2009年02月22日

::急いて::

梅や桃の花たちを押しのけて
気がせいてしまったけれど
サクラの背景にした(笑)

これから正念場を迎える君たちに
自分自身の桜のつぼみが
悠然とほころび
たくさんの花を咲かせますように

ブログペットのぶりーずの背景は
はらはらと桜の花弁が舞うように見えるけど
雪の中しっかり大地に根を張り
花冠をじっかと枝にほころばせる寒桜

君たちの冬は
きっとあたたかく優しさあふるる
そんな季節につながっていくよ

祈りを込めて
君たちへ
posted by とし at 11:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ::爽:omou:: | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

::生き方::

などと,大上段に構えるほどのエントリではないけれどね(*^^*)親となり,子育て・子への関わりの難しさを痛感する局面に何度もぶつかってきたし,またこれからも壁を目の当たりにするのでしょうね。。

私も,最終的には教育学部の理科専修で,工学部の院生さんにお世話になりながら半導体卒論の部屋に在籍したけれど,すんなり教員への道を選んできたわけではありません。栄養生化学研究の学部に半年だけ通った道外れ…オフコースな人間(小田さんほどに,まるでポリーシーが素敵だったわけじゃないけど)。
「やっぱりなー,相手は生きている人間・ヒトに関わる仕事がしたいなぁ。それもちっちゃい子達の。。」って,教育学部を受験し直したわけで(笑)そのときは,父も母もびっくり,半分本気で音楽の道にも行きたかったし。という途方もないいい加減な娘でしたから。両親「なんで・・今更そんな。」と苦悩の表情ありありでした。・・苦笑

長男の浪人受験や,その後あえて薬剤師の資格にはこだわらず薬学研究に没頭する途を選んだり,次男のコース変更や,人の途・生き方に関して考え始めたりしていることにしても,「なんで今更この期に及んで・・。」と苦悩する主人と私。でも,思えば,私自身がそんな歩み方をしてきているんだなぁ・・と実感しちゃったわけです。主人も「理系に進むとよし」なんて高校の担任にアドバイスされながら,社会科学れきしがく〜なんて物の魅力・深みにはまっていって,最終的にバドに命を捧げているし(笑)

迷いはここそこに散在していて,どの道を選べば正解かなんて,だれにも,もちろんその本人にさえも分からないし,「ああ,これでよかったの‘かも’」と漠然とうっすら意識できればまだラッキーな部類なのかも知れません。

二十歳を目前にしている次男ですが,混迷だらけです。・・まだ甘い。我々夫婦はそう感じていたのですが,自分で一応の仕事をしながら,違った勉強をはじめ,免許も取得したいらしく「独り立ちしたい,家を出る」なんて言い始めました。そしたら次男,一昨日より発熱(笑)バイトには行くなんていてるけど。

私はハーフ世紀を生きてきた程度の人生しか歩んでいません。無難にまじめに当たり前に・・と子どもたちに切望してしまう。でも,子どもたち二人にとっては,これからまだまだ,それも,一番多彩に自分の生き方に希望がもてるとき。親の思いなんて,子離れできてない証拠なのかも知れませんね。

さてと。大きく深呼吸かな,とりあえず。母さんが私にしてくれたように。
子どもたちにとって,そんな母さんとしての砦でありたいな,ななんて。ね,母さん   ・・・(笑)
posted by とし at 14:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ::耀:ikiru:: | 更新情報をチェックする

::1/2century::

昨日私も誕生日を迎えた。大きくepochとなる年代かな。少し前,主人をからかって笑い話にしていたが,40代とは,また大きく違う節目にちょっとした感慨がある。

長男から電話をもらったり,受け持ちの子からも祝福してもらったり,お姑さんが通販で取り寄せてくれたプレゼントがあったり・・あ,次男はかぜ気味でまた熱が出ちゃって,今背中の方で眠っている(違うタイプのインフルエンザでないといいけど・・)

で,主人から。最近セロリスト・「ウサギ」気味の私(笑)には,ここ何年かウサギ柄のマフラー,ウサギ型のポーチ,ウサギの手帳etc..,ウサギの・・のプレゼントをなぜかチョイスしてくる彼。年甲斐もないのだが,結構気に入っている(笑)今回もウサギの枕だった。私の中にいる「ウサギ」は,結構な辛口コメンテイターで,雑雑とした諸事を「ウサギ」の視点から解説している。主人も「ウサギ言」に関しては屈服の方向である(笑)

どこぞの前ソフトボール監督の声色をまねて「ウサギ監督」としてスポーツ解説にも乗り出す始末。『うーん,あの段階でシュートを決められないという,今回の決定力不足のサッカーはダメですねぇ。最近の男子スポーツはふがいなさすぎますねぇ,あ,よし・よし・よし・よ〜〜〜し!と言う瞬間に出会えません。』なーんてね・・あ,これって夫婦漫才次元でしたねぇ。あ,そうね,きっと生まれかわったとしても,こんな夫婦漫才のできる彼を伴侶として選ぶでしょうね,私(笑)

小田さんが1番,瀬名さんが2番,ずーーーっと間をあけて3位に主人・・というあこがれランキングが私の中にあったのだが,最近順不同になっている。3位はピアノ君である。「うう,新参者に3位の座を奪われたか。」と嘆いている主人。小田さん・瀬名さんに関する「愛度数」に関しては否応なく認めざるを得ないらしい(笑)

と,そんなわけで,半世紀を生きてきて,しかもそのまた半分近くを主人と共に歩んでいる私。よく,私なんかを選び,伴走してくれたなぁ,ね,おーちゃん。。人生の折り返しをとうにすぎ,次第に腹をくくってきた部分もある。意地悪ばぁさんや意固地な年寄り部分も散見する今日この頃?なのかも知れないが(笑)ま,いや〜な小姑みたいに職場のお荷物にはならぬよう,粛々と生きていきたく思う。

そして,こんな私でも,この世に「生」を授けてくれた父母,育ててくれた家族に感謝。こんなヨメでも,あたたかく支えてくれた主人の両親にも・・。歳と共に「ありがとう」の気持ちが重なっていくのを感じてしまう。(o^-^o) ふふ♪さて,また普段を当たり前にしっかり生きていけるように,ささやかに過ごせますように。。そんなマイバースデー。

・・あ,もちろん,ネットのお仲間にも感謝です。メールもありがとう!((*'-')o(*,",)o何人かの皆様に私信・・)
posted by とし at 10:29| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ::爽:omou:: | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

::春一番::

昨日は,春の嵐。
キャンディーズではないが「♪はるいちばんがぁ〜」である。
目映い陽光は,すでに春の香を引き連れてきた。

この時期,本能的に絶対に行きたくなるのは「鎌倉」
職業柄,修学旅行の下見に行かされてきたからなのか,
自然にからだが,そっち方面に歩みを進めようとする(笑)

で,病み上がりの儚げな愛妻(σ(^^;))をおいて,
主人はのんのんと職員旅行に旅立っていった。
多分に春のかぜいっぱいの箱根方面に(笑)
いいなぁぁぁぁ。
・・春のたより
いろんなところに届いているのでしょうね。

さて,ネットのお師匠からメールをいただきました。
3年間の単身赴任を終え,ふるさとに帰省されるとのこと。
私がこうして,ネットを通して緩やかに交流ができるのは
お師匠たちASHIKAGAの皆さんとの出会いがあったからです。
2000年にHPをアップして9年。
たくさんの方との幸せな出会い・・感謝です,お師匠!

また振り出し,初心に還って新年度に向かおうかなと。
小中一貫のシステムに移行していく勤務校。
新たな制度,教育環境・地域情勢など・・
先を見越しながら進んで行かなくちゃなりません。
沈没しないように,コンパスをしっかり見据えながら。

春うらら
いつも,この時期
ほんわかな くうきの流れ
ソフトブリーズに後れ髪がそっと揺れる

和やかな日だまり
啓蟄 虫たちのざわめき

・・反面
 ヒトの生きる術
原点としての自然
 地球の慟哭を
 畏敬の気持ちを
忘れずに 感謝しながら

さて,またスタンバイ・・
posted by とし at 14:55| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ::爽:omou:: | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

::彩り::

昨日月曜より,インフルエンザのため休暇をいただいている。高熱は出なかったものの,節々がきしみPCやTV画面,音声などまるで受け付けなかった。主人が「小田さんをかけてあげようか?」といっても「小田さんに,インフルエンザがうつるといけないからいい。」と断ったほど(笑)

日曜日,それほど熱はないのに咳き込みがひどく,ふらふらしながらかかりつけのお医者に行った。様々な容態の患者さんであふれそうな待合室,2時間あまりソファーにぼーーっともたれかかっていた。呼名され第1診察室に入る。
「お世話になります。クラスにインフルエンザのA・B型両方います。」
とだけ告げ,げんなり微笑む(笑)
「ああ,それじゃまず検査しよう。胃と貧血のお薬はちゃんと飲んでる?」
(ーー;) 貧血の方は・・なのであるが
「はい(。--)ノ」とよいお返事。
鼻腔の奥の粘膜を長い棒でつつかれて,程なく検査終了。追って愛らしい看護士さんが
「あらぁ,しっかりB型出てますねぇ。すぐ出ました(o^-^o) ♪」
と嬉しそうに報告してくださる。・・あのねぇ,何もそんなうれしそうにしなくっても。
「じゃ,リレンザをだしときましょう。あと何か?」
「えっと胃のお薬がもうないです。」
「では併せて2ヶ月分だしとこうか。」
「はい,お願いします。」
運転もやっとこさで自宅にたどり着いた。主人は部活でどうにもならないし,自分のことは自分で・・。こんなに辛い運転も久々だったなぁ(笑)

昨日休暇。申し訳ないが,補教案を日曜日の折り教頭先生にお伝えしたものを確認し,2階の仕事部屋に自主隔離。お姑さんに感染したら命にも関わるし・・。レトルト物お粥とペットボトルを持ち込んでマスクを厳重にして布団にくるまっていた。主人も栄養剤の用意や暖房完備をしてくれた。

いつもは,素っ気ない次男が,ふと枕元へ氷枕を運んできた。
「今日は学校休む。」
「え?」
「だってかぁさん,ひとりだろ。」
「・・・。がっこう,ちゃんと,いったほうが・・単位も。」
しどろもどろになって,言葉にならなかった。
「実技は明日代わり受けてもいいって。もう連絡した。」
次男にこんな言葉をかけてもらったのって,初めてかも知れない。
リンゴをすりおろしてくれたり,お粥を温めたり。側にいてくれた。
私は,この子の何を分かったつもりになっていたんだろう。胸が痛んだ。二人の子どもを生み育ててきてよかったな。母であることがこんなに幸せに感じたのは,初めてかも知れなかった。

KAZUMAさんのサイトにアクセスすると,幼いお子さんの誕生後のお若いご夫婦のさりげない日常のブログや,久々の「音」がアップされていた。あんなころもあったっけ。ぶら下がるようによちよち歩いてたころ。夫婦二人だけの貴重な時間が欲しかったころも(*^^*) 女はいつの間か,ヨメになり,妻になり,母親に終始するようになる。でも女は女だ。・・でも,やっぱり母である宿命。命はこうして繋がっていくのかも知れないけど。

何曲かをDLさせて頂いた。生きていく彩りに,ピアノの音は優しい。
posted by とし at 20:10| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ::奏:oto:: | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

::ウィルス::

私信(笑)
みーやママ、ありがとうです(^^)また会えるかな?
それまでに、快復目指すね(^-^)
posted by とし at 21:46| ☁| ::爽:omou:: | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

::For you::

杉本竜一さんの曲をピアノで弾いていた。
NHK「生きもの紀行」のオープニングやエンディングとして採用され,小学校などの合唱曲としてよく歌われる。歌詞もメロディーも勇気がもらえる・・。伴奏をしながらうるうるしてしまったこともあった・・
【作詞・作曲】杉本竜一
「Believe」

たとえば君が 傷ついて
くじけそうに なった時は
かならずぼくが そばにいて
ささえてあげるよ その肩を
世界中の 希望をのせて
この地球は まわってる
いま未来の 扉を開けるとき
悲しみや 苦しみが
いつの日か 喜びに変わるだろう
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

もしも誰かが 君のそばで
泣き出しそうに なった時は
だまって腕を とりながら
いっしょに歩いて くれるよね
世界中の やさしさで
この地球を つつみたい
いま素直な 気持ちになれるなら
憧れや 愛しさが
大空に はじけて耀(ひか)るだろう
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

いま未来の 扉を開けるとき
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる
 
「Tomorrow」

時の流れ いつでも 駆け抜けて 行くから
優しさだけ 忘れずに 抱きしめていよう
大空を 自由に鳥たちが 光の中 飛びかうように
夜空から こぼれた星くずが 波の上を 滑るだろう
tomorrow tomorrow
 また明日が 素晴らしい夢と 素敵なメロディー
 運んでくれるだろう
tomorrow tomorrow
 明日を信じて 翼ひろげ 飛んでみよう

風の中で 聞こえる かすかな 叫びが
誰かから あなたへの ほんとの気持ち
旅立つ あなたに伝えたい とまどいや悲しみを越えること
木漏れ日が 空にクロスして 虹のかけらに なることを
tomorrow tomorrow
 また明日が 素晴らしい夢と 素敵なメロディー
 運んでくれるだろう
tomorrow tomorrow
 明日を信じて 翼ひろげ 飛んでみよう

「この星に生まれて」
どんな言葉で 飾るよりも
生きるちからを 持ちつづけて
はるかな空には 虹も輝くから
つよく つよく 歩きつづけて
河はゆるやかに 時を旅する
広い宇宙の 風に乗りながら

Dreams come true
together 夢をすてないで
Dreams come true
together かならず叶(かな)うから
posted by とし at 21:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ::耀:ikiru:: | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。