2008年06月28日

■偽文士日碌

しばらく,書にふれる・・といえばお仕事関係ばかりだった。
瀬名さんの「八月の博物館」を読んだのが最後かな。

でも,先日うれしいこんなニュース
73歳の巨匠筒井康隆氏が,新たな挑戦。

2008年6月24日、自身のコンテンツサイト「笑犬楼大通り」をオープン。ブログコンテンツが「偽文士日碌」:「日碌」の「碌」の字は「碌でもない」の「碌」だという。

「いわゆる文士という気骨のある人物は現代ではパロディでしか存在し得ないから、まさにそれを演じてやろうというのが、一方では役者でもある、パロディの得意な作家としての発想なのだ」


星新一氏のショートショートから始まり,小松左京氏を経て現在の瀬名イズムに至るまでの,私の大切なSF遍歴(笑)のお一人に筒井康隆氏の秀作がある。作品もいくつかドラマ化されてきたが,つい最近のドラマ「サトラレ」原作: 佐藤マコト(講談社『イブニング』連載)は,氏の「七瀬ふたたび」を彷彿とさせ,なんか懐かしさを感じちゃったくらいだ(笑)あ,これは,あくまでも私の勝手な個人評ね。

瀬名さんのサイトとともに,これから拝読するつもり。青春時代,私自身の思考ベース『SF』が,今でも静かに元気なのがとてもうれしい私でした。
posted by とし at 10:17| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
書ですか・・・・現任校に来てからは全く読んでいませんね。仕事関係の書以外は。
もうしばらくはこんな生活が続きそうです。(いつまで続くんだろう)

のんびりとSFでも読みたいです。
(でもホントは西村京太郎だけだったりして)
学期末がんばりましょう!
Posted by hirarin at 2008年07月05日 16:58
■hirarinさん
こんばんは。ありがとうございます。
ほんと・・あっという間の学期末ですね。
違うお友達のBBSにも学期末の書き込みをしてきたんですが,
学期末=忙しなさが直結です(笑)

教生さんのご指導や,授業研究ほか,
お忙しい日常がひしひし伝わってきます。
あ,私も,サスペンスもの好きですよ。
夏休みも,きっと様々な研修がおありでしょう。
お体お気をつけて。
Posted by とし at 2008年07月05日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101710478
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。