2008年08月15日

■晩夏

コスモス暦の上では,立秋を過ぎてすでに秋を迎えた。
でも,まだまだ残暑は続く。そう,夏が過ぎてゆく頃に,いつも脳裏をよぎる曲はこの曲。ユーミンのアルバムで初めて出会った曲。


いろんな想いが
葉鶏頭のごとくの紅の空
心許なく揺らめくコスモス
蜃気楼のような風景とともに深く宙へと立ち上る

深い静寂・・
それでも夏のエネルギーを飲み込みきれずにいる
すべてを振り切ったはずなのに
捨てきれずに 残存する幻影のように
秋への推移はもの哀しい
。。って 学生の頃ピアノをがんがん弾き語り
 そのもの哀しさの雰囲気に酔っていたんだなぁこれが・・(笑)

ぴぃさんの風の街で
 平原綾香さんの素敵な晩夏
ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
秋風の心細さは コスモス

何もかも捨てたい恋があったのに
不安な夢があったのに いつかしら
時のどこかへ置き去り

空色は水色に 茜は紅に
やがて来る淋しい季節が恋人なの

丘の上 銀河に降りるグラウンドに
子供の声は犬の名をくりかえし
ふもとの町へ帰る

藍色は群青に 薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす
輝きだす

藍色は群青に 薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす
輝きだす

posted by とし at 22:33| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいですね〜。私はこの曲に確かNHKのドラマで出会ったと記憶しているのですが、なにぶん古いことなので定かではありません。

こちらフィンランドは1週間ほど前から雨がちになって気温も下がり、晩夏を通り越して秋になってしまったかのようです。もう少し夏が続いてくれてもいいのですが。日本はまだ夏真っ盛りといったところでしょうか。
Posted by Sommoro at 2008年08月16日 22:57
■Sommoroさん
おはようございます。
北京五輪にわく日本です。
そしてまだまだ,夏は盛りです。
でも,昨日は豪雨で,今朝はとても涼しい朝を迎えました。

そうですか・・。そちらでは,もう足早に夏は行ってしまいましたか。

ユーミンの晩夏。淡々と進むメロディーラインは哀愁です。そう,とても懐かしい歌ですね。
Posted by とし at 2008年08月17日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104801638
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。