自体幸せだと痛感しております。
それでも地球は回って,それでもこうして毎日が巡っていくのですから。

6年担任は,新しく赴任してきた男性の先生。
6年担任,児童指導主任,体育主任,安全指導主任etcと,
着実に,効率よくたくさんの校務分掌をこなし,
小規模校の新学期の多忙さをきちんと乗り越えてらっしゃいました。
脱帽です。担任する児童が少ない分,目に見えない雑事が林立していますから。
規模が小さくなって行く分,私も仕事のファイルが嵩んでいきます。
デジタルアナログとも抱えきれないほどです。
ブログを書くということさえ,PCに向かう気力が無くなっておりましたので。
歳をとっちゃった・・ってことも要因の一つでしょうけれど(笑)

今年,ボランティア委員会担当なのですが,
東日本大震災への募金をしたいと,子どもたちから要望がありました。
なかったら,私の方から投げかけようと思っておりましたが,
子どもたちも,世の中をしっかり見つめているのだなと感じました。
「先生,ぼくたちの学校の人数少ないからたくさん集まらないでしょ。
 コンビニの入り口とかに立たせてもらって,
 少しでもたくさんのお金を集めたいな。」
そんなことも言い始めました。
「ゆっくり焦らず,今できることをやればいいんだよ。」
そう伝えました。
これから,日本という国はどう進んでいくのでしょう。
今噴出した多くの課題は,そう,君たちの肩に掛かっていくのだから。
がんばって生きていかなくてはならないのだから。
そして,その子どもたちをまっすぐ育んでいく責任は私たちにある。

政治家や,目先の責任問題と最前線で戦っている人たちへの
批判を含めた様々な世論。
外野で不平不満をバズっていても何の解決策も練られない。
善処すべく今できることを粛々と,
そして未来を含めた「先」をしっかり見つめて歩まないと。
今できることを着実に行い,
これからのことを,長くも短くもスパンをもって進む推進力を備えた
そんな「人」を育んで行かなくては。。
それって,大人自身が示すことなのかも知れないけれど。

教育の現場から,ふとそんなことをつれづれに。。
posted by とし at 12:54| 栃木 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スズランのお花に変わりましたね。
ステキね。
季節も少しずつ移り変わっていますね。

私も、今年度はため息をついて始まっています。

あと、少しの教員人生、気の合う友達と学年を組んで楽しく終わりたいな、と ついつい思ってしまいます。複式学級というとしさんの学級の子どもたち、半分もらって、お隣の学級を担任したい心境です。芸能教科など一緒にできることは一緒にやろうかぁ。なんてね。大丈夫、ちゃんと勉強するから。「隣は遊んでばかりでいいな。」なんて言われないようにするからね。

子どもたちから「募金をしよう。」って声があがることが、ステキだね。うちの学級の子どもたちもそんなことを言いました。

子どもたちの心が育ってほしい。
ここのところ、特にそれを感じます。

この間、GANZ?スペルもわからないんだけど
映画を見ました。職場の若者と・・。
とてもはやっている映画ですよね。人が死んだり、戦ったり・・。私には理解できなくて・・。こういう映画を見て、楽しいと思う人が増えている・・・そういう世の中なんだな。そう 感じました。

学習も大切。でも、心のほうがもっと大切だよね。厚くなった教科書についていけない・・子どもたちの心も考えます。

今月予定されていた日光行きは、秋になりました。
Posted by みーやママ at 2011年05月05日 20:22
みーやママ,いつもコメントありがとう。
そうね。季節はこうして巡っていくね。
今回の震災やその他,「人間」や「自然」について
いろいろ考えさせられてしまいました。

「ガンツ」やはり,娘さんと見に行ったという
男性の同僚も「なぜあんな残酷な映画が・・」と
見るに耐えないシーンのお話をしてたよ。
「おかしな世相だな」と。

みーやママと,お仕事をしたいな。
きっと,楽しい教員生活が送れるでしょうね。私たち。
・・って,勝手に決めているんだけど(笑)
近いうち,本当にお会いしたいです。
ほんとうにありがとう・・。
Posted by とし at 2011年05月06日 05:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。