2006年06月30日

■がんばって・・

( p_q)エ-ン
巨人10連敗ですって。
原君がんばって・・。

あ,そこで笑ってるのだぁれ?
え?31年ぶりですって?10連敗したの?
もぅ・・「赤ヘル軍団が優勝しちゃった年だなぁ・・確か<(`^´)>」
って,隣のご機嫌&晩酌中同居人曰く。ふーーーんだ。
順位からいったら,巨人より下位じゃないのぉ。

原君
よわくったって,どんな非難を受けたって
私はあなたの味方です。巨人のファンです!

posted by とし at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■favorite | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

■灯

勤務校の卒業生中1と小2の,姉妹のお父さんの告別式。
それほど面識があったわけでもないが
実は彼とは小学校中学校の同級生でもあった。

昨年急に身体の不調を訴え,リンパ腺腫と告知。
闘病生活を繰り返し,家族とともにずっと病気と闘っていた。
若い奥様と,中1・小2のまだ幼いお嬢さんを残し
旅立たねばならぬ無念さはいかばかりだろう・・・。

式の中で,彼の二人の娘に宛てた手紙が静かに朗読された。
もしかすると,家族の中で一番先に旅立たねばならないのは,
パパかも知れないよ。もう,お前たちと遠足にもいけない。
・・・そう,想いの限りを綴っている。
病床で抗癌剤の痛みに耐えながら綴っている。
家族で力を合わせ,相談しながら生きていきなさい。
パパに残された時間は,ほんのわずかかも知れない。
しっかり強く生きていきなさい。

私は拳を握りしめた。式場すべてが静かに慟哭・・
**oto**
posted by とし at 16:52| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■生life | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

■Oh my baby

今日は,第一回目の校内授業研究(道徳)が5校時目にあり,指導主事さんを交え,授業者提案に対する討議を行った。授業者は,昨年同学年を組んだ新採さん。2年目の彼の授業はほんとに成長している。

一応係なので,検討会の持ち方にも工夫を。ここで,ちょっと予告したように,従来通り即全体会・・をやめて,各ブロックごとに2つの「授業の視点」を目安に話し合いをメインにした。部会で各メンバーからの意見の出し合い,授業の検討,そして全体会→指導講評の形をとった。主発問の深め方や,価値の内省,一般化など,各ブロックの話し合いも深まり,盛り上がった。。。子どもだけじゃなく,大人だって,大人数の中の話し合いより,小集団の話し合いの方が心おきなく意見が出せるってものだ。うーむ,さすがオルフェウスである(笑)この次の「総合的な学習の時間」(実は私たちキュート?な5年軍団の提案)も,この形式にして,話し合いのスキルもちょっと考案してみたいな・・と思っている。

命の話と,これだけでも一大イベントなのだが,今日はとびきりかわいい,しかも命の根元の学習をもつことができた。メダカと人の生命について理科で学習しているが(本当は選択単元),どうしても,「メダカ」と「ヒト」の発生を同列にして「選択」させることができないヘボな理科教員な私。これまたキュートな養護教諭の先生にもご協力頂き,赤ちゃんを学校によんじゃったのである。メダカもヒトも同じく大切!ですもの。選べません!!<きっぱり

お人形で練習よ・・14人もの,生後数ヶ月の赤ちゃんを,子どもたちの命の学習のために・・・と,つれてきて下さった若いお母様たち。保健婦さんの受精卵の卵割や,その後の胎内の成長の様子など科学的な話の後,お母さんたちから,生まれたときの感動や,育てることの大切さをそれぞれ間近に赤ちゃんを抱きながらお話しして頂いた。。心から感謝である。
だっこさせて・・生後間もない赤ちゃんと同じ重さ(3000g)のお人形でだっこの練習をした後,実際に抱かせて頂いたりね。。赤ちゃんのやわらかな,生きている体温を,その手でじーーんと受け取れた。

いろんな,家庭状況の中,両親のいない子もいる。でもね,生まれたときは,あなた達の誕生を,両親共に,そして家族みんな,幸せいっぱいに祝福したはずだ。だれもがね,「君,この世に生まれてきてくれてありがとう!」って心から新しい命を祝福されたはずだ。命って,そうやって受け継がれていくんだよ。。。

でね,・・その実,いっちばん目尻を下げて,にまにまあやしていたのは・・しかも,だっこさせてほしくてたまらなかったのは・・・あ,あのぉ,そのぉ・・・私担任…でした。

また第三子を産もうなんて,とってもそんな勇気もありませんが(笑),妙に腕や胸が,ちいちゃいベイビィを恋しがる私です。女の性さがなんでしょうね。
posted by とし at 20:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■client | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

■角番

もうワールドカップ一色の周囲の熱気。
眠れない夜と〜雨の日には・・・     であるらしい。
逃しかけてた〜チャンス思い出す〜〜♪  って(笑)
我がクラスのやんちゃ君も「睡眠不足だぜ〜」…である。
同じ次元で,我が家の同居人も夜中に雄叫びをあげているし(笑)
ううぉぉぉぉ〜〜。 柳沢が…(-。-;)ブツブツ
中村じゃなくて小笠原だよ・…(-。-;)ブツブツ
四十数分,サントスのクロスに,何で大黒が飛び込まなかったんだぁぁ…(-。-;)ブツブツ
はぁ…そんなこんなのワールドカップである。
正座して小田さんの歌を聴く私と同じ様なものか・・ふふふ。

ん?なんか,bitが余計なエントリをしてるけど。私だってちょっとくらい見てるのよ。ふーーーんだ。

「よし。4時起床だな。(キッパリ)」<ブラジル戦。
そういうときは,ちゃんと起きられる同居人。かなり意志は強い。
ほーんと摩訶不思議な体内時計の持ち主である。

「クロアチアに辛くも引き分けた日本は,今や角番大関の如しかな,ね。」
っていったら,
「なるほど姫。ジーコはブラジルじゃ神様だから,角番大関戦って見方もあるかもな・・ってまさかね(爆笑)」
 って一笑に付された。
ふーんだ,いいんだもん。
**どうナノ・こうナノ**
posted by とし at 22:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

■Aroma Therapy

aromaなんて,そんな大げさじゃないんですけれど
いつも,朝は香をたきます。ふふっ♪お線香。
弟が土産にくれた,どこぞの国の香。
そうだね,父のところにも行こう・・。




aromaそして,同僚からいただいた,ローズの香りのろうそく。・・工夫して,今度は科学クラブでもOKかな。

そして,保護者の方からいただいた,ラベンダーのポプリ。そっとバッグの中に入れてます。

香りは,心のエッセンス?
私のほっとする瞬間。
嗅覚ってそんなものなのかな・・
そればかりに頼ってるわけじゃないですけど(笑)

でね,結構辛口かも,自分をあぞびで見てみるのもどう?



あばうとなabout me B
えっと,私また髪を伸ばしてます。
なんとも,脈絡もないログでした(笑)

さ,父の日・・父さんに感謝の日。
どんな形にしよう・・こころ。

posted by とし at 13:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■about me | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

□オンチ

ぺこ・ぽここんばんは。またまたbitである。巷・世間ではFIFAワールドカップとエレベーターの話題でニュースの大半の割付が成されている。

・・にも関わらず,としは,相変わらずのスポーツオンチである。あの選手,格好いいわぁ・・と言いながらも
「王様のブランチとか,トップダウンとかってなぁに?」
(ノ_-;)ハア…ボランチとか,ツートップとか・・確か数年前にも同居人さんに聞いてたっけ。ま,定めし『♪タカダの〜背番号も 知らないくせに』の類である。

主人「あのなぁ〜まさか,そんなこと,職場でもおっきな声で言ってるんじゃないだろうな(苦笑)」
とし「いってるよ。だってわかんないんだもの。」
主人「まぁ,姫のことだから,同僚さんたちも大目に見て笑って許してくれてるんだろうな」
とし「ふーーーーーーんだ,いいもん。」
主人「はーい はい。」

因みに,写真のぺこちゃん・ぽこちゃんのお人形はね4年前のもの。
「おんなじでしょ,ユニフォームだって。青いも〜ん」
ち,違うんだなこれが。。。ウゥゥ。。。(ノ^T)
posted by とし at 22:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | □from bit | 更新情報をチェックする

■こっちの水は

本日,sonyの集まりがある。
市内のビオトープ巡りって言うのが本日のメニュー。
今日のびおとーぷ・・ヤゴの抜け殻もあったよ・・ガマの葉っぱにね本校のビオトープもその一環なので,ビオ担当としてただ今待機中なのだが・・なかなか来ない・・。資料もととのったし,後はうまく説明できるかな〜である。と言うわけで,つなぎにblog更新である。
そして,最後の「トリ」となるビオトープは,多くの蛍(ゲンジボタル)が舞う片田舎のすばらしい環境にあるビオトープである。って,あのね,ほんというと・・・ビオトープを造る必要もないくらいの環境。

・・ただ,私はちょっと夜出席できない・・ざ〜んねん。
一年ぶりに,蛍の乱舞 見たかったな。
長男もそんな光景が大好きだったな。
長男も,あっちのホタル観察でもしているんだろうか。
天文愛好会とかっていってたし,同じ瞬きだもの(笑)

今度,次男をつれてってやろう。
ほ・ほ・ホタルこい。。。

あ,今来るって仲間からの連絡有りです。
さっそく開場ってことで,ではでは。

;:*.。・:*:蛍エントリ;:*.。・:*:・゜・゜
東京にそだつホタル/Weblog版
みっつーさんのblog


■それでね・・
posted by とし at 16:06| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | ■environment | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

■棒振り

岩城宏之氏死去,73歳・・・。打楽器科だったのか・・・。

中学の頃,よく聴いたコンダクターたち。ベームやカラヤンに走る友達を尻目に,和製マエストロを聴くことは,ちょっとした当時の「小粋さ」だった。朝比奈隆・山田一雄・外山雄三・山本直純・芥川也寸志・小澤征爾・尾高忠明・・その中で,岩城氏はコーヒーのCMで馴染みの指揮者・・

昨年,ベートーベンの1〜9番を,命を削るように,いや,命を刻むようにタクトをとった。聴きに行きたかった。本当はその時行けばよかった。ベートーベンだからではなく,岩城氏が振るその魂の空間を感じたかったから。何故か,ニュースを聞いて涙があふれた。

病に倒れても,空を切るように奏で続けたのか。武満徹氏の作品を振った彼を視たことがある。中学の頃チャイコフスキーの悲愴を聴いたのは,彼のN響だったかも知れない・・・。晦日の第九を必死でFMで聴いた。私の「青春」と言っていい時間を,支えてくださったマエストロ。。。

ふと,笛を吹きたくなった。。実家の父を失ったとき,ショパンの「雨だれ」が弾きたくなったが,今は,無性に笛が吹きたい。チャイコフスキーの4番が。。。

ご冥福を祈ります。。
posted by とし at 23:08| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ■生life | 更新情報をチェックする

■すこやかに・・

いのち

やっぱり
人間は生きているんだから
何が大切って 生命だよね・・
みのまわりの 大切なひとを大切に思うって
究極 いきていて・・って望むことかな
臨死を体験したり
病気を患ったりしなければ
そんな思い 露わに自覚もしないけれど

最近 からだの各所に軋みを感じ
少しばかりの無理って亀裂が尾を引き
取り返しがつかないことになっていることも暫し
・・どおってことありません 歳をとったってこと
(笑)

ネット,リアルライフのお仲間も
いろんな悩みをお持ち・・
こころだったり からだだったり
それでも 日々生活をおくり
そして 生きてらっしゃる

毎日何気なく過ぎてしまう日々も
生物として呼吸しエネルギー代謝をし
活動し老化し・・・
生命体としての生きる活動をしている
つねればいたい
すりむけば血も出る
相変わらずの偏頭痛も肩こりも神経を刺激してくれる
(笑)

無病息災
元旦に先ず求める御札
交通安全・学業成就・家内安全・・
様々な祈願の御札の中から
母たちに求めていたのは
無病息災


長男 熱が出ちゃった・・の電話
離れたところで 心細いだろう・・・
次男 日曜日びっくりする容態
急患センターに駆け込んだ 木曜日検査のこと
舅や姑の体調も
主人の最近の検査結果も
生きているからには いろんなことがある

無意識に享受している 沢山の便利な「もの」や「こと」に
日々の着々とした 生命体としての営みを忘れかけ
・・いや,意識することすらもなくなって
漫然と我が儘な不満が膨満
「いきていて よかった」
なんて毎日思って生活している方が
よほど不自然かも知れないし

でもね
やっぱりね
生きていてよかったって

昨日のエントリの「神」は
 遍在すべく ヒトにより創造されたが

やっぱりね
 お天道様に 今日も健やかで・・・
って手を合わせ祈ってしまう

みなさん おすこやかに
 みも こころも
posted by とし at 02:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

■Perspective弐

雨の栃木路。紫陽花の名所の石段も,少しだけ冷たい雨脚にしっとり潤っていることだろう。さて,昨日のエントリの続編を。

すぐに感化されてしまう私である。先月瀬名さんの書評より求めた「破壊者か全能の神か・・」のセンセーショナルな帯の新書は,何故か昨今書店に平積みコーナーのあるGoogle関連の書である。
「グーグルGoogle」と題された佐々木俊尚著の副題は …既存のビジネスを破壊する…である
既存のビジネスとそれを支えた価値観が次々と破壊されている。その担い手は、検索エンジンの怪物・グーグル。なぜグーグルはそれほどのパワーを持ち、そしてどのような影響を社会に与えようとしているのか、そんな疑問に迫る。
第1章 世界を震撼させた「破壊戦略」
第2章 小さな駐車場の「サーチエコノミー」
第3章 一本の針を探す「キーワード広告」
第4章 メッキ工場が見つけた「ロングテール」
第5章 最大の価値基準となる「アテンション」
第6章 ネット社会に出現した「巨大な権力」

「Web進化論」と並び評されるものか。「賞賛」の声の高いGoogleを単なる賛美で終わらせず,功績を評価すると同時に「懸念」が描かれてる。その懸念とは、Googleが圧倒的な社会や経済への影響力(ある意味マイクロソフト以上。それどころか大国ひとつにも等しいほどの)を持つほどパブリックな存在になりながらも,その実態は歴史の浅い一営利企業に過ぎないことの危うさに起因していること。…どこか(in japan)にあったな,こんな路線(笑)

スタンフォード大学院生だった二人の若者が設立した,小さなベンチャー企業google。しかしその検索エンジンのテクノロジーたるや,Yahoo!やAOL等にも彼らの検索技術が採用されるほどの評価を得た。Web2.0の筆頭として賞賛の声も高く,株式時価総額ではインテルを抜いてマイクロソフトに次ぐ二位とか・・・。「グーグルニュース」「グーグルマップ」「Gメール」「グーグルネット」「グーグルベース」「グーグルブックサーチ」‥etc。私もいくつかのサービスの恩恵にあずかっている。その新たなインターネットのあり方は,古いリアルな世界の根幹までもひっくり返しかねないと,そこまで筆者は明言している。『何故グ−グルがそれほどのパワーを持ち,そしてどのような影響を社会に与えようとしているのか。』その命題が本書のテーマだと・・

「破壊戦略」の筆頭にメディア業界を震撼させたというgoogleニュースについて語られている。情報リテラシーをどう捉えるかを言及し,メディアのスタンスに価値を置くか,或いはロボットが巡回しかき集め編集したニュースから読者が選択するリテラシーに価値を置くか・・そんな選択。
いやはや「グーグルボット」の収集した記事を格付けするアルゴリズム,「トラストサーチ(信頼検索)」は粋を極めている。。。・・それだけ旧来のメディアにとって,グーグルニュースは驚異なのだろう。「NIKKEI NET」のリンクポリーシー自体の矛盾にも触れ,更に,米ポインターインスティチュートの記事を採り上げ,『グーグルニュースを否定する日本のメディアを「自殺行為」』と指摘し,グーグルを『インターネットを覆うインフラのようなもの』とも書いている。Y新聞の重役が今後,方針を転換するかどうかは,グーグルニュースが日本でどれだけ人気が出るかにかかってくるだろう・・(ネットは新聞を殺すのかblog)

更に,抱き合わせの怪。
これはマイクロソフト社とネスケ社との争奪戦で,OSとブラウザソフトの抱き合わせで成功を収めた例が,グーグルとサンマイクロシステムとの企業提携の衝撃に並び挙げられている。今や『マイクロソフト社』が,ビルゲイツ氏の戦略「ワード・エクセル・アウトルック」セットの「マイクロソフトオフィス」により,タロー君達『ジャストシステム』や,『管理工学研究所』を駆逐しているのと同様である。
じーっとまってる「Gメール」も「グーグルマップ」etcも“うへ,こりゃなんてシステムだろう!!”と使い勝手の良さに感動してしまう単純脳天気ユーザーの私である・・。が,実は,この裏に[Ajax]という技術の登場がある。ネットのブラウザ上でパソコンソフトのように動作させることが可能なイノベーションである。マップにしても,従来なら自宅のPCにソフトをインストールして起動するのが常だったはずだ。しかし[Ajax]を使えば,ウェッブ上からすぐに起動可。「じーめーる」も同様である。ウェッブ上でアウトルックのようにメールの使用が可能・・。ううむ,なるほど・・・『サン』は「オープンオフィス」を開発していながら,完成度もさながら普及が今ひとつだった。ここでグーグルとの提携・・「ぐーぐるおふぃす」でも登場すればいかばかりか・・。“高価”vs“無料”のグーグル戦略・・「破壊戦略」である。

さて,未だこのくだりなぞ,本書のさわりを書いてるに過ぎない。私的「目から鱗」は続く・・。お読み下さい。これ以上ネタバレはだめでしょうからね。

瀬名さんもエントリしていた「グーグルは神か」
2060年,人間やペットを含む,すべての生き物のDNAに超小型チップのITアドレスと,GPSによる現在位置を検索できる様になる。すべての人間の行動や欲望についての完璧なデータベースが完成する。グーグルはストリングボットという新たなパターン認識型ロボットプログラムを開発し人間の脳を超える知能を持つソフトウェアをもつことになる。2072年,ストロングボットが目覚めたとき,彼が最初に気づいたのは自分自身の存在だった。。。
SFとして面白く読める。が,データベース化が進めば,夢物語ではない・・・。“ユービック”に書かれた「神の遍在」ユビキタスは,その主体者がどこにあるかで恐怖の在処も変わるかな・・「ヒト」我々は主体者たるヒトであり続けられるんだろうか。。。瀬名さんはこう語っている。。
人間はパースペクティヴを手なずけることで、社会性と勇気を得るのだと私は思う。キーワードを思いつき、検索し、その結果から何かを得て、行為をする。この一連の流れの中に、人間のちょっとした勇気がある。それが実は人間の本質であったりする
はぁと・・

(o^-^o) ウフッ
posted by とし at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ■kiso-paso-IT | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

■Perspective壱

昨日夜中二日間の出張から帰還。いろんな収穫があったかな。遠くの学校さんとも,交流の兆し。しっかりしろよ・・と背中を押され,やっとその状況をすんなり受けとめることができた。北海道の日本一綺麗な河川をもつ高校さんの発表や,同じ小学校だというのに,彩り鮮やかに素敵なアクティヴィティを展開される学校さんの実践とか。・・ウーン (Θ_Θ;)私は・・っていうと,地道に実践をバームクーヘンにしていくしかないかな。そう,そうだよね。。

電車の旅はいい。
車窓からの眺望も一際デフォルメされるから。ぼんやりと間延びした独りよがりの時間軸に比して,タタンタタン・・という線路の刻む単調なリズムと一緒に,近くの風景は余計なものを電車のスピードでフラッシュされるし,遠くの風景は夕暮れの月影みたいに暫くはノンビリ視界についてくるし。いくつかの速さのパノラマの軸は,我が儘な乗客の為すがままでいいし(笑)

ローカルエリアのBOX席は窓際族がいい。
暫くぶりに「積ん読の書」を紐解く絶好の機会だし,うたた寝の子守歌は線路のつなぎ目リズムに任せるし。早朝,人気の少ないプラットホームの,素っ気ない自動販売機で小さめのハーブボトルを求め,バックに放り込み,後はそのまんまふんぞり返ってればいいし。

都会の喧噪の中,地下鉄なんかに入っちゃうと,ささやかに小さくなってコタツの猫みたいに本に向かうか,そのまんま睡眠ing。そして座れなければ,カバンで何者かから何物かを防御するみたいにラッシュにもまれ,そうこうして,駅の電子チャイム音に迷っているうちに,いつの間にか到着している。ホウコウオンチもなかなか板に付いてきた(笑)

「積ん読の書」が多すぎると,荷物が増える。数冊に絞れない私の優柔不断さに因るのだが。レジュメやテキスト持参なんて研修だと,いつの間にか重量挙げ・お手上げ状態だ(笑)

今回,遼太郎氏の忍びものと,二つの顔をもつ薫氏の新書と,瀬名さんの影響で求めた破壊の書とを旅の友とした(笑)遼太郎氏の文庫は,1日目の10時台の行きの急行の中,あっさり読み通してしまい,久々に司馬遼太郎ワールド・・(ん十年ぶりか(笑))

薫氏(竹内サイド)の書は,これまた懐かしい「ロボトミー」等という話題も含め99.9%仮説に満ちた,「思いこみ」の固まりである私を軽やかに風刺してくれた書であったし(笑)

瀬名さんにインスパイアされ求めちゃった,「全能の神か破壊者か・・」のセンセーショナルな帯の新書については,うーーーーん,次回。本当はこっちが本題にしたかったんだけれど。

だって,主婦時間なんだもん(笑)

::やんちゃからの伝言::
posted by とし at 18:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■sham reviewer | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

□旅がらす

ご無沙汰致した。Bitである。としは,例の件で出張である。少しウキウキMoodではあるが,心残りなところも・・

実は,本日勤務先は創立記念式典で,CONCERTが予定されている。郷土出身のフオークロアGuitaristソンコ・マージユ氏である。

あー残念!と呟いたら,
Videoにとって貰いなよと,やんちゃ君が言ってたらしい。嬉しい一言だな。朝も現職教育の準備で,あたふたしながらの出発。旅がらすよ大丈夫?

お勉強不足を笑われないようにするんだなー(長音記号2)(笑)
posted by とし at 11:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | □from bit | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

■わーい

elderが帰ってきた\(^-^)/

なんでも,毎週土曜にある基礎演習実験が休講なんだって。
「暫くは,帰れないからね。」などといってたんだけれど,
いきなり,「あの・・・・・……(-。-) ボソッ・・
で,遅くなるけどいい・・」と電話がかかってきました。

母は『(*^∇^*)エヘヘ〜 (o^-^o) ウフフ〜』というのが本心なのですが
「(* ̄- ̄)ふ〜ん・・結構軟弱なんだ。」とかいってみたりして(笑)

しかし,ま,最終の新幹線で来たのはいいけど,
主要都市までしか電車もなく,結局県庁所在地まで
夜中に迎えに行くこととあいなりました。
深夜迎えに行ってきました。おバカな親です。毎度。
受講内容や友達のこと,バドのこと,キャンパスライフを
ぽつぽつ語ってました。

で,自分の部屋でごろごろして,で,ノンビリくつろいで・・
で,本日も究極に寝坊と決め込んでいます。

Y おかえり。



ヽ(*^^*)ノ
posted by とし at 07:45| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ■Lha[s]a | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。