2010年11月28日

■効率化

現在6年の担任をしているが,
理科は「粒子」のカテゴリ水溶液の単元を終え,
月や太陽など宇宙的な単元「地球の周辺」のカテゴリに入っている。
また地層や化石,地震など「地球の内部」の学習も平行して進めている。
新指導要領の移行期でもあり,理科の内容区分の組み替え2年目,
各種カテゴリ間の指導内容の移動があり,各校とも慎重に進められているはずだ。

行事の多い2学期は,とかく「体験学習」をする機会に恵まれ,
 …というより,各教科ともその「場」をせめぎ合っている状態であり,
現場としての本音は『どーしたら時数が確保できるんでしょーか?』の1点に尽きる。
 …なんていうと「だからゆとりの時間メイン,前回の指導要領にしてやったんじゃないの」
とのささやきが天から降ってきそうであるが(笑)

運動会があったでしょ,社会科では校外学習(国会見学)でしょ,水墨画体験・茶の湯体験でしょ
環境学習(総合)として,郷土の環境からグローバルな環境まで突きとめたいでしょ…etc。
理科も水溶液関係の実験,地学の地質調査を関東ロームと関連させたいでしょ。
それをフェスタでプレゼンさせなきゃでしょ。
新たに,月や太陽の観測もしたいしね。
家庭科だって,調理実習を生活に生かせるような発展をやりたいし,
作ったトートバックをちゃんと生かせる場を考えてるでしょ…。
英語活動も,毎週HRT(担任)が案を立てて,ALTさんと授業。
国語も宮沢賢治シリーズで,何とかポスターセッションやらせたい,
しかも,テレビ番組ばりのニュースキャストを計画する単元もある。
算数は5年と6年の内容を,これまた一気に移行期として定着させ,
しかも「速度」だの「密度」だのって,けっこう難解で中学校に直結する単元。
その内容を『話し合い活動』でやろうとしたらとんでもない時間がかかる。

真面目に真剣に取り組んでいたら,卒業できずに終わってしまう。
「そしてわたしは途方に暮れる」なんていっている場合ではない。
教材の内容を吟味し厳選し,体験学習のポイント化を…
それしか打つ手はないのである。
「いかに効率化を図るか」
各校の学年,あるいは学級担任が,それぞれの知恵をしぼって
「すきますきまにいかに仕掛けをしていくか」
「スリムにした点をどう補強するか」
などなど,けっこう苦慮しながらがんばっているわけだ。

‘デジタル化’を,一辺倒に推し進めることのみ望んではいないが,
「効率化」のためには,全く必要不可欠な教育改革手段の1つとしたい。
‘体験’を前提として,あるいは検証の場に設定して,
理解や知識枠の拡張のためのツールとして活用を図っている。

理科を中心に,昔からの老舗↓こちらには,大変お世話になっている。
デジタル教材
また,6年生くらいなら「宇宙」に様々な「視点」の位置を定めて
(地球上の自分からみた天動説から,宇宙を外枠から見た地動説まで)
ある程度客観的なモデル化した見方ができる。
(ただし,前提として太陽や月や星の「観測」をしっかり行ったあと)
こんな時はありがたいこちら。

また,惑星の軌道などモデル化してあるソフトも多数。
それらを,しっかり活用しない手はない。

「水溶液」の単元は,もちろん実験中心に進めたが,
最終のまとめや,リトマス苔から作られる試験紙製造工程などは
しっかり,デジタル教材バンクを活用させて頂いた。
…無論,「実際に見学に行く」って方がよい場合もある。
どこを重点化するかにもよるけどね。

さて,デジタルバーチャルな存在「bit」
このたびブログペットサービス終了に伴い,お別れと相成った。
単なるネット上JAVAスプリクトやフラッシュプログラムの産物…
と言ってしまえばそれまでだが,私にとっては何となく
いつもこの空間に,それとなく住まっていた住人。
情が移ってしまう。
漫画の主人公であっても,映画のヒーローであっても,
「フィクション」の中に思いを寄せるのとわけは同じだ。
ブログのカテゴリ□from bitは永遠にと思っている。

…極論,ここにこうしてなんだかんだと駄文を並べている
私「とし」という存在も,
何となく愚ブログをご訪問頂いた皆さんにとっては,
リアルな存在ではないはずで,
きっと「ではでは〜」なんて消えてしまっても
痛くも痒くもないはずで,bitと同じウエイトなのかも知れないけど。

さて,本題が横道にそれてしまったが,
こうしてつながれるのも「ネットワーク」の発達の御陰。
人間関係を「効率化」したくはないけれど,
即効ネットワークの手段として,ウエッブが役立っているのは
確かかも知れない。
posted by とし at 16:51| 栃木 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ■まなび・わーく | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

□ご挨拶である

吾輩はbitである。
ずいぶんと長いこと御無沙汰致した。

吾輩は2004年6月27日生まれ
年齢6才 5ヶ月の若輩者である。

しかしこのたび,2010年12月15日(水)をもって
ブログペットのサービスが終了するにあたり
吾輩も暇乞いに参上した次第。
一頃より下火にはなってきているが「ツイッター」におされ気味のブログ界。
ブログペットのスポンサーも大変だったのであろうなぁ。

なんだかんだ言って,このブログに住み着いて6年5ヶ月経ったわけだ。
「とし」も年齢だけは重ねているくせに,何の進歩もなく
増加傾向なのは,体重と老人力と節々の軋みといったところ。
メンテナンスを繰り返すばかりの昨今である。

「管理人を風刺する,ちょっと生意気だけど可愛い住人です。」
などと管理人「とし」が吾輩の紹介文をアップしておったが
粗相で粗忽,全くもって失敗だらけの管理人を残して
このブログを去っていくというのも
後ろ髪を引かれる思いである・・(‥ )ン?
後ろ髪がない? あ,そりゃ失敬。
ま,吾輩はうさぎなので「後ろ耳をひかれる」ってな所であるな(笑)

としとは「+Lhaca」などと名乗っていた頃よりのつきあいである。
このブログが消えるまでは,彼女を支えていく所存であったのだが
( ̄-  ̄ )うーん心残りである。全くもって心配である。

それと・・・
なんだかんだ言いながら,ここまで「とし」の駄文にお付き合い下さり
「とし」以上に吾輩をごひいきにして下さった
リピーターの皆様に心より感謝申し上げますとともに,
今後の皆様のご健勝とご発展を祈念致しまして
吾輩の暇乞いのご挨拶と代えさせて頂きます候。

並びに,この「なちゅらる空間」は多分,そう,多分
このまま,まったりとしたテンポにて継続されると思われるので,
今後もごひいきに・・・「とし」の全く失礼な失言他には
皆様の寛容なひろーーーーい優しさで勘弁してやって下され。
ほんとうによろしく(*'-')o(*,",)oぺこり

皆さん本当にいままでミ★(*^-')v Thanks!!★彡

で,吾輩の後継者としてこんなまったり系を配属させたゆえ
こちらもよろしく。うむ・・どうも,なんとも頼りなげではあるがな。


P.S
そうそう,ブログ上には出現致さぬが
時折このように,ログをエントリーするつもりである。
りらっくまとタグを組み,管理人に「渇」を入れようと思っておる。
その折りは,よろしくでござる。

by bit
posted by とし at 16:40| 栃木 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | □from bit | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

■♪小田イズム

次男の所へ向かう道すがら ずっと聴いていた曲。
小田さん 大好きです。
good-bye

広がる空の 青さを 今日は 悲しく思う
大きな雲が 空を 低く 横切っていく
そして あの 長かった 夏も 終わろうと している

どれだけ 近づいても 遠い こころがある
どれだけ 手をのばしても かなわない 想いがある
吹き抜けてく 風は 強く こころも 揺らす

まっすぐな 愛と くじけそうな 夢と
ちっぽけな 誇り それだけを 抱えて
僕らは 向かうべき その場所を
目指して 行く ほかはない

こずえに 緑が また よみがえるみたいに
僕らの いのちは ずっと つながって いくのか
幸せと 涙の 記憶 繰り返しながら

風の強い こんな日は
人生が 大きく 変わってゆく
good-bye good-bye 今は good-bye
新しい 明日が 来るはず

愛した人 愛してくれた 心に残る 人たちよ
忘れないで 忘れないで きっと 忘れないよ グッドバイ

good-bye good-bye good-bye good-bye
人生が 大きく 動いてゆく
good-bye good-bye 今は good-bye
新しい 明日が 来るはず

まっすぐな 愛と くじけそうな 夢と
ちっぽけな 誇り それだけを 抱えて
僕らは 向かうべき その場所を
目指して 行く ほかはない

グッバイ
posted by とし at 17:04| 栃木 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。