2006年08月29日

■撮影会

 本日,‘サイン会’及び‘撮影会’のハードスケジュール慣行により倒れていた(笑)(あ,もう翌日になっているから,正しくは「昨日」8/28か。でもいいや)アイドルとは,かくも厳しいスケジュールをこなさなくてはならない宿命にある。昨日も,オヤジさんの会で睡眠不足。しかも本日の撮影会のため,「午後8時以降は飲食禁止,朝は水だけよ」令により,ダイエット遂行。。ち,ちがうって。持ち前の素肌を際だたせるための措置である。

 過日,ドクターから渡された‘連判状’及び‘甘い囁き’により,服薬&御注射後,第3スタジオにて『ポートレート』を作成。「高性能・しわや色素や突起までごまかしはきかないわよカメラ」使用。化粧など施さず,細部まですっぴん素肌・生組織勝負である。さらに,連写にて,各アングルを麗しくアイドルっぽく撮影完了。及び,多少の残留項目事項検査完了。その小一時間後は意識不明。催眠導入薬のため眠っちゃったのだ。
 「はい,お体,いかがですか?」・・・やさしいコールで覚醒。グラビアの基となる,小さな数コマの証拠写真を提示され,敬愛するドクターと二人きり・・(いや,愛らしいナースさんも同伴だったのが残念だったが…)密談。一ヶ月後,再び撮影会のアポを取り交わした。
Dr.「うーん,また再発だな。」
toshi「やっぱりですかぁ。」
Dr.「ここの所だけど,組織的には良性だから悪性腫瘍等心配はいらないよ。」

サランラップ否ランサップ(笑)…はいはい,ってわけで胃カメラ飲みました。ま,予想通りの結果でした。pylori菌・・Helicobacter pyloriも一緒に同居してるって言うので,先ずはそちらの撃退から。

↓こんなお薬を処方して頂いた。
◇lansap800 ◇添付
こんなサイトもあるのね〜(笑)→ ◇m3.com


・・・。
posted by とし at 04:27| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ■なんとなくscience | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

■ゆにふぉーむ

かき氷やさんだいテントでくつろぎ(^^)テント生活
オヤジさんの会,盛況のもと無事終了です。
お父さん,お母さん方,本当にお疲れ様&お世話になりました。
カレー&御飯炊きカレー作りおいしいぜぃ
昨日は曇天ながら,とっても楽しい一時。やり放題『水中ポートボール』スイカ三昧『テント生活』恒例『カレー作り』『花火』夜間『学校の怪談・ウォークラリー』などなど(笑)
花火大会・・お化けはもうすぐかたづけもしっかり〜


 私は,本日朝どうしてもはずせない主婦業があるため,最後『お化け役』を遂行した後,昨夜11:00近く帰宅しました。そしてね,キャンプの朝恒例「ラジオ体操」に間に合うべく,洗濯をすませ,次男のお弁当づくりをして,現地に向かいました。あんまり,帰宅の意味なーしって感じかな(笑)
 キャンプの朝ご飯のおみそ汁づくり。ふふ,今朝は2回もみそ汁づくりをしちゃいましたね。何気ない,他愛ない子どもたちやオヤジさん,おかーさん達との会話が魅力のこの学校開放キャンプです。若いオヤジさんたち,しきりに私の包丁さばきをチェックしましたね。「ほぉ!」って意外な表情。(* ̄- ̄)ふ〜んうまいもんでしょう。だてに長く主婦はやってないので。実験器具しか持たない女って思ってたでしょう(笑)
◆+◆+◆+◆

えぷろん今回ね,なんか,またエプロンを新調しちゃった。発作的に(笑)デニムのおっきなベストみたいに,すっぽりガボッと被ってしまう,ペーズリー柄のおっきなポケットつき。帰宅して,第弐弾の洗濯物を干しちゃったけどこれです。

 エプロンをすっとかけるとね,一応主婦みたいな気になるんですよ。かーさんとして,子供と接したい時は,エプロンかけちゃいます。3年生の理科の時もソウカナ・・・。白衣は理科屋さん&版画印刷用だし(笑)。@放課後「号令かけ&引率だけ」相撲部・水泳部・陸上部の時はトレパンとジャージ。・・その時その時,自分へのけじめみたいなもの。たしか,以前にも同じ様なエントリしてましたね・・。
 エプロンは手作りのものも含め,結構あるかも知れません。割烹着・前掛け・・。あ,あのね・・・ミスドーでも,ポイント集めて茶色の物を先日いただいてきたばかり。だって,天の声が囁くんですもの「今日は家族がドーナツ日和を望んでいる。」って。ははは。。白衣は学生の頃から,ポケットに悪戯刺繍・落書きをしちゃうのが趣味だし@としマーク(笑)
お仕事がoffみたいな時は,デニムや,ジーンズで職場へ向かいます。本日もオーバーオールで若いっ子ぶりっこでした。えへへ。

◆+◆+◆+◆

 で,「あれ?なんか先生今日はちがってるな。いつもと違う。」
「うんうん。なんかちがう。」
しきりに1・2年生のちびちゃん達がまとわりついて,洋服や束ねた髪を引っ張ります。5年の担任だから,こんな格好をするの,はじめて見たんでしょうね。
すかざず・・「そっかな,かーさんのとしせんせいだよ。」って答えたよ。

 保育園や幼稚園の職員の皆さんの気分でした。そういえば低学年,ずっと持ってなかった。。また,担任したいな。そしたら,ギンガムチェックのピンクのうさちゃんエプロン買っちゃうんだ〜(笑)
posted by とし at 13:06| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

■おやじさん再び

さて,本日午後から学校開放。
久々の親爺さんたちの会です。
あぁ,やっぱり曇天。星が見えません。

プラネットのお話しを,ホルストの惑星とともに語ったり,
そのいきさつや,モデルづくり・・
ってところに落ちる計画でおりました。
タイムリーな煽りの入ったマスコミ陣の取りざたに,かえって感謝。
どんな動機付けであれ,興味に火をつけてくれたでしょう。
でも,冥王星,月より小さいっていったら,びっくりするでしょうね。
 ̄m ̄ ふふ(笑)
結構,ネット情報による,表面上での議論の横行しかなくて,
本当のお星様たちをきちんと,自分のものに感じないとね。
そこが科学の素敵なところです。
自然,宇宙の未知の悠久さは圧巻です。

定義や理論構築という側面のみならず,
カガクするバックボーンに,感受性やココロは大いに大切。
パブリックに,普遍性を求め公正であると同時にね。
科学は,論だけで運ばれる無味乾燥&冷徹なものではない。
誤解をされている方もいらっしゃるけれど(笑)
科学者さんの中には,音楽家・芸術家裸足の方は多かったりするんです。
科学者さんて,とってもロマンティストです。(*'ー'*)♪

本日,下野の国,かなり涼しく,
アブラゼミの鳴く声も一層せわしなく,
ちょっぴりさびしそう(^^)。

おっと,それじゃ行ってくるでござる〜。
posted by とし at 12:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■client | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

■さてと。

目一杯 水辺ではしゃぎすぎた子供
何年もの間 地中で眠ってた蝉が
 一頻り 自分の存在を 震わせながら
  一頻り煽り立て 騒ぎ立てる 時雨
そして さんざめく 星たちの遠い叫び

ふと そんな午後・・

 私は 還るよ そこに
  そして また 戻るよ そこに

 リアルな 仲間達のもとへ


さてと。
..クライアント達元気かなぁ..
..2学期スタートの準備 できてる?..>自問自答(笑)

 
posted by とし at 18:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

□ほよよ:一時伝言

ご無沙汰である。吾輩はbitである。
かねごんさんのコメントが入力できない件と,
selgaeさんのTB受け付けられない件で,
としは,何度かHTMLや設定を,ずーーーっといじっていたが,
どうにか自分自身でのTBはできるようになったらしい(笑)
まったく,自分でさえTBやコメントできなくなっちゃってるって
一体どんな設定してるんであろう・・>とし
・・・( ̄  ̄;) うーん怪しい(笑)

それに,ネットの友達と,過日オフをしてきたが
新しいメールをもらったのに,返信もできないし!<Gめーる
。。暑気あたり,夏負けの諸症状が顕著な今日この頃のぱそ。。

前略
○○ちゃ〜んメール返信できませ〜ん。
アドレスが文字化けしてます。
少しだけ待ってね。

あ,いろいろきいてもらってありがとう。
お互い,似てる境遇,がんばりましょう。
草々粗相 とし

こんな書き置きしてたが
「あ,ケイタイに連絡すればいいのか〜」って
後で気づいてたし┐(-。ー;)┌ヤレヤレ(笑)

ふろむ びっと
posted by とし at 15:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | □from bit | 更新情報をチェックする

■Who Moved My[Pizza]?

手元に『Who Moved My Cheese?』の和訳(『チーズはどこへ消えた?』Spencer Johnson がある。
‘ネズミでも人間の場合でも,非常によくできた目論見が外れることが屡々ある’
以前ベストセラーとなり,主人がそれとなく求めてきた書だ(笑)
迷路の中で生きる2匹のねずみスニフ・スカーリーと2人の小人ヘム・ホーを中心に書かれた寓話。いつもの所にあるはずのチーズが突然なくなった2匹と2人のとった行動。『チーズ』が象徴するものは?同じく迷路の住人である私たち人間にとっての『チーズ』を求める行動は?
・・って感じ。
ネタバレあり(*- -)(*_ _)ペコリ:「チーズを手に入れれば幸せになれる」「大事であればあるほど それにしがみつきたがる」〜「古いチーズに速く見切りをつければそれだけ新しいチーズが見つかる」なと,状況の急激な変化への対処を,『チーズ』と『迷路』を象徴とし,シンプルに展開される。単純に
変化は起きる・変化を予期せよ・変化を探知せよ・変化に素早く適応せよ・変わろう。変化を楽しもう!・進んですばやく変わり再びそれを楽しもう
といった運びだ。
・◇・◇・◇・
え?本日のお題は,「チーズ」じゃなくて「ピッツァ」じゃないかって? あ,そうだったね(笑)…でもね,ピッツァといっても,学力論争を蒸し返そうというものではない。
My Very Earnest Mother Just Served Us Nine Pizzas』.
(私のとても真面目な母が,ちょうど私たちに『ピッツァ』を9個出してくれた)
英語圏の惑星の覚え方で,日本の「水金地火木土天海冥」にあたる。
M- Mercury, Ve- Venus, Ear- Earth, M- Mars, Ju- Jupitar, S- Saturn, U- Uranus, N- Neptune, 『P- Pluto

・・実は,この『P-Pluto(冥王星)』が,ニュースで持て囃されているとおり惑星リストから消えた。つまり惑星の語呂合わせの中から『Pizzas』が消えてしまったのだ。
冥王星は惑星だろうか
本日のアメリカの新聞の見出しは「可哀想なプルート」と…。アメリカ人のC.トンボーによって1930年に冥王星が発見されたため,きっとアメリカでは特にこの『ピッツァ』たるプルートへの思いが強いのかも知れない。

チェコのプラハで行われている国際天文学連合総会。
過日の,「セレス」「カロン」「2003UB313」が新たに惑星となり『水金地火セレス木土天海冥カロン2003UB313』(笑)も,実は,追加になるのが,アメリカの観測チームの主張する太陽系10番目の惑星「2003UB313」・火星と木星の間にある小惑星帯の天体「セレス」・冥王星の衛星「カロン」だった・・・。

発見者を見ると・・第10惑星になりそうだった【2003UB313】は,カリフォルニア工科大のマイケル・ブラウン,そして今回消えてしまう【冥王星】は,C.トンボー。両者アメリカの学者さんたちである。

 9つの惑星に,アメリカの学者さんが発見した惑星が連ねられるか…のある意味,学者さんの存亡のかかった主張。それが,一転,唯一アメリカの学者さんが発見した冥王星が外されてしまうことになったわけだ。
 ディズニーアニメでも,なかなかのキャラをもつプルート。アメリカンな思いもちょっぴりせつなく伝わってくるよ。
・◇・◇・◇・

 さて,科学学会の中で『ピッツァ(P-Pluto)』は消えたが,『チーズ』と『迷路』のごとく新たなる『ピッツァ(P-Pluto)』の発見を期して,天文学者さんたちも,邁進されたし・・。そう願っている。宇宙なんて∞さ。

■追記■
かねごんさん,やっぱり学会ってところは難儀なところなんでしょうか・・。
junikeさん教材の会社では,惑星減っちゃうと大変ですよね・・。
せんせい,やっぱり宇宙はそうやってそこにある,自然って悠久。ほんとはそんな思いでいっぱい…(^^)
posted by とし at 09:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ■なんとなくscience | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

■HGフォー!

 この世の中には,体質,気性,心象を問わず,かくも多種多彩多様な人間が存在する。最近,痛いほどよく分かった。物事とは,少し離れたり斜めったりすると,よく見えてくるものである。その人なりの器が。如何なる的確なエントリをしたとしても,文章はその人となりの鑑。他ログへのコメントなどには,つい『本音』をのぞかせてしまうものである(冷笑)急にはしゃぎだし「過激な冗談ばかり他のblogで連発症候群」等もその症例の一つである。お〜っと,それって私だわ。自戒,自戒っと(笑)
 一例として,さださんが熱く軽やかに謳う「恋愛症候群」に於ける,その発病及び傾向と対策…血液型のタイプについて参照しよう。
年齢 性別 職業 ツベルクリン反応 郵便番号の如何を問わず 凡そ次のとおり
■開き直らねば何も出来ず ただ暗く爪をかみ 目が点になってため息ばかりの A型
■他人のことなど考えられずに 大切な花畑 平気で踏み荒らしてヒンシュクをかう B型
■今日と明日では自分同志で意見が分かれて 熱し易く冷め易い AB型
■その内なんとかなるんじゃないかと思っている内に 自分だけ忘れ去られている O型
であり,更に「もう一つの恋愛症候群」では(笑)
国籍、成績、月収、貯金、単身赴任 賞罰のあるなしにかかわらず凡そ次のとおり
■なにしろ気がつきすぎるから人の悩みまでしょい込んで 疲れたあげく人にうとましがれる A型
■気が向いたら異常に優しいけれども めったに気が向かずすぐ根に持ち
わがままでも うらまれない B型
■回りの情況はひどくクールに判断するくせに 自分の事は何も見えない AB型
■信じやすくだまされ続けてもうだまされるもんかと 誓った翌日まただまされる O型
え?私?緻密なA型。。(^0^*オッホホ・・ってみられたことは・・極めて少ない。とりあえず統計学的さだまさし流血液学論でした。
■■■

 閑話休題。「HGフォー!」のお話。初っ端,私がランク「H」だった血液関係からお伝えしよう。うむ「H」といっても,いきなり卑猥なランクってことではないからな。人間ドックの「総合健康診断結果報告書」って代物の判定である。(学生時代の単位取得を想起されよ。優/良/可/不可…のそれである。)A〜Hランクがあり,その中で「H」と「G」の箇所があったのだ。
A:異常なし B:わずかに異常日常生活支障なし
C:要経過観察 D:治療継続 E:再検査必要
G:要精密検査 H:治療が必要
…大仰といわれそうだな(笑)別に今までも,何カ所も,何回も所見され,問診され,言われ続けてきたので,別段じたばたするわけでもなかったのだが。ところがだ。にわかに,瀬名さん風貌の素敵な問診医の先生が,私の掌を取り,ぎゅっと握りると,しっかと目を見つめ「と,としさん。今回の値は前代未聞だ。ぼ,ぼくは君のこれからが本当に心配なんだ。」「先生・・,そ,そんな」…な〜んてなるはずもない(笑)(あーっ!だれ?そこで「また例の妄想癖か」っていってるの)
 しっかと手の爪をみて「いいですか。とにかく,貧血がとてつもない値です。爪が反ったり割れたりしていませんか?胃袋も前例があるようですし,そのことも含め,最寄りの医院へ『必ず』行って診察してもらった方がいいですよ。華麗さ加齢とともに腎機能及びその他にも問題がありますし。過信なさらず。」
「あ,は,はい。」(* ̄- ̄)ふ〜ん( ̄− ̄)フーンどうせ佳麗ですよぉ。
■■■

最近の私の画像を一挙大公開。今までみたいな誤魔化しではない。しかとご覧あれ。
■(。--)ノこんにちはとしです。
■♪(o^0^)o ~♪レコーディングよ。
■(-_-。)ノ一本いっとく?


■…(・・。)ん?
posted by とし at 22:10| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■生life | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

■プラネッツ

『太陽系惑星、定義改定で3個増え12個に』天文学連合が提案:
国際天文学連合(本部パリ)が,太陽系の惑星を9個から12個に増やす新しい定義案を発表したってエントリしたばっかりでしょう。
でもね,二転三転。まだ,かわるかも知れない。。。
▼「惑星は8個」で決着へ 冥王星は除外の見通し[ 08月23日 21時08分 ]共同通信
▼太陽系惑星:冥王星除外9→8に:天文学連合定義案修正[ 08月23日 15時06分 ]毎日新聞
 3個増えるはずだった太陽系の惑星は,1個減ることになりそう。
【プラハ会川晴之】チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は22日、惑星の定義案を大幅に修正、冥王星を惑星から外す最終案をまとめた。この結果、太陽系の惑星数は、現在の九つから八つに減ることになった。同日昼の公開討論会で、原案を微修正して3分割した案を提示したが、反対論が相次いだため抜本的な修正に踏み切った。23日も細かい表現などの最終調整を続け、24日午後の全体会議で採択を目指す。
 最終案は、太陽系惑星の定義を「太陽の周りを回り、自らの重力で球状となる天体」とする当初案を継承したうえで「軌道上で圧倒的に大きい天体」という新たな項目を付け加えた。


 科学至上の真実なんて刹那的,儚いものだね,人のココロのようかな。信じているものをコロコロと(悲笑)・・しかしこうして刷新されていくことで,真実の追究は深化され,一筋の流れが,時の潮流になっていくものなのだろう。小田さんの『そうかな・・』『相対性の彼方』の意味もそっと感じた。その彼方には何が横たわっているのだろう。
 あ,でも,どんなことがあっても,I love ODAsan...です。私,そんなに器用じゃないから。暫くはスイ/キン/チ/カ/モク/ドッ/テン/カイ/メイ////って言い続ける理科教員かも知れません。。。本当はだめよね。フレキシブルじゃなくちゃね(笑)

おっと,横道に逸れたな。
公開討論では、
「軌道面からの考察が足りない」などの科学的な反論に加え、
「政治的すぎる」
「提案が唐突で手続きが民主的ではない」
といった意見も相次ぎ、提示した3案とも否決が確実となった。3年後の次回総会への先送りも検討したが、「今回の会議で決定しなければIAUの権威が失墜する」
 確かに,“何らかの力”が時空天空に歪みを与えているのかも知れない。
だけどね,どんな名前や位置づけをされたって,それでもチキュウは廻っている(笑)・・いや,そこに,それぞれの星たちは,かわらずに瞬いているのが,ほら,見えるでしょう。わたしは,こうして,ここにいるし,あなたもそうして,そこにいるでしょう。パソコンのモニタに向こうに…。ね。どんな仮想が否定しようとも,存在の否定はできないよね。

あ・・でもね,脳の科学や,認識論。。ってなると一瞬にして消えてしまうかも知れないけど(笑)

■追記■2006/8/24
時評親爺さんの『冥王星と新惑星の進退問題(24個の太っ腹?)』にTB
posted by とし at 22:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ■なんとなくscience | 更新情報をチェックする

■ああ・・

 先ほどまで,違うエントリをウダウダと書いていたのだが,自分で嫌になっちゃったので,途中で放り投げてしまった。世の中には,いろんな人たちがいる…って書き始めたのだが,結局は自戒する羽目になった(笑)天に向かって自分で吐き捨てた唾は,自分に落っこちてくるって様相だ。・・・なんて,唯一信じていたものが崩壊していく厭世観にどっぷり浸っていたのだが・・ブラッドAタイプなのでね(笑)気が向いたら,エントリ復活させますフォ〜!
 
 (・・。)?のわりには,テンション高めでしょ・・(笑)
実はね〜究極,うれしいお知らせ!急なお誘いメール。お近くのネットのお仲間が,急にあいに向かってるって。。。なので珍しくケイタイ必携(笑)o((*^^*))o ワクワク・・。本当は,人間ドックの結果のための検診に行くはずだったんだけど,キャンセルしちゃう!人間ドック絡みのエントリだったんだほんとはね。

あ,今連絡有り!!いってきます。
posted by とし at 13:41| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

■透

最近のMy boom…『寒天』ヽ(*^^*)

 同居人がうれしそうに『心太』をおみやげに,ってエントリをしたでしょう。「まったく〜」と,その時は思ったのですが…。き気に入ってしまって・・その後,近くのスーパーで棒寒天を求め,それ以来冷蔵庫には寒天のバット(ヨウカンとか流し入れる容器)を欠かしません(笑)
 上記のリンクを辿ると,いっぱいのレシピがあるけど,単純に何の味付けもしないで,1.5gの水に煮溶かして固めるだけ。朝のみそ汁のお湯を多めに湧かして,粗熱を取って冷蔵庫に入れておくだけです。えへへ,今朝も作って,只今テーブルで粗熱を取り終わり冷蔵庫に入れてきたところヽ(*^^*)。時折,子供のために牛乳寒にするけど,基本は大人達のため!!。フルーツなんかも入れない。そのまんまの透明な固まりづくりだけです。寒天培地づくりと,要は同じですが,ブドウ糖も混入させませんから,痛みにくいです。培地の場合は,いろんな細菌さんの温床にするけど,人間さんがいただくんですもの。ずっと前,理科研究でカビの研究を進めてる時,「せんせい,なんかね,私の培地だけ何にも出ないの。髪の毛と,足形をとったんですけど・・。他の子は綺麗に反応してるのに。」って言う子がいてね,「おやおや。ま,とっても衛生的な体かもね〜」なんて笑っちゃったが,実は寒天にブドウ糖等入れなかったって(笑)

サイコロに切って黒蜜でいただくのが最高。暑い時,いくらでも食べられちゃいます。ダイエット効果って言うしね(笑)

それと〜,スライスオニオン。ここの所ずっと食卓に。スライサーでさっさか薄切りにしたタマネギを,厚揚げの燻したものか,油揚げの細切りを適当に炒めたものに山盛り乗っけて,鰹節・シラス干し。生醤油か和風ドレッシング。。。。もう,これだけあれば,ごはんOKです私。そうめんの具にもなるし。もちろん,おじいちゃんや主人の晩酌のお通しになるし(笑)半透明のタマネギが,妙に愛おしい今日この頃っておはなしでした(笑)

それと〜,はえギュウリ。農家から,おっきなゴーヤと一緒に,おっきなキュウリをいっぱいいただきました。皮をむいて,おみそをつけてぱくっと・・。ゴーヤは連日チャンプルーにしてます。暑くてね,苦みを体が求めてるからかな。少しずつ具を代えてるし,どうにかたくさんのゴーヤ,完食!!・・こっちはね,塩をまぶし,透明になるくらいに水にさらすの。子供でも食べられるようになりました。・・て,もう大きい子たちのはずだけどね。はは…(笑)

 一瞬でできる料理ばかりに流れてるかも知れないな。基本は合理的・効率!(なんてことはない,テヌキってことです)。昨日,日直さんで少し野球フィーバー。暑気あたり気味なので,今日は静かに自宅でお仕事って決めました。次男は前期・中期・合宿・の3つの講習を経て,昨日より後期講習へ。主人も部活。なので,お弁当もスタミナものにしました。ゼリーも入れちゃった。保冷剤のドリンクの隣にね。長男は・・まだ寝てる(笑)・・・10時のおやつ,お義父さん,お義母さんと寒天三昧〜っと。よし,それを励みにがんばろ〜っと。

あ,そうそう,極めつけの透明。今度,ブロッコリーと貝割れのスプラウトを透明容器の中ではじめるんですよ。部屋のグリーンと一緒にね。
posted by とし at 08:40| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | ■れしぴ | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

■もういいよ

◇早実、悲願の夏制覇
◇スコア ◇スコア2
21日、甲子園球場で行われた第88回全国高校野球選手権大会の決勝戦再試合で、早稲田実(西東京)が3連覇を狙った駒大苫小牧(南北海道)に4−3で競り勝ち、深紅の優勝旗を手にした。


ほんとういうとね,早実を応援していたんだけれど,駒苫の三谷君がソロ本塁打,そして,9回中沢君に60号・2点本塁打を浴びて1点差に迫られたとき「いっそのこと,逆転するならここでされてしまって・・」と,心から思った。延長戦になどなって欲しくなかったから。 もうね,TV画面を見てられなかった。(もちろん,夏季休業中とあっても,お仕事中につき,PC開きながら横目でちらちらでしたが。)

将来のある二人の投手の双肩に,ずっしりと食い込む勝利への期待。2つのチームのメンバーたちの気持ちの限界。投げ続けて,体を壊さないで。がんばらないで。。単純にそれだけだった。「もういいよ。結果はどうあっても,終わりになって欲しい。」そんな気持ち。終わってよかった。勝利がどうこうではなく,ほっとした瞬間。。

投手対決。気丈にもクールだった斎藤君の涙と,気合いをホットに体現し続けた田中君の万感を押さえた横顔が,印象的。お疲れ様,ゆっくり休めてね。
posted by とし at 17:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

■観戦

陸上競技場本日の,「早稲田実業」と「駒大苫小牧」の決勝戦。8回の1対1から点が動かず,甲子園史上2度目の引き分け。好投を続ける両投手や,その他のメンバーの直向きさに心からの声援をおくった・・・。
 とそう書き始めたいところだが,実は本日,水泳交歓会に次ぐ,体育会系『第2弾』。陸上競技の引率で,市の陸上競技場に詰めていた。栃木市民スポーツ大会。陸上大会他,野球・フットベースボールほか,
「市民ひとり 1スポーツ」の実現に向けて、市民の健康の増進と体力の増強を図り、明朗にして連帯感あふれる栃木市をつくることを目的として、栃木市体育協会各支部及び各専門部の皆様の協力を頂き開催しており、第21回を迎えます。この大会は、オープン競技を除く12種目の競技を支部対抗の方法により開催
・・・という,か,価値ある大会である。体育主任は大会役員であるため,ベンチを守る係(笑)エントリ選手のアップや体調管理,競技時刻20分前の招集,昼食の管理など,7:45集合から15:00大会終了まで,ずっと芝生の上。観戦テント張りから片づけも学年相方のキュートな彼女とともに引き受けるなど,流石にちょっとお疲れ(笑)ただ,市の吹奏楽団の,ファンファーレから,入場行進での懐かしいマーチの数々を聴くことができた。うれしかったな…。しかも,指揮者が坂橋矢波君・・(出身中学ブラスバンド部の素敵な後輩である・・当然,私とは笛吹のレベルが違う。『君』などと軽々しく呼んじゃいけないな。)なので,その演奏を聴けただけでも,本日会場に来た価値があるというものである。

・・そして,勤務校のクライアント達,軒並みtopクラスとは言えないが,それ相応の活躍をしていた。幅跳びに関しては第22回全国小学生陸上競技交流大会に出場する子もいる。以前の勤務校でも,その引率のおり,小学校教員のネットのお仲間と偶然オフ会に相成ったという大会でもある(笑)なつかしいな。
http://www.rikuren.or.jp/

さいとうくんと,そんなこんなのスポーツ観戦の1日が終わった。
帰宅し,長男の報告。早実が引き分けと・・。関東の住人として,さわやかな投手や打撃など,何となくチームの雰囲気が,原君時代の東海大相模をちょっぴり彷彿とさせ,応援してたんだけどな。特に投手の斎藤君,ポケットからハンカチを出して汗を拭き,ひょうひょうと投げ込むところが可愛い,息子達のようだ(笑)しかも,球速は回を重ねるごとに速くなっていくようだし。勿論明日は,ばりばり応援・・といきたいのだけど,それができないのよ。日直さんだからね〜。でも,チェックしちゃおっと。

■話題の・・(笑)
posted by とし at 19:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■client | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

■Take[IT]Easy

 以前にもご紹介したが,私がチェックしているコラムに「Take IT Easy」がある。編集部の方達の,気張らず・気取らず,情報エッセンスを発信して下さるそのシンプルさが素敵だし,閲覧頁に余計なモーションがなく,1998年よりかわらず,HTML言語・テキスト中心の作りになっているところが,かえって魅力的である。おかしな話だが,手作りのぬくさを感じるのだ。勿論,内容は最先端のIT絡みであるにもかかわらず。親サイトは「三菱総研」。多分に,webデザイナーの方の手がはいったスマートなサイト。HP>コラム>「Take IT Easy」・・
同じ「コラム」の中でもデザインがトータルされていたり,MRI-securityのようにRSS仕様になっていたりする中,手作り情報技術トレンドコラムは,私を余計に惹きつける。ある意味,これまた懐古的と言えるだろう(笑)
◇◇◇◇
太陽系惑星、定義改定で3個増え12個に・天文学連合が提案国際天文学連合(本部パリ)が,太陽系の惑星を9個から12個に増やす新しい定義案を発表したが,その是非は,チェコのプラハで開催中の同連合総会で検討し,24日の会員投票で決まるという。承認されたら,76年ぶりに新たな惑星が加わり,水/金/地/火/木・・の惑星暗唱語呂合わせもかわっちゃう(笑)
(1)太陽(恒星)を周回する
(2)自己重力を持ち球体に近い形を保っている
が惑星の条件。冥王星の衛星と考えられていた「カロン」,火星と木星の間にある「セレス」,太陽から最も離れた軌道を回る天体「2003UB313」が新たに惑星となる。
というソースをあたっていたのだが,その脇のITニュースランクのソニー製電池発火問題、パソコン各社に波紋の話題にそそられた。電池の製造元:ソニー子会社のソニーエナジー・デバイスも大変だろうな・・。ソニー製リチウムイオン電池の安全性は?・・ノートパソコンのみならず,携帯電話やデジタルカメラにも広く搭載されてるしな・・。などと,ひいては遠くSSTAをおもんばかる私である。っていっても,実は私はNEC贔屓の和製PC-98スタート世代。Win系の98じゃないよ。。(いや,ほ,ほんとはキーパンチャー世代でした,ごめんなさい。)
一時SonyのVAIOになったが,どうも相性が宜しくなく,再びLaVieLL850のノートに里帰り(笑)NECでは4機目である。


◇NECな私(笑)◇
posted by とし at 22:20| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | ■kiso-paso-IT | 更新情報をチェックする

■かわらずに好き

■「I love you♪」のBGMになった。この時期,発作的に小田さんのこの曲をずっと聴きたくなる。それも毎年,NXTEのテーマとともに。ほぼ『同時期突発性季節柄症候群』と呼んでよいだろう(笑)8ビートの単調さが,アイロニーに哀愁を誘う。我が儘だが,小田さんの創る歌詞や曲想への想いとは別に,無性に恋しくなる曲だ。お盆様過ぎに,残暑見舞いを頂く時期になるころから秋へ,郷愁とかそういった感覚を引き連れてくるからだろうか。
好きです。小田さん。。I love you...
(*ぴぃさん,またMIDIをtopBGMにさせて頂きました。)

とうぎさん♪■ふと,洗濯物を干しながらTV放送に耳と目が行く。中尊寺金色堂を散策する番組。ん...と気がつくと,東儀さんである。やはり昭和30年代生まれの,同世代アーティスト。多種の音楽歴を持った楽師である。ノーブルな外見のかっこよさもミーハーに好き。しかし,奈良時代から今日まで,1300年間雅楽を世襲してきた樂家に生まれながら,雅楽に固執せず,その音ジャンルの幅広さをバックボーンとしているところが,たまらない魅力である。
こらぼこんなCDがすきだったり,こんな楽器こんな楽器を愛したり。こんなスタジオ風景もI love!の所以である。さらに,中国伝統音楽家達とTOGI+BAOのメンバーとのコラボレーションなど,その創作活動は今なお,静かにあつくアクティヴである。因みにCD,東儀さんに入れ込んで,ほとんど同じものを求め,聴いた時期もある私である。(やはりミーハー(笑))
同僚で私以上に輪をかけた追っかけファンがいて,多分,今回のコンサートツアー,各所に出没しているはずである。・・うらやましい・・いいなぁぁぁ。


■意味もなく・・・
posted by とし at 11:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

■ろまんてぃっく

ろまんてぃっくおでかけ,おでかけ〜。子どもたちが小さな頃は,よく連れて行った「ろまんちっく村」。栃木から東北道で30分程度で到着。様々な施設と,自然と,地ビール(主人談(笑))。屋外屋内を問わず,家族連れのお時間拝借には,もってこいかもしれない。お盆様の時期でもあり,東北道の混雑を避け,くまナビさんが蛇の道は蛇・くま道はくまとばかり,ひょいひょい。・・・って,田舎道,下を通った方が空いていたけどね。

くまさんたち(笑)

本当に久しぶり。子どもたちも照れくさそうに歩いてたっけ。屋内プールと内湯に浸かって,久々にノンビリ。

こもれび

雨上がり,木々の合間から木漏れ日・・

ちゃーなび

私も,暫くぶりの助手席。あ,だけどね,帰りは地ビールでほろ酔い加減のくまさんの代わりにドライバーよヽ(*^^*)ノ

ちゃんと帰途・・大丈夫だったかって?・・ご心配は無用です・・・(笑)
posted by とし at 08:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■とちぎ | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

■にわか・・

 さて,やっぱりこの季節の話題として,高校野球の話題ははずせません。原君の東海大相模の試合を,甲子園までおっかけ観戦に行ってしまったというミーハーでもありますし。今年の大会,「優勝候補」とされてきた高校が軒並みその名前を消していきますね。

私も運動音痴ながら,サッカーにしても野球にしても,シーズンものや,WCなど,タイムリーな「にわかコメンテイター」になります。ただ,家の中では偉そうに評論しますが,表だってログを起こすまではしません。いえ,できない・・。自分も虚しくなるし(笑)サッカー,ボクシングなどでもそうでしたが,他の方が評論にて論われているものや,あおり立ててしまうような批判ログを,blogにエントリする勇気も自信も無いだけ,過日のエントリに反してしまうけれど,ウエッブ上で真っ向からの議論を避けている弱虫なのかも知れない・・。教育に関してなら,少しだけ語るけど,門外のものがアスリート達を貶したり,その方向性を断言したり,「こうあるべきだろう」と断定することに羞恥心。避けてるのです。

 それに同居人・・各ジャンルのスポーツにおいてカルトと化し,何十年来アナログにデーターを収集し,刻銘にブレインにインプットしています。そんな彼と渡り合えるはずもなく,いつもぺしゃんこにつぶされてる私。『何年の何回の夏の甲子園,どこどこ高校の投手は・・』脳みそ辞書からデータを引き出してくる。ボクシング・K-1・角界等格闘技系,ラケット系など意地っ張り粋を極めているものですから。。しかし,そこはそれ,IT情報収集技術を駆使し,応戦していくのですが,最後は,男性3人に「ま,スポーツをやったことのない,女性の見方なんて言うのは,たかだか机上の空論さ」などとジェンダー発言を喰らい泡沫に消えていくのであります(笑)

さて,今日はこれから故郷の代表の高校が出場します。勿論,地元なので応援します。でもね,さらに,主人と我が子たちの中学校出身の生徒が選手に名を連ねていて(次男のいっこ上の先輩)出場するらしいのです。余計に親近感です。1回目も目をぐるぐるしちゃうほどの逆転劇でしたし・・。
がんばれ・・。そう心から願っています。いろいろ出場までに問題があったみたいだけど・・・。
今から家族でお出かけです。(*'ー'*)ふふっ♪
その道すがらラジオやナビモニタで熱く応援しよ〜っと。
じゃ,いってきまーーす!!
http://www.jhbf.or.jp/
http://www2.asahi.com/koshien/


**8/14追記&編集**
■お出かけ前,サッカーや音楽等に関する過激な酷評blogを閲覧してたら,自分のエントリも,かなり厳しい語り口調になってました。自分のエントリこそ省みて然るべきでした。なので編み直し。

■うつのみやの球児君達お疲れ様。いろんな意味で学びでしたね。お出かけの途中,ある高校のグラウンドでは,球児仲間がぐんまの高校相手に練習試合をしていました。春に向け,次世代のメンバーが動き始めているよ。。。

■近くの見所の一つに「ヒマワリ迷路」等,ヒマワリ畑があります。只今,理科仲間達のサイトを構築中なのですが,どうも,私色彩に落ちてしまう(笑)こんな,明るい色でとーたるこーでねーとしたいんですけど・・疑似「なちゅらるず」地味になってます(笑)・・笑って許して。(*- -)(*_ _)ペコリ・・・。
posted by とし at 13:24| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ■とちぎ | 更新情報をチェックする

■星に願いを

ああ,そういえば,最近夜空に心を開くことが
少なかったかも知れないね・・・
何にも考えずに,地べたにひっくり返って
ささやかなちいちゃな星の光の流れと
時の流れに身を任せて・・

かねごんさんのblog「air flow」から情報をいただきました。。
毎年出現する流星群の中で、もっとも活発なのが「ペルセウス座流星群」。7月下旬から8月20日にかけて見ることができ、ピークは8月13日の午前2時です。


自宅のほど近くに,中学校があるので
その校庭の真ん中で見ようかな
真夜中なら,他の光源に邪魔されずに見られるから

皆さんもいかがでしょう(*^^*)

posted by とし at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ■なんとなくscience | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

■SOS

午前中,教職員体育祭という,ティーチャーズの支部対抗体育祭。私は‘ソフト’バレーボール。応援に徹するはずが,人員不足で,申し訳ない穴埋めメンバー。いや事実上の「穴」。得点をザクザク相手に供与してしまう,相手にとってお宝的穴場。□今日の一言:一言,本当にごめんなさい。SOSにもなんにもなれなかった。

午後,プール当番。台風一過的ピーカン晴れ。最後のプール活動で,低高学年とも満員御礼。また真っ黒に近い日焼け。年輪を重ねるごとくである(笑)ひりひり・・そのうち年輪のごときが,一枚一枚脱皮しはじめる。あ,皮がむけちゃうと言うことだ(笑)

実は,理科の指導案検討会が急遽もたれることになり,理科部会の予定がはいった。10月の地区理科部会の,授業提案が本市担当のため,市の理科部会としての提案協力としてね。けど,プール当番は不動。最後の当番のため,代わって頂くことはできない。なので欠席の連絡を入れた。勿論,ただ単に欠席って言うのも申し訳ないので,ある程度の資料を用意し,そのうち授業者の先生にお届けしようかと思っていた。
・・提案の箇所は,3年生の太陽と光の単元。やりにくいこの単元を研究授業にはもってこないのが普通だ。B&C領域が微妙に絡み,気象や過年度取りざたされた「天動説・地動説」にも問題が及ぶ単元でもある。それなのに,あえてやりにくい単元提案にチャレンジするという。だからこそ,お手伝いしたかった。理科教員の心意気みたいなものを,びんびん感じたから。

4時半過ぎ,携帯にSOS
「とし先生,ご用が済んだらでいいです。至急F小学校2階図書室へ。是非是非お願いします。」
「え?どうしたんです?只今,高学年プール指導がバッチリ済んで,着替え終了したところだけど・・・資料なら後ほどお届けしようって思ったけど。」
「とにかくお知恵拝借したくて。」

慌てて,会場校へ。
会場校の知り合いの先生が道案内。
「ちょっと,色々あったみたいですよ・・理科部会,バトル的」
「え?」
「授業提案の箇所を巡って・・」
「ああ,そうなの。。。」
図書室のドアを開けると,ほとんどの部員は帰り,古くからの我がSSTAの同志と,授業者,そして校長先生。授業者の方はうるるん,目が腫れている。
「と,としせんせい---待ってたんです。
 単元の中で,発表の部分ではなく,あえて子どもたちの実験場面,
 その試行錯誤する,がちゃがちゃしてる所を,提供したかったんです。」
・・なるほどね。そうか。。難しい単元の中でも,更に難しい次を提案しようとして・・何となく,理科部会の雰囲気が想起できた。

現在の3年生の理科の特質・・私見
□生活科から,社会科・理科の教科へ移行することのネック
 基になる低学年理科的意図的体験がない・・科学性の希薄さ
□社会科で8方位学習
 地図は北が上・・理科の太陽の軌跡は南が上(南天を向くため)
□B領域とC領域の接点
 指導者が,その明確な目的性をもっていないと子どもが混乱

いろいろ指摘されたのだろう。個性的な持論を持っている方達,ご自分の経験から,授業も子どもたちの学びも失敗させたくないと考える方達。
しっかり,自分の意見を主張された授業者。その論に,余計な気遣いや遠慮をせず,しっかり意見されたメンバー。
提案者の,難しい提案内容をきちんと評価した上で,「論議」は「バトル」ではない旨よくお話しした。意見さえいただけなくなって「勝手に展開すればいいだろう・・」と放り投げられること,見捨てられてしまうってことだよ。その方が,どんなに辛いことか。。。
「ご意見を下さった先輩や,兄貴分やその他の
 研究チームに感謝しようよ・・ね。」
「は,はい・・。待っていてよかった。先生のこと。」
そうだよね。私はおばさん。だから,年相応の,おばさんなりの立場をきちんと貫かなくちゃね。

少しだけ,自分の若い頃を彷彿。無茶なこと色々やってきて,いっぱいいっぱい先輩諸氏からご意見を賜った。SSTAの提案では,何日も徹夜で考えた案を,指導教官,文科省調査官の数秒のコメントでひっくり返り,没になったことも多々多々あるし(笑)

自分を磨くいいチャンス。それは,子どもたちのためでもあるし。勿論,様々なご意見を,すんなりお受けできるようになるのは難しいけど,がんばって下さい。Sせんせい!!

明日もまた・・
posted by とし at 22:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■なんとなくscience | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

□・・・ ̄  ̄;

吾輩はbitである。
本日,某職員室にて「とし」の話題で持ちきりだったという話。

昨日の学習指導主任会の会場「○○公民館」を「××公民館」と,まるっきり思い違いをしたらしく,9:00開始にまたまた遅れ,勤務先にお電話があったとのこと。指導主事の先生も,半分呆れ,半分笑ってたらしいが・・・

(。-_-。 )ノ
posted by とし at 21:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | □from bit | 更新情報をチェックする

■であい

昨日は学習指導主任研修会で,本日は人権教育研究懇談会。

確かに,その質の善し悪しは別にして,殊の外「理科学習」を研究してきたひとりとして,科学教育に対する想いに『熱』をもっているとの自負がある。また,教育者・教員としての「学習指導」や,人の育みにかかわる者としての「人権教育」への想いは,また違った部分での『熱』が灯っているとでもいってもいいものか・・,そんな感を持った二日間だった。

本日の研修会場は,地区の集会所。私が初任のおり赴任した学区である。しかも,夜の懇談会等何度か足を運び,地域の方達と話し合いを持った場所でもある。20数年ぶりに訪れた会場は,その年月を感じさせないそのままの佇まいであった。

「人権教育」と教育ジャンル名を変えたが,「同和教育」という,本県で特に力を注ぎ,元をたどれば,私が生まれ落ちた頃より「今日的」と言われ続けた課題の一つである。人権教育の概要

 新採用当時の私は,「人権教育」に関して,知識も意識も感受性も,まるで希薄だった。赴任当初,勤務校が「同和教育研究指定校」であり,城趾のある,実際問題の根の深い地域であることすら,意識もできなかった。それを,たった1年にも満たない間に,子どもたちや保護者や地域環境と関わりを深めていく中で,研修をし・家庭訪問をし・集会所での懇談会に触れ,まざまざと差別の現状・実情に対峙・・いや真っ向から直面することになった。ノンノンとした学生時代からしたら,1年・1ヶ月・1日の密度や,時間の加速度の違いは目眩くものがあった。
 今更だが,私は「こんな教育をしなさい」とか,上っ面に「基礎基本がどうだ」とか「生きる力」の表面的な教育的ログに出会っても,真に心へ響く訴えを感じることが少なく,押しつけ的で,辟易とした感さえ抱いてしまうことが多い。きっとそれらのログが,平和主義の安穏を前提としていていることと,まなかいに,人が生きるぎりぎりのところで,真の権利を追及し続ける「生き方」いや「生き様」に出会い,目を背けることなく直視することができたことに起因するのかも知れない。しかも,新採という教育活動の出発点。かなり,当時の私のレセプターは,鋭敏に感受し察知できたのかも知れない。若かった…それだけかも知れないが。この人権教育との出会いは,今でも私の教育観の根幹の一つと言っていい。

 今日の部会の中で,担任ではなかったが,新採当時関わった子どもの保護者の方が長となり,学校の人権教育に関して,鋭い示唆を投げて下さった。その息子さんは30代となり家庭を築かれたという。鋭いご指摘の中にも,当時の学校教育における我が子の姿を通して,そのころの同和教育を妥当に評価して下さる言動を汲み取ることができた。何故か涙がにじむ。「私,そのころその教育を推進していた教員の端くれです!」そう思わず発言し,当時の純朴な子どもたちの姿と,差別の不当性と,そして,心に響く教育がどんなの大切なことか身をもって感じたことなど,そのまんまの言葉で,いつになく訴えてしまった。言葉も整わないままに。目を見開いた氏は,寛い微笑みを浮かべ「そうした先生方のご努力に感謝してますよ。」とゆっくりと頷いてくださった。

 何が人の階層やバージョンや・・を規定できるんだろう。そんな,謂われのないつくられた「差別意識」。仮想なモノに支配され続けている人間は,なんて非情でしかも哀れで哀しい生き物なんだろう。バーチャルリアリティと,次元は違えど,寸分の価値の違いもない。感情が先行してしまったかも知れない。当然,人権に関する『知性』も,偏見や差別の不当性を見抜くべき『判断力』も,歪んだ歴史の『科学的解明』も重要なことだ。だけどね,いちばん大切な事って,人として相手を共感的に感受できることだと思う。問題を見抜いたら,毅然とそこに立ち向かう直向きな実践力なんだと思う。
人として真心がたいせつなんだ…やっぱり。そう思った。

いつもながらに,まとまりのないログになっちゃった。けど,いつになく,心ごと初心に引き戻された今日だった…。
posted by とし at 19:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■生life | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。