2008年03月30日

■ブランク

久しぶりに,about me・・・
about meC より滞っていましたね(笑)
昨年の7月以来です。そして「とし」のHNに戻ってちょうど2年目。新生「とし」は2006年3月からスタートしたのでした。

「Lhaca」という名前で語りはじめ
+で少しバージョンアップし「+Lhaca」
いつの間にやら昔の名前「とし」
さて,2006年より伸ばしていた髪 本日切って参ります。
お世話になっている美容院のマスターに
久しぶりにお会いしてきます。

onep-01



昨日も異動の片付けに行ってきた
おきっぱなしだったフルート
誰もいない校舎の中で吹いてきたよ
どれくらい間が空いただろう
第一音 ぼろぼろ・・・
息切れが激しく 指使いも覚束なく
タンギングすると音がすかすか
バッハのソナタもよろよろ(笑)

とりあえずロングトーン
ドビッシーの亜麻色・・と バロックの何曲か
とりあえず 指は動いた
でも 音がなかなか抜けない
靄がかかったまんまだった
ブランクの大きさを思い知る
心のゆとり なかったこと思い知る


あばうとなabout me D
・・あらら〜また異動の片づけ覚束なしの私
これでも いろんな思い出振り切ってるのよ(笑)
posted by とし at 09:10| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

■君を待つだけ

異動が決まって,何かと気ぜわしい日々です。
様々なデータや書籍,一気に整理整頓中。

・・うーん
繊細で緻密なはず(笑)のA型なんだけど
どうも身辺整理が苦手
紙メディア 山積したいろんなもの
左右に移動はするけど 思い切って捨てられなくて・・
 でも,今回随分善処して 私らしくなくスリム化しました。

PCの中のワープロ・テキスト・表計算データ等も
整理整頓 時に画像類 おもたい

やること たくさんあるのに
優先順位が間違ってるから
手際よく進まないのでしょうね。

そんな中,主人は学年の打ち上げで韓国に逃亡中
・・本日夜中に帰国予定
  早く帰ってこないかなぁ・・
posted by とし at 06:05| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

■伴走

じょぐ本日,主人の朝ジョグにおつき合いした。と,いってももちろん,私は走れなくて自転車にて伴走。
朝起きたら,主人が子ども達をジョグに勧誘してたのだけど,二人とも「眠いし,花粉飛んでるから・・」と完全拒否。「おーちゃん,私一緒に行ってあげようか?」の一言で,6時頃,近くのたんぼ道をジョグにおつき合いと相成った。なかなかのハイペース。私の自転車のこぎ方では,追いつくのがやっとだ。

我が家のスイセン柔らかな朝日の中,畦道には,ヒメオドリコソウやホトケノザなどのパープルな草が密に並んでる。民家近くには,ナノハナやレンギョウやスイセンの黄色。ああ,こんな所にも春なんだなぁ…と私らしくもなく,はんなり(笑)

呆気なく,10KMくらいだろうか?(注:実際は6Kmでした)のジョグが終わり,家の門のところで腹筋・背筋・腕立て伏せを数十回。え?あ,もちろん私はやりません。つかれちゃうので(笑)

ハスとせろり〜主人は究極の花粉症だったのだが,最近「ハス効果」でマスクも着用せず,お医者のお薬も服用しなくてもOKになった。こんなに走っても大丈夫。これ,これです。「ハス」(愛しきセロリも一緒(笑)。(長男なんか,前回誘われて,マスク着用,瀕死の表情でジョグしていたけど(笑))

ウサギとマグウサギの小さなカップに一杯程度,生のレンコンを摺り下ろして絞ってハスジュース。もちろん美味しいものではないけど,「薬」だと思って飲めば続けられるようで,昨年から花粉の季節の1ヶ月くらい前よりスタンバって飲んでいる。・・しかし,胃腸の弱い長男は,1度服用したら・・お腹の調子が悪くなり続けられなかった。あ,そうそう,そのウサギのカップの隣の赤いスクリューキャップ付きの保温マグがね,早朝出かけていく主人のみそ汁入れです(笑)

これいっぱい のめるものなら・・のんでみろ!(笑)って,話ついでに,こんなマグカップもある。「これ一杯飲めるもんなら飲んでみろ!」カップである。ゆうに1g入る。夏のビールで挑戦している主人て,ただのAHOですねん(笑)

てぃーまたまた,話ついでだけど,今日の朝はレタスチャーハンとホッケ。いつものようにイチゴとセロリの野菜ものと,WEDGWOOD Wild Strawberryの「ウィークエンドモーニング」のお茶。このティーポット,カンサイさんデザインの愛用ものですよ。私がお茶好きって事で,お茶もポットも親友がさり気なくくれたんだよ。感謝。

あいてむさらについでに,ほらほら,ウサギカップとおそろいでクマカップがあるが,イメージは我々夫婦である(笑)木箱入りのアジアンなお茶,なかなかスパイシーな香でいいよ。最近ふらっと仕事してきた弟の土産。あと,ハスが飲めない長男は,「アレルスムース」ってポリフェノールヨーグルト飲料なんかを気休めで飲んでいる。

・・・伴走
なんとなく 日常
なんとなく 側にあって
なんとなく 無理せず走ったり 止まったり
そんな日々が
 ささやかな幸せだったりするのかも
  な〜んて思ったりした朝でした(笑)

posted by とし at 15:48| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

■愛の中へ・・

ああ
あたたかなが戻ってくるかな
風は 船の帆を満帆に張り
ぴぃさん お帰りなさい

さ また 私も歩もう・・
変わらぬ 大切なもの 心に抱いて

何の迷いもなく あなたを選んで
ふり返らず この道を 果てるまで歩んでゆくよ
誰にも 似ていない あなたはななたで
だから 僕はあなたのこと
かけがえのない ひとだと思う・・

僕らを乗せた船は
風と嵐と 陽の光と 闇をぬけて
季節の中を 流れてゆく

ねぇ どうして うつむいているの?
冷たい風に ふるえているみたい

きかせて あなたの声を
抱かせて あなたのからだを
心が 言葉を超えて
愛の中へつれてゆくよ

あなたが すべてを超えて
今 僕の眼の前にいる


ずっと かわらぬ心 そっとしまって・・・
posted by とし at 16:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする

■Every Breath

瀬名さんの新刊

エントリの中の,言葉。
>たぶん恋愛小説なのにまた難しいといわれるでしょうし、
>あまり売れないと思いますが、
>これまででいちばん読者の心に届く小説になったような
 自分を貫いて,でも,シャイにこう語る瀬名さん。
 やっぱり好きです。
・・・ではなくて(笑)
早速購入し,サイン会にも絶対行っちゃうぞ!うーん,春休み,私の身の行方も危ぶまれる中だけど,決心は固いのだ!!金曜日だし,東京だし,この間は長男にサインをお願いしたけど,ご本人に絶対お会いお逢いしたいのだ(はぁと)

なんと言っても,ラブストーリーであることと,こんなコラボレーションがとっても素敵なのだもの。

瀬名さんの創作活動に置ける鼓動と息づかい,堪能したいです。
posted by とし at 15:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

■graduation

そつぎょう・・
明日(もう本日になってる)は,勤務校の卒業式。放課後,5年生達が中心になって式場準備を進めていた。

お疲れ様。忙しなく,式の準備の細々を確認しながら一生懸命準備の指揮を執る5年担任。ひとつひとつの礼法指導を丹念に確認し,きちんとした形式を重んじながらも,卒業までの子ども達の思いを支え続ける6年担任。

私は,啓蟄から春分にかけての,こんな世代交代の時期が好きだ。少しだけ背伸びをして,背丈を大きくしようと,自身に心地よいプレッシャーをかける,そんな子ども達の推進力があふれるから。教員は,一気に押し寄せる子ども達の思いを受け止め,それぞれの個性で盛り立てていこうとする。教育界はきっと今が師走。大晦日にむけて,そして新年度という元日に向けて奔走しているのだ(笑)人事の異動も含め,様々な息吹が充ち,大地が動く如く組織も動いていくこの時期。

あと3日,あと2日とカウントダウンをしながら,6年間の小学校生活を閉じ,新たな進路に向かう巣立ちの6年生たちの,日を追う毎の必死さがたまらなく愛おしい。4月になればひよっこ同然,よちよちした足取りの新入生になるにもかかわらず,卒業を目前にした6年生達は,毅然として原寸大より大きく見える。

昨年はこの卒業学年の主任だった。今年,担任を離れた今,「当事者」という式に密接な立場から,少しだけ距離を置き,自然に呼吸できる位置にいるから,暢気なことが言えるのかも知れない。

ああだけど,つま先立ちの背伸び感や,カウントダウンしていく切実感の,愛しさや切なさ。きっと生きてきた分の「時」歴史の刻みと,限りある命への刹那を,漠然と察知しているのかも知れないな。

・・ゆめ・・さて,今年の6年生の夢は,こんな等身大の「自分」の装いに込めていた。パティシエ?ゲームデザイナー?武道家?医者?・・式場には,彼らと等身大の自分の夢が飾られている。5年生達が残って,職員と共に式場を整えているその様を,じっと見つめているようだった。

そっと餞に・・体育館への通路にある掲示板に,彼らの1年の時の集合写真と,現在の1人1人の写真を大きめにプリントアウトして,小さくメッセージを添えた。そして,音響放送担当の私は,静かに式の挿入曲のボリュームを確かめ,アナウンスとのミキシングをマイクテスト。いくつかのバロックと,卒業に因んだ何曲か静かに流した。

そして今,なかなか寝付けないまま,こんな時間になってエントリ(笑)
昨日レンタルしてきた曲を聞いていたんだ。ミスチルの「旅立ちの唄」6年主任の,心からのリクエスト曲。・・先日,次男が卒業の節目を迎えた。HPの表紙に綴ったみたいな気持ちが,寄り添うようで,合わせて借りてきたレンタル曲の数曲も,頭の中を巡っている。

卒業式,みんなそれぞれの想いを抱き,羽ばたいていけ!


・・背伸び・・(^・^)
posted by とし at 05:12| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ■client | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

■啓蟄

二十四節気にのって ふわり…と春があゆむ

立春(りっしゅん)2月4日ごろ
太陽黄経が315度を含む1日で 春の初め
 東風解凍:東風が厚い氷を解かし始める

雨水(うすい)2月19日ごろ
空から降るものが雪から雨に変わり 雪が溶け始めるころ
 草木萠動:草木が芽吹き始める

啓蟄(けいちつ)3月6日ごろ
大地が暖まり 冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ
 蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく):冬蘢りの虫が出て来る
 菜虫化蝶(なむし ちょうと けす):青虫が羽化して紋白蝶になる

お寝坊していた虫たちも
 頭をもたげ 額に春光を浴び
  もぞもぞ むくむく 動き出す 
すでに 空気は
 あふれるほど 春を讃え
  静かに 旅立ちの日を包む

せろり〜

■セロリスト
ずっと 究極の嗜好品 1日も欠かせない
あまりに 愛おしくて 水栽培
芯のセロリを育てちゃってる私です(笑)
posted by とし at 09:02| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

■商戦2

ちょうどマイバースデーイブ(2/19),東芝さんが「HD DVD」関連事業からの撤退・事業終息のニュースが流れていた。これにより、次世代DVDにおけるHD DVDとBlu-ray Discの「フォーマット戦争」が終了との見通し・・。
 HD DVDレコーダとプレーヤー生産/開発を停止するほか、パソコン用のHD DVDドライブについても、顧客の需要に配慮しながらも同様に量産を終了する予定。なお、現行DVDのレコーダ/プレーヤーについては事業継続するが、BD搭載レコーダ/プレーヤーの開発/販売計画は「無い(西田社長)」。HD DVDドライブ搭載の同社製PCについても今後PC事業全体の中で位置づけを検討していくという。
 今後は市場動向を見極めながら、フラッシュメモリやHDDなどのストレージ技術、次世代CPU、画像処理、ワイヤレス処理などの技術を生かした、新たなデジタルコンバージェンス時代に適した次世代映像事業の中長期的な新戦略を再構築していくという。


よく比較事例に取り沙汰される1980年前後の「VHSとβのビデオ戦争」。ソニーは,ビデオBetamaxWikipediaの市場撤退を余儀なくされたけど,一つ,ソニー魂を感じるのは こんな所だ。2002年まで,製産及び開発を続行していた。しかもテープ自体は未だ販売している。

さて,ビデオテープレコーダーでは,ビクターが開発したVHSを選んだ松下電器が,早々と光学方式を採用した。これによって「新方式のレコード」は「光学方式」に軍配が上る。って「光学方式」=今のCDだ。

ビデオディスクは,ビデオテープレコーダーと同様にVHD対レーザーの規格争いが長引いた。しかし,レーザーディスクの優位が固まっていき,80年代に普及を始めた光学方式のCDが,同じ光学方式のレーザーディスクを後押ししたのかもしれない。

21世紀初頭より,激しい規格争いが繰り広げられている映像系での複数のDVD規格。ハードディスクレコーダーやD-VHS,次世代DVDといわれるブルーレイや青色レーザー。オーディオ系ではDVDオーディオとか、スーパーオーディオCDなんていうのもある。今回,その一つ「ブルーレイ」への軍配が上がり,「HD DVD」の終焉・終息を迎えたわけだ。

************

類似の淘汰的規格争いは,他にいくらでもあるのだろう。例えばデジカメ他の記憶媒体だってそうだ。
ソニーの「マビカ」ってご存じ?画像をFD(フロッピーディスク)に落とせたデジカメだ。前任校では,グループ1台ずつ重宝させて頂いた。画素数が低く子ども達が見学レポートを作成しても,OSWin95だって,それなりに重さを感じなかった。

勤務校,数年前まではコンパクトフラッシュだったし,私もスマートメディアを使ってた。

今ではハイスペックでしかもマイクロ化が進んでいるでしょ。マイクロSDなんて代物は,おっちょこちょいの私なんか,風に吹かれて紛失してしまいそうだ。ぺったんこの携帯電話(…電話機?かなんだか不明な端末(笑))のスロットに入れても,たくさんの画像や音源をキオクできるようになっているからだろう。

ちょっと油断してたら,ソニーだってメモリースティック対応の機種は販売してないって。勤務校で「サイバーショット」をソニー賞受賞のおりいただいたものが数台あるので,カードもメモリースティックで揃えよう・・なんて思っていたら過去の物になっていたのだ(笑)・・笑えない・・でメモリースティック「デュオ」っていうminiSDくらいのカードになってしまったため,アダプタを購入。デュオの使えるおニューデジカメを購入することにした。

だいたい,PC自体も,FDスロットはすでにない機種が多く,あっという間にバージョンを更新してきたUSBに取って代わってしまった。結構長生きしているのはスカジーポートくらいなもので,あれよあれよの様変わりだよね。

で,今ネット機にしているこのiiyamaPCは全面に,メモリーカードリーダースロットがついている。・・私はデジカメの代わりに,携帯で軽い画像をminiSDに落としているため,このPC(WinXP)は真に重宝だ。・・でもSDカードにそっくりなくせに,スマートメディアはおっき過ぎて入らない。┐( -"-)┌ヤレヤレ...である。だから,スマートメディア関係は,スカジーポートから読み込んでいるんだけど。うーん,小さくなりすぎていくのも,なくしそうで怖い私(笑)

我が家の,大正生まれ元通信兵おじいちゃんは,結構メカに強く,DVDビデオは編集するし,SDカードスロット付きのでっかい画面のTVを買っちゃったし,我が家で真っ先に「ケータイ」を使い始めた先駆者でもある。あーそう言えばビデオカメラだっていろんな変遷があったよね。ノンプロビデオカメラマンのおじいちゃんは,その歴史に関わる何機種も所蔵しているのだからびっくりでょ(笑)

でもね,いつまでも長く使い続けられる,息の長い規格品もあるといいのになぁと感じるこのごろ。紙メディアに日記他報告文なども,しこしこしたためていた頃,筆記用具と紙があればよかったんだものね。回顧・懐古である。おっと,短絡的に後ろは振り返らず,「不易と流行」の真価を見極めていくべきか(笑)
posted by とし at 11:05| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■kiso-paso-IT | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

■桃の花が・・

慰霊祭Februariaの主神の月:february・衣を更に重ねた衣更着の月:如月から
軍神Mamersの月:march・木草弥や生ひ月:弥生へ。

不思議ですね。
和名:弥生,陽のひかりが和らぎ「桃の節句」を象徴とする3月は
ユリウス歴では,ローマ神話が基調になっていて「マルス」の月。
やっぱり私は「和」の風土の情緒に惹かれるけど
それが,丸い地球上での捉え方,歴史のちがいなんでしょうね。

おひなさま我が家には女の子がいなくて
嫁いでこの方ひな壇を飾ったことがありません。
みーやママのお宅には愛らしいお雛様
そんなエントリにほっこり心が和みます。
ああ,ねこちゃんのとこの姫ちゃんもお節句だね。

女の子はいないけど
いつもながら 小さなスペースに お雛様
小さく飾って 桃の節句(笑)
女の子の厄除けと 健康祈願のお祝い「桃の節句」

健やかに 愛らしく
そんな願いを込めて・・

ほっと 春が顔をのぞかせ
春のぬくみに 弥生三月・・

posted by とし at 10:33| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。